X

Oracle Solaris, Oarcle ハードウェア製品に関する情報

Sun ZFS Backup Appliance 登場!


昨日、Sun ZFS Backup Appliance が発表されました。

Exadata の D2D バックアップ用途の位置づけで、 High Capacity と High Performance の 2 つのモデルがあります。いづれも、SunRack 1242 に搭載されています。

管理機能などは ZFS Storage Appliance と同じですので、簡単に管理できる Web ベースのツールが使用可能で、Analytics などの機能もばっちり使えます。


ハードウェアのスペックは以下のようになっています。










































High CapacityHigh Performance
コントローラ
搭載数2 (クラスタ構成)2 (クラスタ構成)
CPUIntel Xeon E7-4820 (8-core, 2GHz)x4Intel Xeon E7-4820 (8-core, 2GHz)x4
メモリ 256GB 256GB
インターフェースQDR Infiniband, 10Gbe, 1Gbe(それぞれ 4 ポートずつ搭載)QDR Infiniband, 10Gbe, 1Gbe(それぞれ 4 ポートずつ搭載)
ディスクシェルフ
ディスク容量(Raw)132TB55TB
ディスクシェルフ数2 (最大 22 シェルフ増設可能)4 (最大 22 シェルフ増設可能)
ディスクタイプ3TB 7200rpm600GB 15000rpm
書き込みキャッシュ本数44





また、ソフトウェアのプラグインを使うことにより、ZFS Backup Appliance の設定と Exadata の設定がコマンドラインで一括してできるようになります。
これにより、さらに簡単にバックアップ・リストアの環境を構築することができます。

OTN よりダウンロード可能で、マニュアルもダウンロードパッケージの中に含まれています。


Oracle Exadata Backup Configuration Utility v1.0.1

Oracle ZFS Storage Appliance Plugin Downloads


USの製品ページはこちら。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.