Monday May 12, 2008

Project WebSynergy on OpenSolaris 2008.05

Project WebSynergy のページ

Project WebSynergy is known to work on the following OS platforms:

portal: Installing and Using Project WebSynergy

とあったので, とりあえず入れてみた.

Project WebSynergy on OpenSolaris 2008.05

なお, SUNWj6dev とかを OpenSolaris 2008.05 のインストール後に追加する必要があるので要注意. やりかたはこんな感じ↓

$ pkg install -v SUNWj6dev SUNWj6cfg SUNWj6man SUNWj6dmo
Before evaluation:                    
UNEVALUATED:
+pkg:/SUNWj6dev@0.5.11,5.11-0.86:20080426T174949Z
+pkg:/SUNWj6cfg@0.5.11,5.11-0.86:20080426T174949Z
+pkg:/SUNWj6man@0.5.11,5.11-0.86:20080426T175029Z
+pkg:/SUNWj6dmo@0.5.11,5.11-0.86:20080426T175002Z

After evaluation:
None -> pkg:/SUNWj6dev@0.5.11,5.11-0.86:20080426T174949Z
None -> pkg:/SUNWj6cfg@0.5.11,5.11-0.86:20080426T174949Z
None -> pkg:/SUNWj6man@0.5.11,5.11-0.86:20080426T175029Z
None -> pkg:/SUNWj6dmo@0.5.11,5.11-0.86:20080426T175002Z
None
DOWNLOAD                                    PKGS       FILES     XFER (MB)
Completed                                    4/4   1900/1900   70.40/70.40 

PHASE                                        ACTIONS
Install Phase                              2354/2354 
$ 

Saturday Mar 01, 2008

Solaris Express Community Edition Build 83 available

Solaris Express Community Edition DVD - Build 83a

あ゛ー, SXCE Build 83 が出ちゃったのかー.

	Please find the links to SXCE Build 83 at:

         http://www.opensolaris.org/os/downloads/on/

[osol-announce] SXCE Build 83 available

先日書いた通り, 今月再開予定の某連載の実行環境はいま Build 82 ベースなんだけど, 追随するべき? GlassFish と OpenSSO を動かす程度であればたぶんどっちでもオッケーだと思うんだけど, もしそういう用途であっても Build 83 に移行したほうがいいという決定打があればご教示くださいませ.

Tuesday Feb 19, 2008

Solaris Express Community Edition Build 82 on VirtualBox for OS X Hosts Beta 3

Solaris on VirtualBox

いい感じ. 某連載の実行環境として使おうかな.

Friday Mar 30, 2007

ガバナンス & コンプライアンス・ソリューション・ミーティング Day 2

SolutionSessions_20070329

ミーティングの二日目は朝 9:00 スタート. 今日はソリューションのいくつかについてそれぞれの担当者から説明を聞き, そして Sun の IT 統制担当者による SOX 法遵守事例のプレゼンテーションを受けた. ちょっと書けないことも多いので, 以下は若干ぼやかしつつ:

まずソリューションに関していえば, むこうの人の作ってるアイデンティティ管理の統合デモンストレーションの出来がかなりいい感じ. 「動作確認デモ」 としてだけではなく, PoC (Proof of Concept: 概念実証) / プロトタイピングのベースとしても活用可能, とのこと. あと Sun C2MS も, ユーザから透過的なところと, スケールさせやすいアーキテクチャがなかなかよさげ. そのほかに Solaris 10 のセキュリティ機能も, IT 統制の観点からいま一度フォーカスしてもいいかも.

SOX @ Sun のほうもいろいろあるけど, Year 3 Year 2 (04/13/2007 訂正: Sun は昨年 Year 2 終わったとこで, いまが 3 年目でした) までを経験したいま, IT 統制においていちばん重要なのは 「変更管理 (Change Management) とアクセス管理 (Access Control)」 だそうだ. このへんの話はまた明日もやる予定.

おまけ: 昼休み中, SAP on Solaris の統制についてアツく議論を交わしてた, 国谷さん野々上さん.

Kuniya-san and Nonogami-san

Tuesday Nov 21, 2006

Solaris Enterprise System 仮想アプライアンス for VMware

Solaris Enterprise System Virtual Appliance for VMware

Solaris Enterprise System の仮想アプライアンスが公開された. まだ試してないけど, Solaris 10 Update 1 に Java Enterprise System 2005Q4 をインストールした状態のイメージみたい. 以下, README-SolarisVMU1.html より引用:

This Solaris VM consists of 4 zipped files as it contains Solaris 10 1/06 (aka Solaris 10 Update1), Sun Java Enterprise System 2005Q4 (JES) software, and Sun Studio 11 Integrated Development Environment for C, C++, and Fortran.

Friday Mar 31, 2006

UltraSPARC T1 の SSL アクセラレーション + Solaris 10 のカーネル内 SSL プロクシ

Web サーバ絡みでもうひとつ. UltraSPARC T1 プロセッサに搭載されている RSA / DSA アクセラレーション機能の利用方法の解説が, 新着 BluePrint として公開された.

(This BluePrint) provides a brief overview of SSL technology, as well as an introduction to the Solaris Cryptographic Framework. Configuration details are included for common security applications, such as Apache, the Sun Java(TM) System Web Server, and secure Java(TM) technology applications, enabling these programs to utilize NCP and KSSL technology. A performance study of secure Web applications is also included.
Using the Cryptographic Accelerator of the UltraSPARC T1 Processor, Sun BluePrints(TM) OnLine - March 2006

以前 T2000 発表の際に出てきた諸情報をいろいろ眺めてたときにも思ったんだけど, 個人的にはやはり Greyhound こと KSSL (Kernel SSL proxy) との組み合わせに強く惹かれる. KSSL は従来外部に置かれたリバース・プロクシやスイッチが行なっていたような SSL の終端処理をカーネル内でやってしまうというもので, おおよその動作はこんな感じ ↓ (なにか間違ってたらツッコミ願います > Sun の中の人, とくに笹沼さん野崎さん希望 :)

  • Web サーバ (に限らないけど) はポート 8080 (非 SSL) をリッスンし, 一方 KSSL はポート 443 (SSL) に反応するよう設定する.
  • Web クライアント (に限らないけど) が SSL でポート 443 に接続すると KSSL は SSL ハンドシェイクやその後の復号化処理を行ない, 非 SSL なポート 8080 で待っている背後の Web サーバに平文でリクエストを転送する. Web サーバは平文でコンテンツを KSSL に返却し, それを KSSL が暗号化して Web クライアントに送る.
  • しかも一連の SSL 処理はカーネル内で, Web サーバと同じコンテクストで実行されてて, Web サーバからは Web クライアントが直接 non-SSL でポート 8080 に接続してきてるようにみえる.
  • さらに芸が細かいことに, Web サーバに設定した非 SSL なポートに外部から接続できなくなったり (KSSL からのみ接続可能), SSL ハンドシェイクのなかで KSSL が Web クライアントの提示してきた SSL 暗号スイートに対応してない場合には従来通り Web サーバに SSL 処理させるようフォールバックすることができたりする.

KSSL

この KSSL と, UltraSPARC T1 によるハードウェア RSA アクセラレーションを合わせた効果は絶大なようだ. 本 BluePrint 曰く, Sun Java System Web Server の SSL 性能がほぼ倍に向上したという.

SPECweb99_SSL

ついでに SPECweb2005 の世界記録もたたき出してる (2006 年 1 月 26 日時点).

SPECweb2005

もしかしてコレ, T2000 の 60 日間無償貸出のベンチマークネタのひとつに最適な気がしてきた. ぼくは社員なので応募するのは無理だけど, 今度の某イベントのデモ用に T2000 が都合ついたらちょっと試してみようかなあ.

Friday Feb 10, 2006

Solaris とは優れた Linux である - マーク・アンドリーセン

先週の SAS 2006 でマーク・アンドリーセン @ Ning の紹介した Solaris vs. Linux の詳細が www.sun.com に掲載された. 36 ヵ月間のコストを計算すると, Solaris/Sun Fire x64 は Linux/Intel の半分になるというお話. ウェブキャストでは時間の都合 (たぶん) で語られなかった, こまかな数字が明らかになっている.

その他マーク曰く:

  • Solaris には Linux と同じく経済性とオープンソースの優位性がある.
  • Linux からの移行も簡単. (昔は Solaris to Linux という逆のことが言われてたけどね)
  • Solaris 10 の高信頼性がぼくらには重要なんだ.
  • Sun の価格性能比は急激に向上している.
  • Sun のハードウェア上での統合およびテストがなされている.
  • 必要になったら垂直方向の拡張も可能だ.

Sunday Feb 05, 2006

SAS 2006: Ning on Solaris 10

社員のくせに tecosystems 経由で知ったんだけど, Sun Analyst Summit 2006 のジョナサンのキーノートにマーク・アンドリーセン @ Ning が出てる.

28:20 を越えたくらいからの, Linux on Intel に対する Solaris 10 on AMD の経済的な魅力を語ってるうちにどんどんアツくなっていくマークが超おもろい.

Mark

Tuesday Mar 01, 2005

CEC 2005: Day Three

CEC 2005 最終日. 今日はブレイクアウト・セッションふたこまと, そのあと全体セッション.

Breakout ブレイクアウトは Microsoft との相互運用性 Solaris 10 のパフォーマンス改良点 に出席. どちらもポジティブな, 非常に面白い内容だったんだけど, ここに書いていいものかどうかはわからないので自主規制...

アジェンダ最後の全体セッションは Scott McNealy. あいかわらず会場どっかんどっかんいわせてた. 本人いわく (きわどい内容を喋ったあとで) だから Scott は blog 書くべきではない, って周りから言われちゃうんだよなー とかなんとか.

以上で CEC の全日程を終了. 個人的なまとめはまた今度.

About

tkudo

Search

Archives
« July 2015
SunMonTueWedThuFriSat
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
Today