X

Oracle Solaris, Oarcle ハードウェア製品に関する情報

Storage

Oracle ZFS Storage Simulator で RESTfull API を使って情報を参照してみる

2014/8/1 に Oracle ZFS Storage ZS3 シリーズに関する下記リリースを発表させて頂きました。 「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズの仮想化とクラウド機能の強化を発表 その中で気になったのが下記の一文です。 「Oracle ZFS Storage OS...

2014/8/1 に Oracle ZFS Storage ZS3 シリーズに関する下記リリースを発表させて頂きました。 「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズの仮想化とクラウド機能の強化を発表 その中で気になったのが下記の一文です。 「Oracle ZFS Storage OS 8.2」のクラウド機能の拡張により、「OpenStack Cinder *3」対応のドライバーが追加され、REST対応APIも提供されました。 なんとか試してみたいなぁというわけで、Oracle ZFS Storage Simulator を確認すると、OS 8.2 版に更新されていました。これは、VirtualBox が動作する環境であれば Oracle ZFS Storage の機能を評価できる優れもの。クラスタなどの機能は専用の機構を利用しているため評価できませんが、ハードウェアに依存しないストレージの機能や Analytics などのほぼ全ての機能評価することが可能という素晴らしい Simulator です。 Oracle...

Sun ZFS Storage Appliance 2011.1.3 ファームウェア

先日、Sun ZFS Storage Appliance / Backup Appliance 用のファームウェアのマイナーアップデートがリリースされました。Release Note などはこちらにあります。 Software Updates...

先日、Sun ZFS Storage Appliance / Backup Appliance 用のファームウェアのマイナーアップデートがリリースされました。Release Note などはこちらにあります。 Software Updates マイナーアップデートなので、機能的な拡張はそれほどはいっていませんが、いくつか紹介したいと思います。 Analytics のデータ保持期間設定 Analytics のデータは Boot Disk に記録されていきますが、多数の監視点を長年撮り続けると、かなり膨大なデータ量になり閲覧も大変で、容量も圧迫してしまいます。今回のアップデートで、データの粒度(秒単位、分単位、時間単位のデータ)ごとにどれくらいの期間保存するかを設定できるようになりました。 Analytics...

Sun ZFS Backup Appliance 登場!

昨日、Sun ZFS Backup Appliance が発表されました。Exadata の D2D バックアップ用途の位置づけで、 High Capacity と High Performance の 2 つのモデルがあります。いづれも、SunRack 1242 に搭載されています。管理機能などは ZFS...

昨日、Sun ZFS Backup Appliance が発表されました。Exadata の D2D バックアップ用途の位置づけで、 High Capacity と High Performance の 2 つのモデルがあります。いづれも、SunRack 1242 に搭載されています。管理機能などは ZFS Storage Appliance と同じですので、簡単に管理できる Web ベースのツールが使用可能で、Analytics などの機能もばっちり使えます。ハードウェアのスペックは以下のようになっています。High CapacityHigh Performanceコントローラ搭載数2 (クラスタ構成)2 (クラスタ構成)CPUIntel Xeon E7-4820 (8-core, 2GHz)x4Intel Xeon E7-4820 (8-core, 2GHz)x4メモリ 256GB 256GB インターフェースQDR Infiniband, 10Gbe, 1Gbe(それぞれ 4 ポートずつ搭載)QDR Infiniband, 10Gbe,...