X

Oracle Solaris, Oarcle ハードウェア製品に関する情報

  • Sun
    May 24, 2010

Sun Fire X2270 M2 が発表されました

Guest Author


今回は、今月発表したローエンド X64 サーバ Sun Fire X2270 M2 に関して
少し掘り下げてみます。








まず、Sun Fire X2270 M2 は、今まで販売していた M2 無しの Sun Fire X2270 と
比較して、見た目は右上のロゴが新しく変わっている事以外同じです。全面の 4 つある内蔵ディスク
ベイには、2TB SATA HDD と、 32GB SSD が搭載可能です。








Sun Fire X2270 からの変更ポイントは、まず心臓部の CPU が Intel Xeon 5500 番台 から 5600 番台
になった事です。



サポート CPU 一覧

























6 - Core CPU モデル
Intel Xeon Model X5670 @ 2.93GHz
Intel Xeon Model X5660 @ 2.8GHz

4 - Core CPU モデル
Intel Xeon Model E5620 @ 2.4GHz



6 コアモデルの CPU を搭載すると、高さ 1U の筐体で最大 2 ソケット/ 12 コア/ 24 スレッド
の構成が可能です。




さらに、ユニークなポイントとして、Sun Fire X2270 M2 は、ラックマウント型
サーバでは初めてフラッシュモジュールが 2 枚挿入でるようになりました。








このフラッシュモジュールは、一見、メモリモジュールのように見えますが、インストール
すると OS からは 24GB 容量の SATA I/F Disk として認識され、IOPS 性能に優れた
ストレージデバイスとして使用できます。
(ちなみに、このフラッシュモジュールは、F5100 でも使用されております。)



I/O 性能が求められるストレージ領域に対して、サーバ全面のディスクスロットに SSD を
挿入するのも
よいですが、フラッシュモジュールはディスクスロットのトレードオフ
無しに高速 I/O デバイスを使用できるメリットがあります。



詳細な情報は、下記を参照下さい。

"Sun Fire X2270 M2 Server Architecture"


http://www.oracle.com/us/products/servers-storage/servers/x86/sun-fire-x2270-m2-wp-070254.pdf






(参考情報)

過去の 「やっぱり Sun がスキ!」blog 記事一覧はこちらを参照下さい。

http://wikis.sun.com/display/yappri/Home

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.