Solaris 8 Branded Zones (Project Etude)の始め方

Solaris 8 Branded Zones は、SPARC / Solaris 8 環境を Solaris 10 のひとつのコンテナ上で動かす為の技術で P2V (Physical to Virtual)環境が実現できます。

動作のイメージ図はこちら。 

 

早速、環境を作ります。Solaris 10 のコンテナを利用されている方、触ったことがある方であれば、簡単に環境を作ることができます。正式名称は Solaris 8 Migration Assistant 1.0 の名称で、パッケージは Sun Download Center からダウンロード可能となってます。
(評価ライセンスは90日間)

動作要件を確認すると Solarsi 10 8/07かつ 127111-01パッチが必須ですが、11月中旬現在の推奨パッチクラスタを適用すれば、127111-03 が適用され準備は完了です。

パッチの適用がうまくいっていれば、Kernel Jumbo Patch を以下の出力で確認できます。

bash-3.00# uname -a
SunOS tatsu04 5.10 Generic_127111-03 sun4u sparc SUNW,Sun-Blade-1000
 

パッケージ的には、以下の3点が付属しているのでマニュアルに従って pkgadd  します。

bash-3.00# ls
SUNWs8brandr/  SUNWs8brandu/  SUNWs8p2v/

bash-3.00# pkgadd -d . SUNWs8brandr
bash-3.00# pkgadd -d . SUNWs8brandu
bash-3.00# pkgadd -d . SUNWs8p2v


 

SUNWs8p2v は、物理マシン(Physical)で動いている Solaris 8 を仮想マシン(Virtual )に変換するためのパッケージでしょうか。

物理マシンで動作する Solaris 8 を Virtual への移行の際には、flash archive 経由でインストールします。今回は、Migration Assistant に付属の solaris8-image.flar を利用することとします。

【1】  zone の構成

bash-3.00# zonecfg -z s8-zone
zonecfg:s8-zone> create -t SUNWsolaris8
zonecfg:s8-zone> set zonepath=/export/home/s8-zone
zonecfg:s8-zone> set autoboot=true
zonecfg:s8-zone> add net
zonecfg:s8-zone:net> set address=10.14.16.97
zonecfg:s8-zone:net> set physical=eri0
zonecfg:s8-zone:net> end
(global zone と共有するディレクトリの設定もできます。)
zonecfg:s8-zone> verify
(問題なく構成できていれば、メッセージはでません。)
zonecfg:s8-zone> commit
zonecfg:s8-zone> exit

これで構成は終わりです。構成がうまくいっているかどうか(STATUS=configured)を確認します。

bash-3.00# zoneadm list -cv
  ID NAME          STATUS     PATH                           BRAND    IP
   0 global           running         /                                  native   shared
   - s8-zone        configured    /export/home/s8-zone     solaris8 shared

【2】  zone に flasharchive から、Solaris 8 イメージをインストール

bash-3.00# zoneadm -z s8-zone install -a /var/tmp/s8_image.flar
Log File: /var/tmp/s8-zone.install.21207.log
Source: /net/machinename/s8_image.flar
Installing: This may take several minutes...
Postprocessing: This may take a minute...
Result: Installation completed successfully.
Log File: /export/home/s8-zone/root/var/log/s8-zone.install.21207.log
    (省略)

【3】 起動と確認。

bash-3.00# zoneadm -z s8-zone boot
(初期起動時はホスト名と聞かれます。)
bash-3.00# zoneadm list -cv
  ID NAME             STATUS     PATH                           BRAND    IP
   0 global           running    /                              native   shared
   3 s8-zone          running    /export/home/s8-zone           solaris8 shared
bash-3.00# zlogin -C s8-zone
[ゾーン 's8-zone' コンソールに接続し���������������]
bash-2.03# uname -a
SunOS tatsu07 5.8 Generic_Virtual sun4u sparc SUNW,Sun-Blade-1000

というような表示を確認できます。

機能のまとめ

  • このツールを利用すると、Solaris 8 をサポートしていない最新の Sun 製ハードウェア上で Solaris 8 アプリを改修無しでの動作を確認することや、Solaris 8 ゾーンの中で Solaris 8 アプリを利用可能かどうかをGlobal zone から Dtrace を利用して確認可能です。
  • また、Solaris 8 Branded Zone と Global Zone の両Zone から共有可能な ZFS ファイルシステムを構成する事もできます。
  • Migration Assistant の名称通り、既存のSolaris 8 アプリケーションをSolaris 10 へ移行する際の支援ツールです。今後も注目の価値があるかもしれません。

Reference 

 









 


 




 


 

投稿されたコメント:

Solaris 9は、のっからないんでしょうか。。

Posted by indouxp on 12月月 10日, 2007年 at 08:39 午後 JST #

コメント
コメントは無効になっています。
About

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日