X

Oracle Solaris, Oarcle ハードウェア製品に関する情報

Sun

Oracle VM Server for SPARC (旧称 LDoms) 2.2 リリース!

SPARC T シリーズサーバーで利用できるファームウェアベースのハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアである Oracle VM Server for SPARC の最新バージョン 2.2 がリリースされました! OVM for SPARC 2.2 は前バージョン同様に、UltraSPARC T2, T2+,...

SPARC T シリーズサーバーで利用できるファームウェアベースのハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアである Oracle VM Server for SPARC の最新バージョン 2.2 がリリースされました! OVM for SPARC 2.2 は前バージョン同様に、UltraSPARC T2, T2+, SPARC T3, SPARC T4 プロセッサが搭載される SPARC T シリーズサーバーにて利用可能です!OVM for SPARC 2.2 は 2012 年 5 月 24 日にリリースが発表されたのですが、このときには Oracle Solaris 10 版のみが実際に利用可能でした。 Oracle Solaris 11 版は、SRU8.5 に含まれてリリースされることになったため、その利用は 6 月 22 日の SRU8.5 のリリースを待たなければいけませんでした。 ついに Solaris 10, Solaris 11 とも OVM for SPARC 2.2 が利用可能となりましたので、その新機能を (OTN...

Oracle Solaris ナイトセミナー #2 開催!

復活!! Oracle Solaris ナイトセミナー...

復活!! Oracle Solaris ナイトセミナー #1 に参加頂きありがとうございました。途中、「お前誰だよっ!」的なサプライズがあったり困惑した方も多かったかと思いますが、大きな声で年齢をばらされたりなど不本意ながらも本人は大変喜んでおりました。この場を借りて、お礼を申し上げます。さて、そんな喜びを今頃になって噛み締めている担当者ですが、#1 でお約束したとおり、Mr. Solaris の下に集う Solaris を愛してやまない中の人たちが、手作りでお届けするセミナー 2 回目となる「Oracle Solaris ナイトセミナー #2」開催のお知らせを、やっとお届けできることとなりました!今回は、参加登録に利用するのはイベント開催支援ツール:ATND(アテンド)が提供するイベント ATND です。こちらでは、チケットを利用した申し込みとなり、会員登録せずに申し込みも可能となりました。本セミナー自体は、無料セミナーですのでお気軽にご参加頂ければと思います。第ニ弾となる「Oracle Solaris ナイトセミナー #...

SPARC SuperCluster T4-4 日本上陸!

SPARC SuperCluster T4-4 がついに Oracle Solution Center Tokyo に到着しました!今回はその搬入風景を Pillar Axiom 600 の項と同様、紹介したいと思います。トラックから今まさに SPARC SuperCluster T4-4...

SPARC SuperCluster T4-4 がついに Oracle Solution Center Tokyo に到着しました!今回はその搬入風景を Pillar Axiom 600 の項と同様、紹介したいと思います。トラックから今まさに SPARC SuperCluster T4-4 が運び出されるようとしています。Oracle Solution Center Tokyo へ運び入れ、そしてビニールをとりはずし...位置を調整し、ついに設置完了です。今後 SPARC SuperCluster T4-4 を利用した POC (Proof of Concept) がここ日本で可能となりますので、是非ご利用いただければと思います!と、その前に SPARC SuperCluster T4-4 導入により何がうれしいの?という疑問をもたれた本 blog をお読みの方...是非 4月4日から開催される Oracle OpenWorld Tokyo 2012 にご来場ください。 4/5(木) ゼネラルセッション...

SPARC T4 モーメンタム: SPARC T4 サーバーでいいんです!!

 昨年 2011 年 9 月に SPARC T4 プロセッサとそれを搭載した SPARC T4 サーバーラインナップが発表され、更に 2011年 10月に出荷が開始され早くも半年が過ぎようとしています。 正確な数をお伝えすることはできませんが、SPARC...

 昨年 2011 年 9 月に SPARC T4 プロセッサとそれを搭載した SPARC T4 サーバーラインナップが発表され、更に 2011年 10月に出荷が開始され早くも半年が過ぎようとしています。 正確な数をお伝えすることはできませんが、SPARC T4 サーバーシリーズもおかげさまでワールドワイドで順調に出荷台数を伸ばしており、これをお読みになられている方の中にも既に SPARC T4 プロセッサならびに SPARC T4 サーバーの素晴らしさを実際に体感されている方もいらしゃると思います。 そのような状況の中、更に追い風な事として、4/4, 4/5, 4/6 と 3日間、ここ東京で Oracle OpenWorld Tokyo 2012 が開催されます。 Oracle OpenWorld Tokyo 2012 では Oracle のサーバー&ストレージおよび Oracle Solaris の開発部門トップのジョン・ファウラーを筆頭に...

SPARC T4 サーバー省電力機能

節電や電力消費をおさえるといったことが関心事となる昨今、劇的な性能向上を果たし、現在非常に注目が集めている SPARC T4 サーバーでも省電力機能が利用可能です。設定は非常に簡単。T4 サーバーのもつ SP(Service Processor) である ILOM から-> set /SP/powermgmt...

節電や電力消費をおさえるといったことが関心事となる昨今、劇的な性能向上を果たし、現在非常に注目が集めている SPARC T4 サーバーでも省電力機能が利用可能です。設定は非常に簡単。T4 サーバーのもつ SP(Service Processor) である ILOM から-> set /SP/powermgmt policy=elastic とするだけ。実は通常サーバー出荷時には電力モードがパフォーマンスモードと呼ばれるモードで届くのですが、上記コマンドによりそれを節電モードとするエラスティックモードへと変更します。ILOM の /SYS/VPS/history/0 からサーバーの消費電力を確認できるのですが、下記は実際に SPARC T4-1 で OS のみが動作しているときにパフォーマンスモードからエラスティックモードにした場合の時間経過と消費電力値の推移です。表示は 日付 時刻 = 消費電力値(W)のようにリストされています。 Mar 26 12:04:54 = 294 Mar 26 12:03:53 = 292 Mar 26...

「SPARC T4」プロセッサ搭載のエントリ・サーバー : Netra SPARC T4-1

 「SPARC T4」プロセッサを搭載したエントリ・サーバーとして Netra SPARC T4-1 ならびに Netra SPARC T4-2 が2012年1月10日にアナウンスされ、3月15日より提供が開始されました。(発表資料) そして日本のラボにも Netra SPARC T4-1 の 4core モデル(...

 「SPARC T4」プロセッサを搭載したエントリ・サーバーとして Netra SPARC T4-1 ならびに Netra SPARC T4-2 が2012年1月10日にアナウンスされ、3月15日より提供が開始されました。(発表資料) そして日本のラボにも Netra SPARC T4-1 の 4core モデル( T4 シリーズでは初の 4core モデル)(*)が届いたので、早速実機でプロセッサ周りをみてみました。(*)( Netra SPARC T4-1 システムには 4core モデルと 8core モデルがあります) 以下が prtdiag コマンドと pginfo コマンドの出力結果になります。 8スレッド/1core ですので prtdiag コマンド結果から4core=32スレッドになってますね。また、pginfo コマンド結果を見ればより具体的な各core のスレッドの割り当て状況が見て取れます。 # ./prtdiag -vSystem Configuration: Oracle Corporation sun4v...

Solaris 11 に対応! Oracle Solaris Cluster 4.0

2011 年 11 月 9 日に発表された Oracle Solaris 11 に続き、2011 年 12 月 6 日にOracle Solaris 11 に対応した Oracle Solaris Cluster 4.0 がリリースされました。Oracle Solaris Cluster は Solaris...

2011 年 11 月 9 日に発表された Oracle Solaris 11 に続き、2011 年 12 月 6 日にOracle Solaris 11 に対応した Oracle Solaris Cluster 4.0 がリリースされました。Oracle Solaris Cluster は Solaris 用の高可用性クラスタソフトウェアのことで、Sun 時代は Sun Cluster と呼ばれていた製品です。 オラクルとなり、Oracle Solaris Cluster とリブランディングされました。ライセンスも Oracle データベースのように、プロセッサライセンスとなり、Oracle Solaris Cluster のバージョンに依存せずに、使用するプロセッサ数分のライセンスを購入することにより、Oracle Solaris Cluster のコアコンポーネント、すべてのエージェント、ディザスタ・リカバリ向けの Geographic Edition のすべてが使えるようになりました。現在 Solaris 10 に対応する最新の...