X

An Oracle blog about WebLogic Channel

WebLogic Server勉強会のLTセッション&お悩み相談室

WebLogic勉強会 通信

WebLogic Serverファンの皆様、こんにちは、WebLogic Server勉強会通信です。

8月21日に開催された「第39回WebLogic Server勉強会@東京」の後半セッションをレポートします。Lightning Talksセッションでは、初めにCTCの橋本さんが、SSLがどのような意味を持って、どのように活用すべきか?サーバ証明書(発行されるもの)とCA証明書(認証局)の関係などのポイントを説明されました。「Oracle WebLogic Serverにおける証明書のインストール方法、及び、SSL 設定」(伊藤忠テクノソリューションズ 橋本 和俊氏)。次は岡田さんがWebLogic Server 12.1.2で新たに追加された動的クラスタ機能の概要を紹介しました。最後はいつもの「お悩み相談室」です。
(日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 佐々木 政和)

CTCの橋本氏 LT講演

初めに会場内参加者に質問。「SSLを使っている人は?」
手が挙がる割合はあまり多くなく、使っている人はあまりいない模様。
「では、WebLogic ServerでSSLを使っている方は?」、さらに少くなり....
そこで橋本さんは、「SSLの設定の資料を準備してきたのですが、そもそも
SSLはどのようなものかを中心に説明します、現在SSLをあまり使っていない場合でも、
今後必要な場合に役立つでしょう。」ということでスタート。

SSLの概要

Secure Sockets Layer (SSL)は、ネットワークを介して接続する2つのアプリケーションが互いのIDを
認証できるようにするとともに、アプリケーション間で交換されるデータを暗号化することで、
セキュアな接続を実現します。認証を使用すると、サーバは(場合によってはクライアントも)
ネットワーク接続の相手側アプリケーションのIDを検証できます。
ネットワーク経由で送信されるデータは暗号化されるので、予定されている宛先以外には解釈できません。

橋本さんは、サーバ証明書(発行されるもの)とCA証明書(認証局)について、次のように例えました。
会場に「人を認識するためには、どうするか?」と問いました。普段の生活の中では、「運転免許証を見せる」ことを
イメージすると分かりやすいですね。この場合、免許証がサーバ証明書に相当し、CA証明書(認証局)は
免許証を発行している国になります。つまり、国が発行している運転免許証の記載事項は正しいと証明できるので、
それを使用すると本人確認が出来ることになります。
(なお、橋本さん日本酒検定の資格を持っているとのことですが、その資格を知っている人が少ないので
証明書としては不向きということです。)

WebLogic ServerのSSLの設定手順

どの製品もほぼ同じ手順です。tomcat, Oracle iASなども同じなので、基本手順を
覚えると便利です。詳細は「Oracle WebLogic Serverにおける証明書のインストール方法、及び、SSL 設定」をご覧ください。

WebLogic Server12.1.2を使ってみました。

次のスピーカは岡田さんです。まず、7月にリリースされた12.1.2バージョン
について、インストーラが変わったこと、HTML 5やOracle Database 12cに対応
したなどの新機能に加えて、「クラスタの設定が変わった!」という説明がありました。

これまではサーバを定義してからクラスタを定義する流れが、新機能の「動的クラスタ」は
サーバテンプレート内容を見て、WebLogic Serverが実行時にクラスタのサーバの設定を行うので
クラスタ利用者にとっては運用が楽になり非常に便利な機能です。JMSの場合は、動的クラスタを使うと、
サーバごとに設定する必要が無く、自動的にクラスタメンバーを増やしたり減らしたりしてくれます。

また、JTAの設定はクラスタ単位で設定可能、トランザクションタイムアウトの設定が可能
(これまではドメイン単位)になりました。動的クラスタの機能については、9月26日開催予定の
WebLogic Server勉強会で行いますのでお楽しみに。

お悩み相談室


今月は下記の質問に「WebLogic Server勉強会チーム」から回答しました。現場で困っていることなどありましたら、何でも構いませんので質問してください。次回も皆様からのご質問お待ちしています。


  • 1.JRockitにあったjrcmdがjcmdとしてJavaSE7に加わってますが、微妙に違っていて戸惑います。ぜひ使い方を教えてください。。。


  • 2.JVMの標準出力ログの推奨するローテーション方式


  • 3.WebLogic Serverの運用管理を行うには、やっぱり、Javaで開発できるスキルもないと難しいでしょうか?(自分はインフラ・システム運用専門なので言語による開発がほぼできない・・・)


  • 4.Weblogic Server 11gR1の環境で、APサーバ(Linux CentOS5.8 64bit)のメモリ使用量が膨れあがる。定期的にjava(FWはseasar2)のFULL_GCは行っているが、サーバのメモリ使用量はWebLogic Serverの再起動を行わないと解消されないという事象が発生しております。どのような原因が考えられるかご教示いただければと思っております。


  • 5.メモリのチューニングについて知りたいと思っています。


  • 6.WebLogic Serverって、おいくらですか?
  • (写真左からCTCの山田さん、オラクル岡田さん、CTCの橋本さん、オラクルの浅沼さん)




    Be the first to comment

    Comments ( 0 )
    Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.