X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Oracle Cloud Infrastructure Loggingの正式リリース

Ryusaburo Tanaka
Business Development, Cloud Native Services

※ 本ページはAnnouncing the general availability of Oracle Cloud Infrastructure Loggingの翻訳です。

Oracle Cloud Infrastructure Loggingサービスの正式リリースを発表できて嬉しく思います。

Oracle Cloud Infrastructure Loggingは、ユーザーが関与するスタック構成全体からのログの取り込み/管理/分析を簡単にする、Cloud Nativeのフル・マネージドな分散ロギング・プラットフォームです。 このサービスは、すべてのログ (インフラストラクチャ、アプリケーション、監査、データベース)を1つのビューにまとめます。 これにより、リソースやアプリケーションによって生成されたログを、シームレスに取り込んで管理できます。 強力なログ検索エンジンを使用して、ログを調べることができます。 Oracle Cloud Infrastructure Service Connector Hubを合わせて利用することにより、すべてのログをニア・リアルタイムで活用可能にし、ログを処理したり、エクスポートしたり、またはアーカイブして無期限に保持することもできます。

単一のビューですべてのログを参照

正式リリースにより、以下の機能が利用可能です。

  • すべてのログを1つの統合されたビューで参照:インフラストラクチャ、監査、アプリケーション、データベース
  • ワンクリックでOCIリソースのロギングを開始。以下のログがサポートされます:ネットワーク・フロー・ログ、ロード・バランサー、Object Storage、Functions、API Gateway、Events. その他のサービスも近日対応予定。
  • OCI、オンプレミス、および他社クラウド上で稼働するアプリケーションからのログの取り込み。
  • 検索、分析、ログと強力な検索言語の関連づけ
  • Oracle Cloud Infrastructure Monitoring へのログ・ベースのメトリクスの発行(Service Connector Hubを通じて)
  • ログをアーカイブして無期限に保存、また他社サービスへシームレスにエクスポート(Service Connector Hubを通じて)
  • Log GroupとOracleCloud Infrastructure Identity and Access Management(IAM)のパーミッションを持つログへの安全なアクセス


オープンソースが組み込まれた設計

Loggingサービスは、独自のログ・エージェントとデータ形式を利用するのではなく、次のCloud Native Computing Foundation(CNCF)のオープン標準仕様を採用していることを発表します。

  • Fluentd:Loggingはfluentdを使用して、エージェントをデプロイ/構成/管理するためのシームレスな方法を管理対象全体に提供します。 何百ものオープンソース・コミュニティのプラグインを適用して、ログを取り込み、解析し、活用することができます。
  • Cloudevents v1.0:Loggingに取り込まれたすべてのイベントは、cloudevents1.0形式に自動的に正規化されます。 OCIのリソース、およびアプリケーションからのイベントを記述/共有/consume(消費)し、他のCloud Nativeエコシステムとそのツールと、簡単に相互運用するための一般的な方法をお客様に提供します。

シンプルな価格

取り込み料金とストレージ料金の2系統で課金する他社とは異なり、Oracle Cloud Infrastructure Loggingは、これらすべての機能を1つのシンプルで競争力のある価格で提供します。1GBあたり月額0.05ドル(6円)です。 このサービスを無料で試すことができるように、Loggingは月額10GBの無料利用枠も提供しています。

一般的なユースケース

  • Oracle Cloud Infrastructureリソースへのログオンを有効にして、問題のデバッグとトラブル・シューティングを簡単に行う。
  • OCI、オンプレミス、または他社クラウド環境で実行されているアプリケーションからログの取り込み。
  • 監査、インフラストラクチャ、アプリケーション、およびデータベースのログを相互に関連付けることにより、ログを1つのビューで詳細化。
  • コンプライアンスのためのログをアーカイブして、ObjectStorageに無期限に保持。
  • ログをリアルタイムで外部SIEMにストリーミング。
  • Notifiationサービスと連携して通知したり、サーバーレスのfunctionを呼び出して、アプリケーションの問題を復旧。
  • Log GrooupとIAMポリシーを使用して、機密ログへのアクセスをさせない。

今日から使い始めましょう!

「ロギング」のメニューは、OracleCloudInfrastructure コンソールの「ソリューションおよびプラットフォーム」の分類の配下にあります。 Loggingには、コンソール、SDK、CLI、REST API、およびTerraformからアクセスできます。 すべての商用サービス提供リージョンで利用でき、政府リージョン(Goverment Regon)向けにも間もなく登場します。 詳細については、LoggingのドキュメントとFAQを参照してください。

また、ログを移動してアクションを実行できるService ConnectorHubについても学習することをお勧めします。Service ConnectorHubとLogging サービスを自分で試すには、Oracle Cloud Free Tierにサインアップするか、アカウントにサインインしてください。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.