X

Oracle Solaris, Oarcle ハードウェア製品に関する情報

Sun ZFS Storage Appliance 2011.1.3 ファームウェア


先日、Sun ZFS Storage Appliance / Backup Appliance 用のファームウェアのマイナーアップデートがリリースされました。

Release Note などはこちらにあります。

Software Updates



マイナーアップデートなので、機能的な拡張はそれほどはいっていませんが、いくつか紹介したいと思います。

Analytics のデータ保持期間設定


Analytics のデータは Boot Disk に記録されていきますが、多数の監視点を長年撮り続けると、かなり膨大なデータ量になり
閲覧も大変で、容量も圧迫してしまいます。

今回のアップデートで、データの粒度(秒単位、分単位、時間単位のデータ)ごとにどれくらいの期間保存するかを設定
できるようになりました。




Analytics のデータセットの部分消去


また、データセットごと(例えば、CPUの使用率や、DiskのIOPSなど)の単位で古いデータを一部削除といったこともできるようになりました。
いままでは、全部消去か残しておくかだけでしたので、非常に多くの監視点を設定していても過去のデータによるディスク消費をコントロール
できるようになり、より監視・管理がしやすくなっています。



Exadata Backup について Online Help に追加


Application Integration の項目に Exadata Backup の際の設定等が追加されました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.