「SPARC T4」プロセッサ搭載のエントリ・サーバー : Netra SPARC T4-1



 「SPARC T4」プロセッサを搭載したエントリ・サーバーとして Netra SPARC T4-1 ならびに Netra SPARC T4-2 が2012年1月10日にアナウンスされ、3月15日より提供が開始されました。(発表資料)

 そして日本のラボにも Netra SPARC T4-1 の 4core モデル( T4 シリーズでは初の 4core モデル)(*)が届いたので、早速実機でプロセッサ周りをみてみました。(*)( Netra SPARC T4-1 システムには 4core モデルと 8core モデルがあります)

 以下が prtdiag コマンドと pginfo コマンドの出力結果になります。

 8スレッド/1core ですので prtdiag コマンド結果から4core=32スレッドになってますね。また、pginfo コマンド結果を見ればより具体的な各core のスレッドの割り当て状況が見て取れます。

 # ./prtdiag -v
System Configuration:  Oracle Corporation  sun4v Netra SPARC T4-1
メモリーサイズ: 130560 M バイト

================================ 仮想 CPU ================================


CPU ID Frequency Implementation         Status
------ --------- ---------------------- -------
0      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
1      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
2      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
3      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
4      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
5      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
6      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
7      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
8      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
9      2848 MHz  SPARC-T4               on-line
10     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
11     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
12     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
13     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
14     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
15     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
16     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
17     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
18     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
19     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
20     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
21     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
22     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
23     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
24     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
25     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
26     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
27     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
28     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
29     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
30     2848 MHz  SPARC-T4               on-line
31     2848 MHz  SPARC-T4               on-line

======================= Physical Memory Configuration ========================
 以下省略
 
# pginfo -p -T
0 (System [system,chip]) CPUs: 0-31
`-- 3 (Data_Pipe_to_memory [system,chip]) CPUs: 0-31
    |-- 2 (Floating_Point_Unit [core]) CPUs: 0-7
    |   `-- 1 (Integer_Pipeline [core]) CPUs: 0-7
    |-- 5 (Floating_Point_Unit [core]) CPUs: 8-15
    |   `-- 4 (Integer_Pipeline [core]) CPUs: 8-15
    |-- 7 (Floating_Point_Unit [core]) CPUs: 16-23
    |   `-- 6 (Integer_Pipeline [core]) CPUs: 16-23
    `-- 9 (Floating_Point_Unit [core]) CPUs: 24-31
        `-- 8 (Integer_Pipeline [core]) CPUs: 24-31


 T4 プロセッサに関しては既に様々なメディアで既に取り上げていただいており、繰り返しになりますが、従来の T3 プロセッサ(S2 core)と比較してT4 プロセッサ(S3 core)は単一スレッドの処理能力が5倍に向上しており、従来の T3 プロセッサ(S2 core)が得意としていた優れた大量データー同時並列処理能力(スループット性能)を維持し、かつ、シングルスレッド性能を向上させたことにより、あらゆる場面でエンタープライズ・アプリケーションに求められる能力を発揮でき、高速バッチ処理も可能になっています。

 よって、T4 プロセッサってどんな感じ?っとご興味がある方はまずはこのT4 プロセッサのエントリ・サーバーである Netra SPARC T4-1 4core モデルをお手にしてみてはいかがでしょうか?。実際に触っていただければ即、T3 プロセッサとの特性の違いを実感していただけると思います。

 以下に簡単ですが、Netra SPARC T4-1 のスペックを記載しておきます。







  • Netra SPARC T4-1 仕様
    • Computing
      • 1 x SPARC T4 4コア 32スレッド or 8 コア 64 スレッド 2.85GHz CPU (1コアあたり8スレッド)
      • 16 x DDR3 DIMM (最大 256GB 搭載可能、16GB DIMM 実装時)
    • I/O and Storage
      • 3 x Low Profile PCI-Express Gen2 スロット (2 x 10Gb Ethernet XAUI スロットと兼用)
      • 2 x Full-height Half-length PCI-Express Gen2 スロット
      • 4 x 10/100/1000 Ethernet オンボードポート
      • 4 x 2.5” SAS2 HDD
      • 4 x USB ポート (前面 2, 背面 2)
    • RAS and Management and Power Supply
      • ディスク (RAIDサポート), ファン、PSU がホットスワップ可能
      • ILOMサービスプロセッサによる管理
      • 2N (1+1) , AC もしくは DC 電源
    • Support OS
      • Oracle Solaris 10 10/9, 9/10, 8/11, Oracle Solaris 11 11/11
      • Oracle VM Server for SPARC 2.1 (LDoms) サポート
    • その他
      • NEBS Level3対応
      • 筺体奥行き約21”
      • 19”(EIA-310D),23”,24”,600mmラック対応
      • ドライ接点(無電圧接点)アラームポート装備


     最後に、SPARC T4 サーバーならびにSPARC T4 プロセッサに関して最新情報を入手するチャンスが来月(4月早々)に日本であります。それは Oracle OpenWorld Tokyo 2012 が3日間(4/4(水)、4/5(木)、4/6(金))東京で開催され、その中でもオラクルのサーバ&ストレージのベンチマークを実施し、SPARC T4 サーバーパフォーマンスについて一番良く知る人物、そう、あのブラッド・カーライルが来日し講演を行います。SPARC T4 サーバーにご興味ある方は見逃せませんね!。

    Oracle OpenWorld Tokyo 2012
    http://www.oracle.com/openworld/jp-ja/index.html
    ブラッド・カーライルのセッションは 4/6(金) Develop D3-13 (14:00 - 14:45) 六本木アカデミーヒルズ49 にて。
    招待コードは 7264 を記載してお申し込みください。

  • 投稿されたコメント:

    コメント
    コメントは無効になっています。
    About

    Search

    Archives
    « 4月 2014
      
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       
           
    今日