X

An Oracle blog about WebLogic Channel

WebLogic Serverインストールとドメイン構成入門

WebLogic勉強会 通信

WebLogic Serverファンの皆様、こんにちは、WebLogic Server勉強会通信です。

11月13日にイベント「WebLogic Server勉強会@大阪」が開催されました。大阪では3カ月に1回の頻度で開催されています。今回のテーマは、第114回 夜な夜な! なにわオラクル塾 -WebLogic Serverを基礎から学ぶシリーズ第1弾 ~インストールとドメイン構成入門です。講師は日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部の野邊 哲男さんです。資料は、「WebLogic Serverインストールとドメイン構成入門」です。WebLogic Serverの初心者向けにドメイン管理の基礎やドメインの構成要素についての説明と、要件や状況に応じたWebLogic Serverのドメイン構成例の解説とデモが行われました。最後に恒例の「Quiz」も行われましたので、トピックスとQuiz内容を簡単にレポートします。(日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 佐々木 政和)

WebLogic Serverとは


WebLogic Serverとは、を説明した図です。

WebLogic ServerとJava EE


WebLogic Serverの進化を見ると、Java EE仕様準拠の歴史でもあることが分かります。

問題1:WebLogic ServerとJava EE


Quizの第1問目はWebLogic ServerとJava EEに関する下記の問題でした。

解答1:WebLogic ServerとJava EE


第1問目のQuizの正解は3.です。1. は間違い。WebLogic Serverは企業向けのWebアプリケーションサーバですので、各種のニーズに応えるために一部、独自の拡張機能を提供しています。2.は間違い。Javaの仕様はJCP(Java Community Process)で規定されたプロセスで決定されます。4.は間違い。上図のようにJDKとWebLogic Serverのバージョンはそれぞれ対応関係があります。

問題2:インストールとConfiguration Wizard


Quizの第2問目は最新WebLogic Server 12.1.2に関する問題でした。

解答2:インストールとConfiguration Wizard


正解は1.と2.です。3.は間違い。サイレントモードでも、インストールコンポーネントを選択できます。4.は間違い。WebLogic Server 12.1.2のConfiguration Wizardはコンソールモード、サイレントモードをサポートしていません。GUIが無い環境では、WLSTを使用してください。

問題3:ドメインの作成


Quizの第3問目はドメインの作成に関する問題でした。

解答3:ドメインの作成


正解は4.です。1.は間違い。ドメインには複数のサーバを構成することが出来ます。2.は間違い。開発環境のドメインでも本番環境同様に管理対象サーバを構成できます。ただし、開発モードでは管理サーバのみ使用してアプリケーション開発を行うのが一般的です。3.は間違い。AdminServer以外の名前を付けることができます。

まとめ


当日は全部で5問出題させていただきました。セッションの内容で重要だと思われる点や特に間違いやすい点をQuiz形式で再確認するために今後も継続する予定です。Quizの結果によりプレゼントも用意しております。ぜひ、チャレンジお願いします。次回のWebLogic Server勉強会@大阪は2014年2月開催の予定です(次回の東京開催、第41回WebLogic Server勉強会@東京は来週11月27日です)。お楽しみに。



Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.