X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Exadata System Software のアップデート-2021年2月

※本ページは、"Exadata System Software Updates - February 2021"の翻訳です

Exadataのテクニカルニュースを1か所で確認できるように、Exadata System Softwareのリリース が利用可能になり次第https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/exadata に掲載します。この投稿では、2021年2月のリリースについて詳しく説明しています。

 

Exadata System Software Update 20.1.7.0.0
Exadata System Software 20.1.7.0.0アップデートが提供になりました。20.1.7.0.0は、従来の20.1.Xリリースに加えて重大なバグ修正とセキュリティ修正を追加するメンテナンスリリースです。これには次のものが含まれます。

  • 2021年1月にリリースされた20.1.6.0.0リリース以降に発見された重要なバグに対するExadata System Softwareのアップデート
  • 重要なセキュリティアップデートを含むOL7およびOVSの最新のKsplice Uptrack アップデート
  • 最新のJDKパッケージの更新
  • X7 / X8サーバーのフラッシュカードファームウェアの更新
  • RDMAイーサネットカードファームウェアの更新

注:20.1.x.0.0リリース以降、ストレージサーバーおよびデータベースサーバーのISO/PXEイメージファイルはedelivery/OSDC(Oracle Software Delivery Cloud)でのみ使用できます。

  1. V1006599-01-ストレージセルISO/PXEイメージ(20.1.7.0.0.210205)
  2. V1006600-01-データベースサーバーISO/PXEイメージ(20.1.6.0.0.210205)

詳細については、以下を参照してください。

  • Exadata 20.1.7.0.0リリースおよびパッチ(32457131)(Doc ID 2741598.1
  • Exadata DatabaseMachineおよびExadataStorage Serverでサポートされているバージョン(Doc ID 888828.1

Exadata System Software Update 19.3.17.0.0
Exadata System Software 19.3.17.0.0アップデートが一般提供になりました。19.3.17.0.0は、従来の19.3.Xリリースに加えて重大なバグ修正とセキュリティ修正を追加するメンテナンスリリースです。これには次のものが含まれます。

  • 2021年1月にリリースされました19.3.16.0.0リリース以降に発見された重要なバグに対するExadata System Softwareのアップデート
  • 重要なセキュリティアップデートを含むOL7およびOVSの最新のKsplice Uptrackアップデート
  • 最新のJDKパッケージの更新
  • X7 / X8サーバーのフラッシュカードファームウェアの更新
  • RDMAイーサネットカードファームウェアの更新

Exadata X8Mを使用しているお客様は、Exadata System Software20.1.x.0.0にアップデートすることを推奨します。

詳細については、以下を参照してください。

  • Exadata 19.3.17.0.0リリースおよびパッチ(32457093)(Doc ID 2741566.1
  • Exadata DatabaseMachineおよびExadataStorage Serverでサポートされているバージョン(Doc ID 888828.1
     

Exadata System Software Update 19.2.22.0.0
Exadata Software Updates Explainedのブログ投稿(および最近公開されたSoftware Status- 2020年12月のブログ投稿)で説明されているように、Exadata System Software 19.2は現在四半期ごとにリリースされています。

Exadata System Software 19.2.22.0.0アップデートが一般提供になりました。19.2.22.0.0は、従来の19.2.Xリリースに加えて重大なバグ修正とセキュリティ修正を追加するメンテナンスリリースです。19.2.x の最後のリリースです。これには次のものが含まれます。

  • 2020年12月にリリースされました19.2.21.0.0リリース以降に発見された重要なバグに対するExadataSoftwareのアップデート
  • 重要なセキュリティアップデートを含むOL7およびOVSの最新のKsplice Uptrack アップデート
  • WebLogic ServerセキュリティアップデートCPU 2021年1月(12.2.1.3)

20.1.x.0.0は、Oracle Linux 7への移行を希望するお客様に最適なアップグレードターゲットです。Oracle Database 19cにアップグレードするお客様は、Exadataを19.3.X.0.0以降にアップグレードする必要があります。

詳細については、以下を参照してください。

  • Exadata 19.2.22.0.0リリースおよびパッチ(32367052)(Doc ID 2734814.1
  • Exadata DatabaseMachineおよびExadataStorage Serverでサポートされているバージョン(Doc ID 888828.1
     

Exadata System Software Update 18.1.32.0.0
Exadata Software Updates Explainedのブログ投稿(および最近公開されたSoftware Status- 2020年12月のブログ投稿)で説明されているように、Exadata System Software 18.1は現在四半期ごとにリリースされています。

Exadata System Software18.1.32.0.0アップデートが一般提供になりました。18.1.32.0.0は、18.1.Xリリースに加えて、重大なバグ修正とセキュリティ修正を追加する四半期ごとのメンテナンスリリースです。これには次のものが含まれます。

  • 2020年10月にリリースされた18.1.31.0.0以降に発見された重要なバグに対するExadata System Softwareのアップデート
  • 重要なセキュリティアップデートを含むOL6およびOVSの最新のKsplice Uptrack アップデート
  • WebLogic ServerセキュリティアップデートCPU 2021年10月(10.3.6.0)
  • 最新のJDKパッケージの更新

18.1.32.0.0は、Oracle Linux 6を引き続き使用したいお客様に最適なアップグレードターゲットです。2018年7月にリリースされた Exadata System Software 12.2.1.1.8は、12.2.xラインの最後のパッチであるため、お客様はアップグレードの計画を立てる必要があります。 Oracle Linux 6を継続する場合は、18.1.x.0.0に更新します。Exadata System Software 20.1.x.0.0は、Oracle Linux7への移行を希望するお客様に最適なアップグレードターゲットです。Exadata System Software 19.2.x.0.0はExadata X2を利用していて、Oracle Linux7に移行したい人お客様に最適なアップグレードターゲットです。。

Exadata System Software 18.xでアップグレードする前の重要な考慮事項
最新のExadata System Softwareリリースにアップグレードする前に、重要な考慮事項についてMOSドキュメント888828.1を参照してください。前述のように、データベースサーバー(非OVMおよびOVM domU)をExadata System Software 18.1.5.0.0以降に更新する前に、最も効率的なCVE-2017-5715(Spectre Variant 2)緩和策をサポートするACFSドライバーがインストールされていることを確認してください。Exadata System Software バージョン18.1.5.0.0以降および 12.2.1.1.7以降に必要なこれらの更新されたACFSドライバーは、2018年7月の四半期データベースリリースに含まれています。2018年4月以前の四半期ごとのデータベースリリースのバージョンには、引き続き個別のACFSパッチが必要です。詳細については、MOSドキュメント2356385.1を参照してください。

MOSドキュメント2357480.1 では、CVE-2017-5754、CVE-2017-5753、およびCVE-2017-5715に対する緩和策がOracle Database、Oracle Exadata、およびOracle Zero Data Loss RecoveryApplianceに与えるパフォーマンスへの影響について説明しています。

データベースサーバーにサードパーティのカーネルドライバをインストールしてカスタマイズしている場合は、サードパーティベンダーに連絡して、更新されたサードパーティのドライバを入手する必要があります。詳細については、MOSドキュメント2356385.1を参照してください。

詳細については、以下を参照してください。 

  • Exadata 18.1.32.0.0リリースおよびパッチ(32367038)(Doc ID 2715397.1
  • Exadata DatabaseMachineおよびExadataStorage Serverでサポートされているバージョン(Doc ID 888828.1
     

新しい情報: 9か月より前のリリースでのソフトウェアのアクセシビリティについては、My Oracle Support Note 888828.1の新しいアップデートを参照してください。

Exadataへの投資の価値を保護および強化するためにこれらのリリースを提供するExadata Sustaining Teamに心から感謝します。 

私たちは常にあなたのフィードバックに興味を持っています。ここにコメントを介して私たちと関わることを歓迎します。

関連記事

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.