X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructureの正式リリース

Ryusaburo Tanaka
Business Development, Cloud Native Services

※本ページは、Announcing Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructureの翻訳です。

オンプレミスのOracle WebLogic Serverワークロードをクラウドに移行したり、新しいJava EEアプリケーションを構築したりできるように、Oracle Cloud Infrastructure向けのOracle WebLogic Serverを実行するための、柔軟な新しいオプションを発表できることを嬉しく思います。 新たにOracle Cloud Marketplaceのリストに加わった、OracleのUniversal Creditsモデル(UCM)を使用して、Oracle WebLogic Serverの構成を素早くプロビジョニングできます。 Oracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Serverでは、次のことができます。

  • Oracle WebLogic Server構成の素早いプロビジョニング
  • Oracle CloudでOracle WebLogic Serverを実行し、使用した分のみの支払い
  • Java EEアプリケーションを簡単に開発、デプロイ、管理

新たに以下が、Oracle Cloud Marketplaceのリストに加わりました。

上記に加えて、既に以下のBring Your Own License(BYOL)モデルでの利用が可能となっています。

 

素早いプロビジョニング

Oracle Cloud環境で、Oracle Cloud Marketplaceにアクセスして「Oracle WebLogic Server」を検索すると、新しいリストを見つけることができます。 または、以下に示すようにリストをフィルタリングできます。 名前に「UCM」が含まれるものは、ユニバーサル・クレジット経由で支払い可能な新しいものです。

 

いずれかを選択すると、Marketplaceのインターフェースは、Oracle Cloud上でOracle WebLogic Serverドメインの構成を作成できるシンプルなUIをガイドします。画面の例を示します。

数分以内にWebLogic ServerがOracle Cloud上で稼働し、開発・テスト・本番環境のアプリケーションのために使い始めることができます。

 

柔軟な価格設定

このようにOracle Cloud Marketplaceにて作成された構成は、実行時に実際に使用するOCPU時間(計算リソース)数に基づいて、自動的に使用量を計測します。必要に応じて、開発環境とテスト環境を迅速に作成、開始、停止、再起動、破棄したり、本番環境への要求に応じて、構成を拡大、または縮小したりできます。Pay As You GoまたはUniversal Credits Monthly Flexの価格設定オプションを使用して、一つの請求書を介して、消費したリソースに対してのみ請求されます。価格の詳細については、こちらをご覧ください。  

Bring Your Own License(BYOL)モデルのOracle WebLogic Serverライセンスを使用するオプションも、従量課金の価格設定の代替として利用できます。BYOLでOracle WebLogic Serverをプロビジョニングし、Oracle WebLogic Serverのライセンスに基づいてアプリケーションを実行し、既存の資格、またはクラウドでOracle WebLogic Serverを実行するために取得した新しい資格をサポートできます。

クラウドでのアプリケーションの開発とデプロイ

こうして起動した構成は、オンプレミスで使用するのと同じOracle WebLogic Serverソフトウェアが稼働します。同一のJava Enterprise Edition(EE)APIをサポートし、それにより、Webアプリケーション、RESTサービス、JMSおよびトランザクション・アプリケーション、およびその他のエンタープライズJavaアプリケーションを構築出来ます。Oracle Application Development(ADF)アプリケーションもサポートされています。Oracle WebLogic Server 10.3.6、12.2.1.3、または12.2.1.4、およびJava Required Files(JRF)または非JRFドメインを選択できます。同じCI / CDのプラクティス、WLSTのスクリプト、REST管理のクライアント、およびオンプレミスで使用している管理コンソールを使用して、Oracle CloudでのWebLogic Serverアプリケーションを構築、デプロイ、管理および監視を、完全互換にて使用できます。高可用性とパフォーマンスのために、クラスター化された構成でデプロイを広げることができます。Oracle Cloudには、既存/新規のOracle WebLogic Serverのアプリケーションに対して、完全に互換性のある開発/デプロイのオプションが用意されています。

Getting Started

開始するには、Oracle Cloudアカウントが必要です。 まだお持ちでない場合は、こちらから新しい無料利用枠アカウントを作成してください。 Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructureの詳細は、oracle.comのリソースにアクセスし、製品ドキュメントを確認してください。 次に、Oracle Cloud Marketplaceにアクセスして、Oracle CloudでOracle WebLogic Serverアプリケーションを実行する新しい方法をテストしてみてください。 ご連絡をお待ちしております。

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.