X

An Oracle blog about WebLogic Channel

はじめてのJava EEアプリケーション開発(第2回)開催間近

WebLogic勉強会 通信

WebLogic Serverファンの皆様、こんにちは、WebLogic Server勉強会通信です。
2014年6月24日に
「第48回WebLogic Server勉強会@東京」
が開催されます。
前半は「はじめてのJava EEアプリケーション開発シリーズ」(全4回)の第2回です。

5月27日に開催された「第1回 Java EE&WebLogic Server入門」

はWeb アプリケーションとは何か、Javaの特長、企業向けアプリケーションのフレームワークなどの
Java EE入門編、それから、環境準備としてWebLogic Serverのインストール、ドメイン作成、サーバーの起動や停止など
WebLogic Server入門編を合わせて行いました。今回から、いよいよJava EEアプリケーションの開発がスタートします。
JSF(JavaServer Faces)を使用して、ユーザインタフェースを開発します。前回参加できなかった方、
第2回からの参加も大歓迎です。
(日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 佐々木 政和)

第1回 Java EE & Oracle WebLogic Server入門のクイックレビュー

アプリケーション・サーバとは

企業向けのアプリケーションは、ユーザ数が多く大量のリクエストを
迅速かつ確実に処理することが求められます。
また、データベースなどのリソースを効率良く使用するなど
無駄を極力排除した設計や実装が必須です。
このような要件に応えるためにアプリケーションサーバが役立ちます。
企業システムのオンラインアプリケーションやメッセージ交換システムは、
基本的な「リクエスト処理フロー」や「メッセージの蓄積・転送方法」など
アプリケーションの共通点も多くあります。
このような汎用の機能をうまく仕様策定して、実装できれば、
アプリケーションの開発=ビジネスロジックの開発の図式が成立します。
アプリケーション・サーバの主な目的は、アプリケーション開発者から
リソースアクセスやトランザクション管理などの共通処理を
切り離し、ビジネスロジックの開発に注力させることです。
Oracle WebLogic Serverの最新版は、Java EE 6に準拠したアプリケーションを
実行するためのミドルウェアで、Java EE 仕様にもとづくアプリケーション
サーバです。

Java EE 6でのアプリケーション開発

Java EE 6の仕様は、JSR-000316 JavaTM Platform, Enterprise Edition 6 (Final Release)に
記述されています。JSF 2.1(リッチなユーザインタフェースの効率的な開発を実現するWebアプリケーション・フレームワーク)、Servlet3.1(冗長な設定・コード記述の削減により開発生産性を向上や非同期ServletによるAjax対応)、
EJB3.1(冗長な設定・コード記述の削減により開発生産性を向上、より柔軟な制御機能の追加)、
JAX-RS(容易なサービス公開を実現するWebサービス標準仕様)、
CDI(レイヤ間の疎結合化による柔軟性を向上するDIフレームワーク標準仕様)など。

これから作成するアプリケーション


第2回、第3回、第4回で上記のWebアプリケーションを開発します。第2回JSF (JavaServer Faces),
第3回EJB(Enterprise JavaBeans)とCDI(Context Dependency Injection)、
第4回JPA(Java Persistent API)。毎回特長およびそれぞれのプログラミング方法について解説します。
それぞれの仕様について初心者向けに解説します。また後日デモ環境をダウンロードすることで実際に体験することができます。

WebLogic Server入門

第2回以降に実行環境として使用するWebLogic Serverの概要の説明がありました。
まず、WebLogic Serverをインストールして、ドメインを作成し管理コンソールを起動してみましょう。
関連マニュアル
「インストール・プログラムの起動」
をご参照ください。

「第48回WebLogic Server勉強会@東京」参加申し込み受付中

2014年6月24日に
「第48回WebLogic Server勉強会@東京」
が開催されます。下記のアジェンダで開催します。
皆様のご参加をお待ちしています。

「はじめてのJava EEアプリケーション開発シリーズ: 第2回JSF入門」

JSF (JavaServer Faces)は、Webアプリケーションのユーザインタフェースを開発するための仕様です。Webアプリのユーザインタフェースの要件、JSFの特長と構 成、画面遷移を説明します。また、JSF画面コンポーネント、入力値が適正な範囲かどうかなどをチェックするバリデーション機能、Ajax対 応などを解説します。



日本オラクル オラクルユニバーシティ 岡田 大輔

「OutOfMemoryError の対応方法/Heap 分析ツール(MAT)の使い方」

Javaアプリケーションのトラブルシューティング(特にOOME)や性能評価の際にヒープサイズを調整したり、プログラムが使用するメモリ 量を分析することが有効です。初心者向けにメモリリークを発見するための「Eclipse Memory Analyzer(MAT)」の使い方を紹介します。



伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ソリューションビジネス部 橋本 和俊氏

「お悩み相談室、Q&A」

「WebLogic Serverに関する疑問、質問」に答えるセッションです。



(回答者)WebLogic Server勉強会チーム



Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.