X

オラクルエンジニア通信では、オンプレミスからクラウドまで、オラクルテクノロジーの最新情報をお届けします

Gen 2 Exadata Cloud@Customer新機能 : クラウドとの接続が切断中のCPUスケーリング

Eriko Minamino
Solution Engineer

*本記事は、Gen 2 Exadata Cloud@Customer New Features: Scaling OCPUs Without Cloud Connectivity を抄訳したものです。

先日、Gen 2 Exadata Cloud@Customerでのクラウドとの接続が切断中のCPUスケーリングの機能がリリースされました。(記事投稿時は一部リージョンで利用可能でしたが、2020/06/23より全リージョンで利用可能になりました!)

Gen 2 Exadata Cloud@Customer(以降、Gen 2 ExaC@C)は、お客様のデータセンター内に配置して利用することができるサービスですが、これの管理はパブリック・クラウドのOracle Cloud内のコントロール・プレーンから行われます。今回の機能がリリースしたことによって、Gen 2 ExaC@Cとパブリック・クラウドのOracle Cloudのコントロールプレーン間の接続が失われた場合でも、ゲストVMで使用するOCPU数を変更することができます。コントロール・プレーンとの接続が切断されたスケーリング操作では、Gen 2 ExaC@Cとコントロール・プレーン間の接続がない場合専用に実装された2つの特別なdbaascliコマンドを使用して、ゲストVMのOCPUを増減させることができます。このコマンドは、VMクラスタ内の任意のノードから実行して、そのクラスタのCPUコア数を変更することができます。お客様が複数のVMクラスタをお持ちの場合は、スケールアップまたはスケールダウンしたい各VMクラスタの内部から別のコマンドを実行する必要があります。

 

クラウドとの接続が切断中のCPUスケーリング(スケール・アップ/ダウン)のコマンド : 

dbaascli cpuscale update --coreCount <core count> --message <message> 

-- 例) VMあたり6 OCPU(コア)にする場合
dbaascli cpuscale update --coreCount 6 --message Scaling_Up_from_4_OCPU_per_VM_to_6_OCPU_per_VM 

coreCount の値は、スケーリング後のVMクラスタ内のVMあたりのOCPU数(コア数)を指定します。上記の例では、各ノードのコア数はVMごとに6 OCPUに変更されます。例えば、VMクラスタ内に2ノードずつVMがあるQuarter Rackでは、対象のVMクラスタは 6x2 = 12 OCPUにスケーリングされます。message オプションを指定すると、/var/opt/oracle/log/cpuscale_statusフォルダにあるログ・ファイルに表示されるメッセージを、cpuscale_status_<timestamp>.logという名前の形式で関連づけることができます。

 

クラウドとの接続が切断中のCPUスケーリングのステータス確認コマンド : 

dbaascli cpuscale get_status

dbaascli cpuscale get_status コマンドは、通常 dbaascli cpuscale update コマンドが発行された直後に使用され、dbaascli cpuscale update コマンドの実行状態をリアルタイムで取得することが可能です。このコマンドは、dbaascli cpuscale update スケジュールされた状態から実行中の状態、そして最終的に成功か失敗かに至るまで、様々なコマンドの実行状態を表示します。dbaascli cpuscale update コマンドの前後で、標準的な linux OS コマンド "top" を使って、ノードでアクティブな現在の OCPU (# OCPU = # vCPU / 2) を調べることでも状況を確認いただけます。

これら2つのコマンドは、コントロール・プレーンとの接続がある通常時は動かないようにデザインされています。

 

切断中のオペレーションと請求について : 

コントロール・プレーンとの接続が切断したかどうかは、Oracle Cloudのイベント・サービスの機能にて Exadata Infrastructure - Connectivity Status イベントをサブスクライブすることで、コントロール・プレーンとの接続が「Active」から「Disconnected」モードに変更されたときに通知を受けることができます。ステータスが「Disconnected」に変更されると、オラクルのOpsチームに直ちに通知が届き、Sev 2のサービス・リクエスト(SR)が自動的に起票されます。オラクルのOpsチームは、問題発生の原因部分がオラクルの管理下にある箇所の場合、まず問題の特定と修正に取り組みます。それ以外の場合は、お客様と協力して問題を解決し、失われた接続を再確立します。

接続性が失われている間、オラクルは接続性が失われる前のクラウド・コントロール・プレーンのアクティブなOCPUの最後の値が判明している場合、その値での請求内容を継続します。接続が再確立されると、その時点のOCPUの値(切断中に変更された場合は新しい値)が請求内容に反映されます。

オラクルでは、スケール・アップとスケール・ダウンの機能はクラウド・サービスの重要な側面の1つと考えており、その結果、パブリック・クラウドへの接続状態に関係なく、お客様がOCPUの使用状況を変更できるこの機能を提供します。この機能により、お客様は、接続が一時的に失われることによる潜在的な副作用を心配することなく、重要なワークロードをお客様のニーズに合わせて拡張し続けることができます。

 

参考ドキュメント

 

Gen 2 Exadata Cloud@Customerとは

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.