X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Oracle WebLogic Server for OKE が Oracle Cloud Marketplace から利用可能に

Ryusaburo Tanaka
Business Development, Cloud Native Services

※本ページは、Oracle WebLogic Server for OKE Now Available on Oracle Cloud Marketplaceの翻訳です

Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructure Container Engine for Kubernetes(WebLogic Server for OKE)が、Oracle Cloud Marketplaceから利用可能になったことをお知らせします。OKEでのOracleWebLogic Serverの構成は、かつてないほど簡単かつ迅速になりました。 OKEでOracle WebLogic Serverの構成を、数分で構築できます。さらに、Oracle WebLogic Serverのライフサイクル管理の操作をサポートするために、OKE、およびCI / CDパイプラインジョブ用のJenkinsコントローラも構成されます。

Oracle WebLogic Server for OKE のトポロジー

以下のものが構成されます。

  • OKEクラスタ(プライベートサブネットにデプロイされ、 2つのノードプールを持つ)
  • Pod間で共有するファイル・ストレージのサービス
  • 管理ホスト( 以下に簡単にアクセスするために、プライベートサブネットにデプロイされる
    • OKEクラスタ
    • Oracle WebLogic Serverドメインのログ
    • JenkinsのHome構成
    • ドメインを管理するためのヘルパー・スクリプト
    • 共有ファイルシステム
  • 踏み台サーバ(パブリック・サブネットにデプロイされ、これを通じてプライベート・サブネットにデプロイされたリソースにアクセス可能)
  • Jenkinsコンソール、およびOracle WebLogic Server管理コンソールにアクセスするための内部ロードバランサ
  • Oracle WebLogic Serverクラスタにアクセスするための外部ロードバランサ

OKEに関するデプロイメント

KubernetesのHelmによって、以下のものがインストールされます。

  • Jenkins CI。WebLogic以外のノードプールでpodとして実行されるように構成されたJenkinsの Home構成は、共有ファイルシステムに保存されます。Jenkinsエージェントは、WebLogicノードプールでpodとして実行されるように構成されており、オンデマンドで作成されます。
  • Nginx。Ingress Controllerは、WebLogic以外のノードプールで実行されるように構成されています。このモジュールの一部として、必要なingressのルールは、内部ロードバランサーからのリクエストを管理コンソールにルーティングするように構成されます。
  • WebLogic Kubernetes Operator。Operatorは、WebLogic以外のノードプールで実行されるように構成されます。

Jenkins CI/CD パイプラインのジョブ

Jenkinsのコンソールに初めてログインすると、最初の管理ユーザーを作成するように促されます。

以下のJenkins パイプライン・ジョブが利用できます。

  • sample-app:sample-appというアプリケーションをデプロイ。
  • jdk-patch:新しいJDKを既存のイメージにすばやくインストール。
  • opatch-update:個々のOracle WebLogic Serverパッチをインストール。
  • update-domain:既存のドメインを更新するためのWebLogic Deploy Toolingファイル。
  • rebase-full-install:カスタムJDK、WebLogicバイナリ、およびパッチを含むイメージを生成。
  • test-and-deploy-domain-job:他の5つのジョブの最後に自動的に実行され、ドメインをテストしてデプロイ。

これらのパイプライン・ジョブは、WebLogic Kubernetes Toolkitを使用して、OKEクラスタでWebLogicドメインを実行するために使用されるドメイン構成とドメイン・イメージを作成します。 現在サポートされているWebLogic Kubernetes ドメイン・モデルは、Domain home in Imageです。 Model in Imageのドメイン・モデルのサポートも積極的に評価しています。

Getting Started

開始するには、Oracle Cloudのアカウントが必要です。 Oracle Cloudアカウントをまだお持ちでない場合は、こちらにアクセスして新しい無料利用枠アカウントを作成してください。 チュートリアルを参照してください。 Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructure Container Engine for Kubernetesの詳細については、製品ドキュメントを確認してください。 次に、Oracle Cloud Marketplaceにアクセスして、Oracle CloudでOracle WebLogic Serverアプリケーションを実行する新しい方法をテストしてください。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.