X

Oracle Solaris, Oarcle ハードウェア製品に関する情報

Sun ZFS Storage Appliance 筐体内レプリケーション


Sun ZFS Storage Appliance の 2011.1 ファームウェアの新機能の一つになりますが、今回のリリースから筐体内でレプリケーションを構成することができるようになりました。


スナップショット/クローンの機能との違いは、簡単にいうと
  • スナップショット/クローンは元のデータのポイントインタイムコピーで、一瞬で作成でき容量としては差分しか消費しませんが、元のデータだけを削除することはできません
  • レプリケーションは複製を作るため、初期のコピーには容量に応じた時間が必要で、元データと同じように容量を消費しますが、元データを削除しても独立して残しておくことが可能です。更新は従来のレプリケーションと同様、差分のアップデートを手動やスケジュール管理ですることができます。


となります。

回転数の異なるHDDを使ってデータのライフサイクルを考えた運用をしたり、HDDの世代交代に合わせてデータマイグレーションを行ったりといったことにも使える、便利な機能だと思います。


設定方法は至って簡単で、従来からある Remote Replication の設定と手順は全く一緒で、Target にループバックアドレスを設定するだけです。


Simulator を使った例を以下に紹介します。


まず、Service -> Remote Replication タブから、レプリケーションの設定を開きます




このように、すんなり構成できます。2010.Q3までのファームウェアでは構成できませんでした。




Project のレプリケーション設定画面です。ここはいつも通りで、Target に先ほど設定した"local"という名前が選択されています。




マニュアルでレプリケーションを実施したところです。ソースとターゲットが両方表示されています。画面上方にもレプリケーションが完了したログがでています。




以上、今までレプリケーションを使っていた方でも初めて使う方でも、簡単にセットアップできます。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.