X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Oracle Cloud VMware Solution 提供開始

Gyota Kondo
Senior Manager

*この記事は、"Announcing the Global Availability of Oracle Cloud VMware Solution"の翻訳になります。

 

オンプレミスの仮想化されたワークロードのパブリック・クラウドへの移行は、一般的に困難です。 今日、オラクルはその課題に対処するサービスを新たに追加しました。 Oracle Cloud Infrastructure上でプロビジョニングされた、完全に顧客による管理および制御が可能なVMware環境、Oracle Cloud VMware Solutionの一般提供の開始を発表できることを嬉しく思います。 Oracle Cloud VMware Solutionを使用すると、企業のお客様は既存のIT運用手法を使用して、安全な方法で、そしてグローバル規模でVMware仮想化ワークロードを移行できます。

今日は以下の2点を共有したいと思います。

  • このソリューションをお客様に提供することを選択した理由
  • Oracle Cloud VMware Solutionが、VMwareをパブリッククラウドで実行したい企業にとって真に画期的な方法である方法

 

制御、可用性およびサポートにおけるお客様ニーズへの対応

他のクラウド・ベンダーは、マネージドまたはホスト型ソリューションを使用した手っ取り早いVMwareの実装を選択しましたが、そのアプローチは制限的であることがわかりました。この結果、企業のお客様は仮想化環境をクラウドに移行することを控えています。何百人もの顧客と話し合った後、私たちは顧客にとって最も重要で、以前はVMwareワークロードをクラウドに移動することを妨げていた3つの主要なテーマに集中しました。

  • 制御とセキュリティ:お客様は、セキュアな環境のための完全な制御を必要としています。また、クラウド・プロバイダーを含む無許可の当事者がデータにアクセスしたり、設定を見たり、操作を制御したりできないようにすることも必要としています。
  • グローバルな可用性:世界規模の企業は、グローバルで事業を展開しています。 ITインフラストラクチャ・リソースがグローバルのユーザーに物理的に近いことが必要で、妥協ができません。
  • エンタープライズ・テクニカル・サポート:クラウド・ベンダーは、迅速かつ効率的な解決を促進するために、すべての顧客の問題に対して単一の窓口を提供する必要があります。

Oracle Cloud VMwareソリューションは、次の方法で、これらの要件を満します。

 

制御とセキュリティ

Oracle Cloud VMware Solutionは、顧客の管理者およびルート資格情報への永続的なアクセスを保持しません。お客様がOracle Cloud VMware SolutionをOracle Cloud Infrastructureのテナンシーに展開すると、Oracleは認証情報およびVMware構成情報にアクセスできなくなります。この設計は、「ゼロトラスト」の運用モデルを反映しており、ソリューションがテナントに展開された後、お客様が環境から自分自身を取り除くことが保証されています。

また、私たちのモデルでは、プロセスと実績のある運用モデルに基づいて、パッチ適用とアップグレードのスケジュールを完全に制御できます。お客様は、他人のスケジュールで最新のVMwareバージョンにアップグレードしたり、VMwareの最新バージョンのみの操作に制限されたりすることを望んでいません。適用するパッチ、使用するホット・フィックス、アップグレードするバージョンを柔軟に決定する必要があります。 Oracle Cloud VMware Solutionを使用すると、VMware vSphereバージョン6.5および6.7を実行できます。お客様は、新しいバージョンを利用できるようにして、お客様の条件に合わせてアップグレードできます。

 

グローバルな展開

お客様の関連する運用上の懸念は、ビジネスのグローバルな範囲に対応する能力です。 多くの企業は、ローカライズされたビジネス要件に合わせてIT運用を磨くために数年、場合によっては数十年を費やしてきました。 彼らはローカルのニーズを満たすインフラストラクチャを構築しており、クラウドソリューションに移行するときにこのインフラストラクチャを維持する必要があります。

Oracle Cloud VMware Solutionは、19のすべての商用クラウドリージョンと最近発表された専用リージョンCloud @ Customerでグローバルに利用できます。 Oracle Cloud VMware Solutionを使用すると、お客様は業務をローカルのビジネス環境で維持できます。 また、これはネイティブのOracle Cloud Infrastructureのサービスであるため、Oracle Cloud VMware Solutionは1日目から世界中のすべての現在および将来の地域のお客様に提供されます。先日サンノゼ地域を発表しましたが、もちろんOracle Cloud VMwareSolutionはSJCでも利用可能です!

 

エンタープライズ・サポート

エンタープライズ・コンピューティングの世界では、顧客はサポートのためにアプリケーション・ポートフォリオのISV間を行き来することを好みません。 彼らは単一の窓口での説明責任を求めています。 この要件に基づいて、Oracle Cloud VMwareソリューションの統合されたワンストップ・サポートを提供します。 私たちは、Oracle Cloud Infrastructure内のVMware製品とOracle製品の両方に対するTier 1およびTier 2のサポートです。 VMwareとの関係とvSphereの深い理解を組み合わせることで、このレベルのサポートを提供できます。

また、簡素化された調達に対するお客様の要件を満たすために、統合された請求を提供します。 Oracle Cloud VMware Solutionは、お客様のクラウド請求書に一つの項目として表示されます。

 

真のゲームチェンジャー

私たちは何ヶ月もかけて、お客様と一緒に働き、お客様の声を聞きました。 当社の機能検証および限定提供のプログラムは、Oracle Cloud VMware Solutionへの非常に早期のアクセスをお客様に提供しました。 その結果、私たちの開発に協力してくれたお客様からのフィードバックを山のようにいただきました。

EntelのCTOであるHelder Brancoは、Oracle Cloud VMware Solutionでの経験を次のように要約しています。

「Entelではミッションクリティカルな顧客エンゲージメント、ビジネス・インテリジェンス、リスク管理システムなど60以上の稼働アプリケーションを『Oracle Cloud Infrastructure』に移行しました。当社は多数のVMwareエキスパートを含む強力なテクニカル・チームを有するため、マネージド型のVMwareサービスではなく、環境のあらゆる面の制御を維持できるVMwareソフトウェアへの管理アクセスが必要です。『Oracle Cloud VMware Solution』はデータセンターと同様の体験をクラウドの柔軟性や『Oracle Cloud』のサービスと併せて提供してくれるため、コスト効率の高い方法でVMwareベースのアプリケーションを迅速かつ簡単にクラウドへ移行できます。その結果、パフォーマンスは大幅に改善され、ダウンタイムをゼロに近づけることができ、カスタマー・サポートのチケット数は半減しています。」

 

Oracle Cloud VMware Solutionには実際に何が含まれていますか?

私たちは、VMware Cloud Foundationの仕様を中心に環境を構築し、VMwareと協力して、導入がガイドラインに確実に適合するようにしました。 しかし、同時にOracle Cloud Infrastructureの強みも活用しました。 Oracle Cloud VMware SolutionのSDDCには複数のノード(最低3つのベアメタル・ホスト、最大 64)があり、それぞれが52のOCPU、768 GBのRAM、51.2 TBの高速NVMeストレージで構成され、vSANクラスターとしてデプロイされ、vCenterとNSX-Tと共にプロビジョニングできます。 これらはすべて、お客様に重要なワークロードを展開するための完全に構成された高機能な環境を提供します。

 

Oracle Cloud VMware Solutionと他の製品との違いは何ですか?

ここでは、Oracle Cloud VMware Solutionと、市場にある他のクラウドのVMware製品との比較を示します。

  Oracle AWS Azure GCP
機能 NSX-T, vSphere, vSAN, vCenter, HCX NSX-T, vSphere, vSAN, vCenter, HCX NSX-T, vSphere, vSAN, vCenter, HCX NSX-T, vSphere, vSAN, vCenter, HCX
セキュリティ お客様がルート認証情報を所有し、Oracleはルート認証情報およびメタ・でーたへのアクセスを保持しない。 AWSがルート認証情報を持ち、メタ・データへのアクセスが可能 Azureがルート認証情報を持ち、メタ・データへのアクセスが可能 GCPがルート認証情報を持ち、メタ・データへのアクセスが可能
課金 統合

AWSとVMwareからそれぞれ請求

不明 統合
サポート Oracle VMware および AWS 3rd パーティによるサポート 3rd パーティによるサポート
アップデート, パッチ, アップグレード  お客様がアップグレード有無およびタイミングを制御 AWSが制御せい決定 Azureが制御し決定 GCPが制御し決定
提供リージョン 19のOracle Cloud リージョンおよび Dedicated Region Cloud@Customer 17のAWSのリージョンに制限 プレビューでは3つのAzureリージョン 2つのGCPリージョンに制限
 SDDC 最大ホスト数 64 16 16 64
SDDC vCenterアクセス 完全な管理者アクセス 制限アクセス 制限アクセス 制限アクセス

 

"Just VMware"

真のVMware環境を提供するために、Oracle Cloud Infrastructureのエンジニアは、レイヤー2ネットワークのサポートを仮想クラウドネットワーク(VCN)に組み込みました。専用のスイッチ、ラック、ケージ、またはデータセンターを必要とせずに、オーバーレイネットワークにネイティブのレイヤー2機能を追加することに着手しました。つまり、ネットワーク・スケール、複数のトラフィックパス、レイヤー2オーバーレイ・ネットワークのコンバージェンス時間などの複雑な問題に取り組む必要がありました。その結果、Oracle Cloud Infrastructureのクラウド・スケールとパフォーマンスでVMwareを「そのまま」サポートするオーバーレイ・ネットワークができました。

Oracle Cloud VMware Solutionを「VMwareそのまま」であるとお客様に説明します。多くのOracle Cloud Infrastructure 固有のエンジニアリング機能により、これを述べることができますが、例を示す方がよりわかりやすいでしょう。次の図は、vCenterに見られる2つのVMware環境を比較しています。1つはオンプレミスで、もう1つはOracle Cloud InfrastructureでOracle Cloud VMware Solution クラスタとしてプロビジョニングされています。違いは見つけられるでしょうか。実際にはありません。 Oracle Cloud VMware Solutionのお客様は、運用、VM、およびプロセスを、オンプレミスで展開するのとまったく同じ方法でOracle Cloud VMware Solutionに文字通り展開できます。

 

ユーザー・エクスペリエンスが同一であるだけでなく、お客様は実証済みのVMware運用のベストプラクティス、パターン、および展開方法をシームレスにクラウドに移行することもできます。 エキサイティングなのは、顧客が既存のツールと運用のベストプラクティスをクラウドに直接持ち込むことができることです。Move and Improve、Lift and Shiftがはるかに容易になりました。

 

コア・ユースケース

Oracle Cloud VMware Solutionの設計を検討したとき、3つのコア・ユースケースに焦点を合わせることにしました。

  • データセンターの移行:データ・センターを統合または廃止するための幅広い取り組みの一環として、ワークロードをオンプレミスからOracle Cloud VMware Solutionに移動します。
  • ハイブリッド展開:さまざまなビジネスまたは規制上の理由によりいくつかのワークロードはそのままにしながら、既存ワークロードをOracle Cloud Infrastructureに選択的に移動および拡張できます。
  • 災害復旧:通常は十分に活用されていない災害復旧のためのセカンダリ・データセンターへの依存を削減または削減可能にし、目標復旧時間(RTO)および目標復旧ポイント(RPO)の改善を可能にします。

これらのユースケースは、お客様との会話や機能検証および限定提供プログラムでのすべてのシナリオをカバーしていると考えています。これらの使用例は相互に排他的ではないことにご注意ください。お客さまは、それらすべてが当てはまる状況があるかもしれません!

 

パートナーとの協力

最後に、お客様はVMwareのパートナー・コミュニティの製品を使用してVMware環境を管理していることを理解しています。 私たちはこれらのパートナーと協力して、彼らのソリューションを検証し、彼らのフィードバックを得ています。世界最大の企業のいくつかをサポートする、コピー・データ仮想化のリーダーであるActifioは、Oracle Cloud VMware Solutionについて次のように述べています。

「ActifioはVMwareとOracleの両方で数千の顧客を共有しています。 Oracle Cloud VMware Solution向けのActifioのマルチクラウド・コピー・データ管理は、Oracle Exadata CloudおよびOracle Cloud Infrastructureのサポートに加えて、すべてのOracleおよびVMwareワークロードに復元力、モビリティ、移行、および俊敏性をもたらすシームレスな方法を提供します。 企業は、Actifioの「データ再利用」機能を引き続き活用して、迅速なデータベース・クローンをDevOps、データ・ウェアハウス、およびビジネス分析用のテスト・データとしてプロビジョニングできます。 Oracle CloudおよびVMwareとの統合とパートナーシップに興奮しています。」 -ActifioのSana副社長兼GM、Actifio GO、Ranajit Nevatia

 

本日はこのニュースをお伝えできることを大変うれしく思っています。 今後数日にわたって、このソリューションを成功裏に使用しているお客様の例を他にも紹介します。この領域に注目してください!

私たちの目標は、さらにもう一つのクラウド・ベンダーになることではありません。 私たちの目標は、クラウド・パートナーになることです。 ぜひOracle Cloud VMware Solutionを使い始め、Oracle Cloud Infrastructureの詳細を学んでみてください。

 

 

Oracle Cloud Infrastructureは、オンプレミスからの大規模ワークロード移行に完全対応する次世代インフラ基盤です。高性能と高セキュリティを備えたインフラ基盤で、仮想マシン、ベアメタルマシン、オブジェクトストレージ、Database Cloud Service、Exadata Cloud Service等の各種サービスを提供します。

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.