木曜日 5 17, 2012

満を持して登場!! Intel Xeon E5-2600搭載 Sun x86 M3 サーバー



 既にアナウンスされて一月経過している訳ですが、、、さる 2012年4月10日に Intel Xeon processor E5-2600搭載 「Sun x86」 M3 サーバーがアナウンスされました。


そして、昨日の2012年5月16日に「Sun x86」 M3 サーバー製品群の国内提供が開始されました!!。


 今回、Oracleから出荷が開始された新型「Sun x86」サーバー群は Intel の Romley プラットフォームアーキテクチャですので、他社がリリースしている E5-2600 プラットフォームと同じだろう?!っていうかどこも x86 サーバーについては基本 HW は同じ?っと思われる方が多いと思います。

 しかーし、今回出荷開始された「Sun x86」 M3 サーバーの中でも Sun Fire X4170 M3/Sun Fire X4270 M3 はちょっと違います。


 それは、Oracle のエンジニアリングが LVDIMM(メモリ) で Intel の POR (Plan-of-Record) に比べてより低い消費電力で高いパフォーマンス (DDR3-1600)* を提供することを可能にした点です。

 < *メモリのスピードは Processor の型番とメモリのランクに依存します >


 この Oracle 独自のエンハンスメントによって、他社よりも高いアプリケーションパフォーマンスと省電力性が提供できることをサーバーアーキテクチャの点で可能にしています。当然のことながら、オラクルのデータベース、ミドルウェア、業務アプリケーションに最適化することにより、高い性能と信頼性を提供します。

 また、通信事業者向け機器の仕様規定で最高レベルの「NEBS Level 3」の認定を受ける、電源安定性、電磁波放射、耐震性など安定運用に関わる高い水準を満たす Netra シリーズもありますので、選択肢はさらに広がります。

 そういった点で x86 サーバーのコストパフォーマンスや通信事業者様向け環境仕様にご興味がある方は是非、Oracle の 「Sun x86」 M3 サーバーをご検討いただきたいと思います。

 当然、Bladeタイプもありますのでこちらもよろしくです。

 M3 製品群を代表して Sun Fire X4170 M3/Sun Fire X4270 M3 の基本仕様を記載しておきます。


< Sun Fire X4170 M3 サーバー : 3タイプ >







  • Sun Fire X4170 M3 サーバー 基本仕様
    • Computing
      • 2 x Intel® Xeon® Processor E5-2600
      • 16 x DDR3-1600/1066 DIMM (Max 512 GB : 32GB DIMM 使用時)
    • I/O and Storage
      • 4 x PCIe 3.0 スロット ( Slot4 : インターナル用 )
      • SAS-2 & SATA-2 HDD/SSD ならびに DVD Drive の組み合わせは3タイプ(上記イメージ参照)
      • 6 x USB 2.0 ポート ( 2x フロント, 2x インターナル, x2 リア )
      • 4 x 10Gb Ethernet ポート
    • 可用性
      • ホットスプラグ対応ディスク
      • HW RAID 0,1,5,6,10,50,60 (w/ HBA)
      • ホットスワップ対応 2N(1+1) 電源, 600W
      • ホットスワップ対応 N+1 ファン
    • 管理
      • Oracle ILOM Service Processor 3.1
      • Solaris, Linux, OVM, Windows, VMWare
      • OHMP 2.2.1



    < Sun Fire X4270 M3 サーバー : 3タイプ >







  • Sun Fire X4270 M3 サーバー 基本仕様
    • Computing
      • 2 x Intel® Xeon® Processor E5-2600
      • 16 x DDR3-1600/1066 DIMM (Max 256 GB : 16GB DIMM 使用時)
    • I/O and Storage
      • 6 x PCIe 3.0 スロット
      • SAS-2 & SATA-2 HDD/SSD ならびに DVD Drive の組み合わせは3タイプ(上記イメージ参照)
      • 2 x 2.5” SAS-2 & SATA-2 リア HDD/SSD 搭載 (DVD-Drive無しのタイプ)
      • 6 x USB 2.0 ポート ( 2x フロント, 2x インターナル, x2 リア )
      • 4 x 10Gb Ethernet ポート
    • 可用性
      • ホットスプラグ対応ディスク
      • HW RAID 0,1,5,6,10,50,60 (w/ HBA)
      • ホットスワップ対応 2N(1+1) 電源, 1000W
      • ホットスワップ対応 N+1 ファン
    • 管理
      • Oracle ILOM Service Processor 3.1
      • Solaris, Linux, OVM, Windows, VMWare
      • OHMP 2.2.1

    USの製品ページはこちら。

  • About

    Search

    Archives
    « 5月 2012 »
      
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    25
    26
    27
    30
      
           
    今日