X

Oracle Solaris, Oarcle ハードウェア製品に関する情報

  • Sun
    October 28, 2009

Calendar Server 7 を iPhone から使ってみよう

Guest Author

サンは今年9月末にCommunications Suite 7 を新しく発表しました。


今回は、その Communications Suite 7 に含まれる新しい CalDAV 対応カレンダサーバである Calendar Server 7 をインストール・設定し、iPhone,
Thunderbird Lightining から利用してみましょう。


Calendar Server 7 のインストールシナリオを確認すると、カレンダサーバのインストールには下記の手順が必要になります。



  1. Directory Server のインストール

  2. GlassFish Enterprise Server 2.1 のインストール

  3. Calendar Server と MySQL のインストール

  4. MySQL の設定

  5. Calendar Server の設定


また、Calendar Server のユーザ管理には Delegated Administrator が使えます。


Delegated Administrator では、Access Manager を利用する Schema 2 を利用する構成方法と、Access Manager を使わず Directory Server だけで利用できる Schema 1 を利用する構成方法があります。


今回は単純に Calendar Server のみ使えれば良いので、Scheme 1 を利用する設定にて Delegated Administrator をインストールしましょう。



  1. ソフトウェアの入手

  2. Directory Server のインストール

  3. GlassFish Enterprise Server 2.1 のインストール

  4. Delegated Administrator のインストール

  5. Calendar Server と MySQL のインストール

  6. MySQL の設定

  7. Calendar Server の設定
  8. カレンダユーザの作成

  9. iPhone からの設定

  10. Thunderbird Lightning からの設定


1. ソフトウェアの入手


まずは、入手先より Communications Suite 7, GlassFish Enterprise Server 2.1 Patch 02, Directory Server 6.3.1 をダウンロードします。



sw-79# pwd
/var/tmp/Comm7
sw-79# ls
126748-05.zip ci-7.0-0.02-SunOS_sparc.zip
DSEE.6.3.Solaris-Sparc-full.tar.gz sges_ee-2_1-p02-solaris-sparc.bin
sw-79#

2. Directory Server のインストール


Direcotry Server は、Communications Suite 7 Installation Scenario - Directory Server に沿って、インストールします。


インストールログへのリンク

3. GlassFish Enterprise Server 2.1 のインストール


GlassFish
も同様に、Communications Suite 7 Installation Scenario - GlassFish Enterprise Server に沿って、インストールします。


JDK6 がインストールされていない場合は、入手先よりパッケージをダウンロードしてドキュメントを参考にインストールしてください。


インストールログへのリンク

4. Delegated Administrator のインストール・設定


Delegated Administrator は、Direct LDAP モードで設定するので、下記のログを参考にインストールしてください。


インストール・設定が完了したら http://hostname:8080/da にて管理画面にログインできます。


インストールログへのリンク

5. Calendar Server と MySQL のインストール


インストールログへのリンク

6. MySQL の設定


設定ログへのリンク

7. Calendar Server の設定


設定ログへのリンク

8. カレンダユーザの作成


DAの管理画面(http://hostname:8080/da)より、サービスパッケージを割り当ててユーザを作成しましょう。


まず、組織にサービスパッケージを割り当てます。







次に、サービスパッケージを割り当てたユーザを作成します。








9. iPhone からの設定


※ クライアント設定はこのドキュメントが参考になります。


設定 -> メール -> アカウントを追加を選びます。



その他を選びます。



CalDAV アカウントを追加を選びます。



サーバ欄にアカウント URL を設定・ユーザ名とパスワードを設定します。


※ 今回のテストではアカウント URL は、http://sw-79.japan.sun.com:8080/davserver/dav/principals/japan.sun.com/test1/ になります。




サーバ欄には、URL では無く、サーバ名が表示されます。



詳細設定を確認すると、ポート番号と URL が入力されている事を確認できます。



カレンダアプリを起動するとサーバが追加されていることが確認できます。



テストの予定を追加してみましょう。




10. Thunderbird Lightning からの設定


※ クライアント設定はこのドキュメントが参考になります。


Lightning から新しいカレンダを登録します。



CalDAV を選んで、URL を入力します。


※ 今回のテストではアカウント URL は、http://sw-79.japan.sun.com:8080/davserver/dav/home/test1@japan.sun.com/calendar になります。




設定を終えると、ユーザ名とパスワードを入力するウィンドウが開きます。



ただしく、ログインできると iPhone から入力したテストの予定が確認できます。



まとめ


以上で設定は終了です。


このように、新しいカレンダサーバは標準規格である CalDAV をサポートしているため、今回設定した iPhone, Lightning のほかにも Apple の iCal など多様なクライアントから利用可能です。


ぜひ新しい、カレンダサーバをお試し下さい!

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.