木曜日 5 31, 2012

ZFS Storage Appliance を ldap に連携させる

ZFS Storage Appliance を Openldap と連携してみます。
まず、ldap サーバーを用意します。今回は Solaris 11 の Openldap を前提に設定していきます。
下記の slapd.conf と、ldif ファイルにあるように user01 を作成します。
今回利用した slapd.conf

#
# See slapd.conf(5) for details on configuration options.
# This file should NOT be world readable.
#
include        /etc/openldap/schema/core.schema
include        /etc/openldap/schema/cosine.schema
include        /etc/openldap/schema/nis.schema

# Define global ACLs to disable default read access.

# Do not enable referrals until AFTER you have a working directory
# service AND an understanding of referrals.
#referral    ldap://root.openldap.org

pidfile        /var/openldap/run/slapd.pid
argsfile    /var/openldap/run/slapd.args

# Load dynamic backend modules:
 modulepath    /usr/lib/openldap
 moduleload    back_bdb.la
# moduleload    back_hdb.la
# moduleload    back_ldap.la

# Sample security restrictions
#    Require integrity protection (prevent hijacking)
#    Require 112-bit (3DES or better) encryption for updates
#    Require 63-bit encryption for simple bind
# security ssf=1 update_ssf=112 simple_bind=64

# Sample access control policy:
#    Root DSE: allow anyone to read it
#    Subschema (sub)entry DSE: allow anyone to read it
#    Other DSEs:
#        Allow self write access
#        Allow authenticated users read access
#        Allow anonymous users to authenticate
#    Directives needed to implement policy:
# access to dn.base="" by * read
# access to dn.base="cn=Subschema" by * read
# access to *
#    by self write
#    by users read
#    by anonymous auth
#
# if no access controls are present, the default policy
# allows anyone and everyone to read anything but restricts
# updates to rootdn.  (e.g., "access to * by * read")
#
# rootdn can always read and write EVERYTHING!

#######################################################################
# BDB database definitions
#######################################################################

database    bdb
suffix        "dc=oracle,dc=com"
rootdn        "cn=Manager,dc=oracle,dc=com"
# Cleartext passwords, especially for the rootdn, should
# be avoid.  See slappasswd(8) and slapd.conf(5) for details.
# Use of strong authentication encouraged.
rootpw        secret
# The database directory MUST exist prior to running slapd AND
# should only be accessible by the slapd and slap tools.
# Mode 700 recommended.
directory    /var/openldap/openldap-data
# Indices to maintain
index    objectClass    eq 

ユーザ等を設定するldifファイル

dn: dc=oracle,dc=com
objectClass: dcObject
objectClass: organization
dc: oracle
o: oracle

dn: cn=Manager,dc=oracle,dc=com
objectClass: organizationalRole
cn: Manager

dn: ou=People,dc=oracle,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: People

dn: ou=Group,dc=oracle,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: Group 

dn: uid=user01,ou=People,dc=oracle,dc=com
uid: user01
objectClass: top
objectClass: account
objectClass: posixAccount
objectClass: shadowAccount
cn: user01
uidNumber: 10001
gidNumber: 10000
homeDirectory: /home/user01
userPassword: secret
loginShell: /bin/bash
shadowLastChange: 10000
shadowMin: 0
shadowMax: 99999
shadowWarning: 14
shadowInactive: 99999
shadowExpire: -1

ldapサーバーの準備ができたら、ZFS Storage Appliance側の設定です。
Configuration > SERVICES > LDAP で、Base search DN とldapサーバーを登録します。

こちらは ldap サーバーに登録した user01 用のシェアを作成したところです。
認証ができないユーザーを user の欄に記載しても、 Unknown or invalid user という警告とともに設定が失敗します。

次にクライアントの設定をします。Solaris 11 の例を簡単に紹介します。
サービスの起動と、参照する ldap サーバの登録後、getent コマンドで確認という流れです。


# svcadm enable svc:/network/nis/domain:default
# svcadm enable ldap/client

# ldapclient manual -a authenticationMethod=none -a defaultSearchBase=dc=oracle,dc=com -a defaultServerList=192.168.56.201

System successfully configured

# getent passwd user01
user01:x:10001:10000::/home/user01:/bin/bash

あとはマウントして user01 で書き込みのテストをします。


# mount -F nfs -o vers=3 192.168.56.101:/export/user01 /mnt
# su user01
bash-4.1$ cd /mnt
bash-4.1$ touch aaa
bash-4.1$ ls -l
total 1
-rw-r--r--   1 user01   10000          0 May 31 04:32 aaa

以上、簡単に ldap サーバーとの連携とクライアントからの接続ができました!

火曜日 5 29, 2012

Ops Center 12c と Sun ZFS Storage Appliance

Ops Center 12c から ZFS Storage Appliance はどうみえるかな、というのを少し紹介します。


スクリーンショット

ダッシュボード画面です。

ダッシュボード画面の続きです。上記画面から下にスクロールしたところです。
データサービスの起動状態やShareの情報が表示されています。

ハードウェアの画面です。

リソースの利用率のチャート画面です。

今回はさわりだけですが、次回はもうすこし色々と紹介していきたいと思います。

月曜日 5 28, 2012

Solaris11 で Openldap

Solaris11 に入っている openldap を使うための手順を簡単に紹介します。
とりあえず、何もしないで起動してみます。

#svcs svc:/network/ldap/server:openldap_24
STATE          STIME    FMRI
disabled       10:23:35 svc:/network/ldap/server:openldap_24

#svcadm -v enable svc:/network/ldap/server:openldap_24
svc:/network/ldap/server:openldap_24 enabled.

#svcs svc:/network/ldap/server:openldap_24
STATE          STIME    FMRI
maintenance     2:06:57 svc:/network/ldap/server:openldap_24
と失敗していますので、ログをチェックします。
#cat /var/svc/log/network-ldap-server:openldap_24.log
[ May 28 02:06:57 Enabled. ]
[ May 28 02:06:57 Executing start method ("/lib/svc/method/ldap-olslapd start")
. ]
/lib/svc/method/ldap-olslapd[30]: exec: /usr/lib/slapd: cannot execute 
[Permission denied]
[ May 28 02:06:57 Method "start" exited with status 126. ]
slapd の実行パーミッションがないというエラーです。実際見てみると、確かに実行できません。
#ls -l /usr/lib/slapd
-r--r--r--   1 root     bin      2555316 Oct 20  2011 /usr/lib/slapd
パーミッションを変更して、サービスを起動しなおしますがまた起動失敗となります。
#svcs svc:/network/ldap/server:openldap_24
STATE          STIME    FMRI
maintenance     2:11:06 svc:/network/ldap/server:openldap_24

#cat /var/svc/log/network-ldap-server:openldap_24.log 
[ May 28 02:10:55 Leaving maintenance because disable requested. ]
[ May 28 02:10:55 Disabled. ]
[ May 28 02:11:05 Enabled. ]
[ May 28 02:11:05 Executing start method ("/lib/svc/method/ldap-olslapd start").
 ]
[ May 28 02:11:06 Method "start" exited with status 1. ]
これだけだと分かりにくいのですが、status 1 ということで起動できていません。
そこで /lib/svc/method/ldap-olsapd と /etc/openldap/slapd.conf の下の方をみてみると、、(下は一部抜粋です)
[ldap-olsapd]
            :
typeset -r LDAPUSR=openldap
typeset -r LDAPGRP=openldap
            :
typeset -r SLAPD="/usr/lib/slapd -u ${LDAPUSR} -g {LDAPGRP} -f ${CONF_FILE}"
            :
[slapd.conf]
            :
# The database directory MUST exist prior to running slapd AND
# should only be accessible by the slapd and slap tools.
# Mode 700 recommended.
directory    /var/openldap/openldap-data 
            :
とあり、database directory の /var/openldap/openldap-data にユーザーopenldap、グループopenldapで書き込み できるようになっている必要があります。ここを見てみると、
ls -la /var/openldap             
total 14
drwxr-xr-x   4 root     bin            4 Oct 20  2011 .
drwxr-xr-x  42 root     sys           43 Nov  3  2011 ..
drwxr-xr-x   2 root     bin            3 Nov  3  2011 openldap-data
drwxr-xr-x   2 root     bin            2 Oct 20  2011 run
このようにディレクトリが openldap ユーザで書き込みできないようになっています。
このディレクトリの Owner/Group を変更して再度サービスを起動します。
# chown -R openldap:openldap openldap
# svcs svc:/network/ldap/server:openldap_24
STATE          STIME    FMRI
online          4:56:54 svc:/network/ldap/server:openldap_24

以上、無事起動することができました!

木曜日 5 24, 2012

Sun ZFS Storage Appliance 2011.1.3 ファームウェア

先日、Sun ZFS Storage Appliance / Backup Appliance 用のファームウェアのマイナーアップデートがリリースされました。

Release Note などはこちらにあります。
Software Updates

マイナーアップデートなので、機能的な拡張はそれほどはいっていませんが、いくつか紹介したいと思います。

Analytics のデータ保持期間設定

Analytics のデータは Boot Disk に記録されていきますが、多数の監視点を長年撮り続けると、かなり膨大なデータ量になり 閲覧も大変で、容量も圧迫してしまいます。
今回のアップデートで、データの粒度(秒単位、分単位、時間単位のデータ)ごとにどれくらいの期間保存するかを設定 できるようになりました。


Analytics のデータセットの部分消去

また、データセットごと(例えば、CPUの使用率や、DiskのIOPSなど)の単位で古いデータを一部削除といったこともできるようになりました。 いままでは、全部消去か残しておくかだけでしたので、非常に多くの監視点を設定していても過去のデータによるディスク消費をコントロール できるようになり、より監視・管理がしやすくなっています。

Exadata Backup について Online Help に追加

Application Integration の項目に Exadata Backup の際の設定等が追加されました。

木曜日 5 17, 2012

満を持して登場!! Intel Xeon E5-2600搭載 Sun x86 M3 サーバー



 既にアナウンスされて一月経過している訳ですが、、、さる 2012年4月10日に Intel Xeon processor E5-2600搭載 「Sun x86」 M3 サーバーがアナウンスされました。


そして、昨日の2012年5月16日に「Sun x86」 M3 サーバー製品群の国内提供が開始されました!!。


 今回、Oracleから出荷が開始された新型「Sun x86」サーバー群は Intel の Romley プラットフォームアーキテクチャですので、他社がリリースしている E5-2600 プラットフォームと同じだろう?!っていうかどこも x86 サーバーについては基本 HW は同じ?っと思われる方が多いと思います。

 しかーし、今回出荷開始された「Sun x86」 M3 サーバーの中でも Sun Fire X4170 M3/Sun Fire X4270 M3 はちょっと違います。


 それは、Oracle のエンジニアリングが LVDIMM(メモリ) で Intel の POR (Plan-of-Record) に比べてより低い消費電力で高いパフォーマンス (DDR3-1600)* を提供することを可能にした点です。

 < *メモリのスピードは Processor の型番とメモリのランクに依存します >


 この Oracle 独自のエンハンスメントによって、他社よりも高いアプリケーションパフォーマンスと省電力性が提供できることをサーバーアーキテクチャの点で可能にしています。当然のことながら、オラクルのデータベース、ミドルウェア、業務アプリケーションに最適化することにより、高い性能と信頼性を提供します。

 また、通信事業者向け機器の仕様規定で最高レベルの「NEBS Level 3」の認定を受ける、電源安定性、電磁波放射、耐震性など安定運用に関わる高い水準を満たす Netra シリーズもありますので、選択肢はさらに広がります。

 そういった点で x86 サーバーのコストパフォーマンスや通信事業者様向け環境仕様にご興味がある方は是非、Oracle の 「Sun x86」 M3 サーバーをご検討いただきたいと思います。

 当然、Bladeタイプもありますのでこちらもよろしくです。

 M3 製品群を代表して Sun Fire X4170 M3/Sun Fire X4270 M3 の基本仕様を記載しておきます。


< Sun Fire X4170 M3 サーバー : 3タイプ >







  • Sun Fire X4170 M3 サーバー 基本仕様
    • Computing
      • 2 x Intel® Xeon® Processor E5-2600
      • 16 x DDR3-1600/1066 DIMM (Max 512 GB : 32GB DIMM 使用時)
    • I/O and Storage
      • 4 x PCIe 3.0 スロット ( Slot4 : インターナル用 )
      • SAS-2 & SATA-2 HDD/SSD ならびに DVD Drive の組み合わせは3タイプ(上記イメージ参照)
      • 6 x USB 2.0 ポート ( 2x フロント, 2x インターナル, x2 リア )
      • 4 x 10Gb Ethernet ポート
    • 可用性
      • ホットスプラグ対応ディスク
      • HW RAID 0,1,5,6,10,50,60 (w/ HBA)
      • ホットスワップ対応 2N(1+1) 電源, 600W
      • ホットスワップ対応 N+1 ファン
    • 管理
      • Oracle ILOM Service Processor 3.1
      • Solaris, Linux, OVM, Windows, VMWare
      • OHMP 2.2.1



    < Sun Fire X4270 M3 サーバー : 3タイプ >







  • Sun Fire X4270 M3 サーバー 基本仕様
    • Computing
      • 2 x Intel® Xeon® Processor E5-2600
      • 16 x DDR3-1600/1066 DIMM (Max 256 GB : 16GB DIMM 使用時)
    • I/O and Storage
      • 6 x PCIe 3.0 スロット
      • SAS-2 & SATA-2 HDD/SSD ならびに DVD Drive の組み合わせは3タイプ(上記イメージ参照)
      • 2 x 2.5” SAS-2 & SATA-2 リア HDD/SSD 搭載 (DVD-Drive無しのタイプ)
      • 6 x USB 2.0 ポート ( 2x フロント, 2x インターナル, x2 リア )
      • 4 x 10Gb Ethernet ポート
    • 可用性
      • ホットスプラグ対応ディスク
      • HW RAID 0,1,5,6,10,50,60 (w/ HBA)
      • ホットスワップ対応 2N(1+1) 電源, 1000W
      • ホットスワップ対応 N+1 ファン
    • 管理
      • Oracle ILOM Service Processor 3.1
      • Solaris, Linux, OVM, Windows, VMWare
      • OHMP 2.2.1

    USの製品ページはこちら。

  • About

    Search

    Archives
    « 5月 2012 »
      
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    25
    26
    27
    30
      
           
    今日