Solaris 10 から、NTFS ファイルシステムをマウントする方法

 最近の Solaris 10 (x86/x64版) ユーザは、開発業務を Solaris 10 で実施する等の目的の為、ノート・パソコンに Solaris 10 と Windows XP デュアルブート環境を構築し利用 している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 (デュアルブート環境の構築は他稿 に譲るとして・・・。)

 Solaris 10 は、正式に PCFS ファイルシステム( FAT や FAT32 )の マウント及び読み書きをサポートしています。ところが、Windows XP / Vista ではデフォルトのファイルシステムがNTFS を採用しているため、従前は Solaris / Windows の両 OS からファイルシステムを共有することができませんでした。

 今回は、 OpenSolaris の Distribution の ひとつである Belinix のサイトから、NTFS ファイル システム(ext2 ext3 もサポート)を read-only にてマウント可能にするためのパッケージと利用方法をご紹介し ます。

 (以下の作業は Solaris から行います。)


Belenix トップページ

Belenix のトップ ページから、Download を選択して以下の Misxallaneous Downloads の二つのパッケージ をダウンロードします。

 

後は、適当なディレクトリに解凍して、pkgadd するだけです。


# /usr/sfw/bin/gtar zxvf FSWfmisc.tar.gz
# pkgadd -d . FSWfmisc
# /usr/sfw/bin/gtar zxvf FSWpart.tar.gz
# pkgadd -d . FSWpart

利用方法

(1)まずは、fdisk パーティションを以下の手順で確認します。


# /usr/bin/prtpart
Fdisk information for device /dev/rdsk/c1d0p0
Block Size : 512 bytes
Controller : ide
Disk       : cmdk
Capacity   : 37 GB 

#  start block  # nblocks    startCylSecHd endCylSecHd   OSType
 1: 0000000068   0057303787     0/ 6/ 1    ff/ff/fe      IFS: NTFS
 2: 0057303855   0020820240    ff/ff/fe    ff/ff/fe      Solaris x86

# prtpart /dev/dsk/c1d0p0 -ldevs
Fdisk information for device /dev/dsk/c1d0p0
\*\* NOTE \*\*
/dev/dsk/c1d0p0      - Physical device referring to entire physical disk
/dev/dsk/c1d0p1 - p4 - Physical devices referring to the 4 primary partitions
/dev/dsk/c1d0p5 ...  - Virtual devices referring to logical partitions
Virtual device names can be used to access EXT2 and NTFS on logical partitions
/dev/dsk/c1d0p1 IFS: NTFS
/dev/dsk/c1d0p2 Solaris x86


(2) ファイルシステムに NTFS を指定して、マウントします。


# mount -F ntfs /dev/dsk/c1d0p1 /mnt

マウントポイントを確認すると NTFS がマウントされていることが確認できます。 


# ls /mnt
ADIST5J.PPD\*                System Volume Information/
AUTOEXEC.BAT\*               Update/
BOOTWIZ/                    WINDOWS/
CONFIG.SYS\*                 _rpcs/
CanonMP/                    boot.ini\*
Documents and Settings/     bootfont.bin\*
Downloads/                  bootwiz.sys\*
Drivers/                    gs/
IO.SYS\*                     gsview/
Infineon/                   hiberfil.sys\*
MSDOS.SYS\*                  ntdetect.com\*
MSOCache/                   ntldr\*
Program Files/              pagefile.sys\*
Python25/                   spoolerlogs/
RECYCLER/                   temp/
SunIT/


マウント状況を確認すると read-only でマウントされていることがわかります。


# mount
 ・
 ・
 ・
/mnt on 127.0.0.1:/ remote/read only/setuid/devices/port=43289/public/vers=2/proto=udp/xattr/dev=4d80001 on (水)  3月 26 11:35:56 2008

以上が簡単な利用方法になります。

こちらのパッケージは、ext2 / ext3 ファイルシステムも読むことが可能ですので、マルチブート環境でファイルのやりとりを実施する方は参考になさってください。正式な Solaris 10 のアップデートにて取り込まれることを期待したいところです。

<Reference URL>

<注意事項>

本稿で紹介した内容は、 Solaris 10 の正式サポート範囲外の手順になりますのでご了承下さい。また、環境の構築に際しては、バックアップ等を適切に実施し、利用は自己責任で行ってください。



 

 
 

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日