Sun ZFS Storage Appliance 筐体内(ローカル)レプリケーション - LUN

以前紹介した Sun ZFS Storage Appliance の 筐体内でレプリケーションですが、実際には Remote Replication に対する呼び方として local Replication と呼んでいます。前回”筐体内”と紹介しましたが、実はシングルコントローラ構成内だけでなく、クラスタ構成でコントローラヘッド間でレプリケーションすることも可能です。

引き続きこの機能について紹介していきますが、今回は iSCSI や Fibre Channel 接続で使う LUN を複製した場合について触れていきたいと思います。

ZFS Storage Appliance 内では、LUN を作成するとそれぞれに GUID という個別の ID が割り振られます。このIDは、システム内でユニークである必要があるため、クローンを作成した場合でも、別の ID が割り振られます。


レプリケーションの場合はちょっと異なります。ここでは、とりあえずレプリケーションの元を A 、レプリケーション先を B とします。
リモートレプリケーションの場合、レプリケーションを構成している間(差分コピーがいつでも送ることができる状態)は、B では GUID が割り振られません。B から A にレプリケーションを戻す(リバースレプリケーション)際に、はじめてGUIDが割り振られ、逆に A のほうの GUID の割り当てがなくなります。
もちろん、レプリケーション中であっても、クローンを作成すればそのクローンには別の GUID が割り振られて LUN として使えるようになります。

ローカルレプリケーションの場合には、若干動作が異なります。
レプリケーションを構成するところまでは一緒なのですが、、


リバースレプリケーションをした際に、異なります。


そのまま同期をかけると、全て GUID が unknown となり、このままではブロックデバイスとしてホストから 使用できません。


そこで、先にちょっと触れましたがクローンを使用することで GUID が割り振られますので、これでホストから使うことができるようにします。
レプリケーションのターゲット側のクローンを作成します。



作成した Clone からレプリケーションを再度構成することも可能です。


投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日