X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

API Gatewayの正式リリース

Ryusaburo Tanaka
Business Development, Cloud Native Services

※本ページは、Oracle Cloud Infrastructure API Gateway Now Generally Availableの翻訳です

API Gatewayの正式リリースのお知らせをすることを、大変嬉しく思います。これは、Cloud Native 開発者に完全なポートフォリオを提供するOracle Cloud Infrastructureの、最新サービスになります。

API Gatewayで何が出来るのか

  •  Oracle Functionsと RESTful API: Oracle Fnctions(FaaSのサービス)により、開発者はインフラストラクチャを気にせずにコードに集中できます。開発者がFaaSのfunctionを介してアプリケーションの機能を作成するとき、他のアプリケーションからその機能を利用できる必要があります。RESTful APIは、アプリケーションが相互作用する機能を提供し、そのAPIが提供するビジネスプロセスによって大きな価値を提供します。API Gatewayを使用すると、開発者はSDKを使用せずに、functionを使用してアプリケーションを拡張できます。開発者は、APIを他の人が利用できるようにすることで、functionの範囲をさらに拡大できます。
  • Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE), Compute、およびその他のプロジェクトのためのRESTful API: API Gatewayは、Oracle Functionsに限定されません。API Gatewayを使用して、Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE)、Compute、またはその他のエンドポイントで実行されているサービスなどのRESTfulサービスを保護できます。

API Gatewayの主な機能

  • ポリシーの強制: サービスを直接公開するのではなく、 API Gatewayを使用してレート制限、カスタム認証、CORS(Cross-Origin Resource Sharing)などのきめ細かいポリシーを定義できます。
  • メトリクス: リクエスト/レスポンスのトラフィックがAPI Gatewayを通過するときに、すべてのサービスのヘルスチェックとパフォーマンス監視を実施します。
  • ログ:  問題をよりよく診断できるように、サービスを通過するトラフィックに関する重要な詳細を記録します。API Gatewayは現在、Object Storageにログを記録しますが、今後使えるようになるLogging Serviceは、ログに関するさらに優れた機能を提供します。Logging Serviceの詳細と、制限付き利用提供プログラムへの参加方法については、Announcing Limited Availability of Oracle Cloud Infrastructure Logging Serviceを参照ください。

Getting Started

API Gatewayを使用すると、インフラストラクチャを管理する必要がありません。これはすべてOracleが管理します。 開始するには、クイックスタートガイドCreating your first API Gatewayを参照してください。 API Gatewayのドキュメントを読むことで、さらに学ぶこともできます。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.