木曜日 4 12, 2012

Sun ZFS Backup Appliance 登場!

昨日、Sun ZFS Backup Appliance が発表されました。
Exadata の D2D バックアップ用途の位置づけで、 High Capacity と High Performance の 2 つのモデルがあります。いづれも、SunRack 1242 に搭載されています。
管理機能などは ZFS Storage Appliance と同じですので、簡単に管理できる Web ベースのツールが使用可能で、Analytics などの機能もばっちり使えます。
ハードウェアのスペックは以下のようになっています。

High CapacityHigh Performance
コントローラ
搭載数 2 (クラスタ構成) 2 (クラスタ構成)
CPU Intel Xeon E7-4820 (8-core, 2GHz)x4 Intel Xeon E7-4820 (8-core, 2GHz)x4
メモリ 256GB 256GB
インターフェース QDR Infiniband, 10Gbe, 1Gbe(それぞれ 4 ポートずつ搭載) QDR Infiniband, 10Gbe, 1Gbe(それぞれ 4 ポートずつ搭載)
ディスクシェルフ
ディスク容量(Raw) 132TB 55TB
ディスクシェルフ数 2 (最大 22 シェルフ増設可能) 4 (最大 22 シェルフ増設可能)
ディスクタイプ 3TB 7200rpm 600GB 15000rpm
書き込みキャッシュ本数 4 4

また、ソフトウェアのプラグインを使うことにより、ZFS Backup Appliance の設定と Exadata の設定がコマンドラインで一括してできるようになります。
これにより、さらに簡単にバックアップ・リストアの環境を構築することができます。
OTN よりダウンロード可能で、マニュアルもダウンロードパッケージの中に含まれています。

Oracle Exadata Backup Configuration Utility v1.0.1
Oracle ZFS Storage Appliance Plugin Downloads

USの製品ページはこちら。
About

Search

Archives
« 4月 2012 »
3
4
5
6
8
9
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
       
今日