Monday Apr 11, 2005

Products from the Sun-Microsoft Alliance

Greg PapadopoulosSun と Microsoft との相互運用性について書いている. アイデンティティを筆頭に, Web サービス, 管理機能について, 製品の発表がもうそろそろ (Real Soon Now) あるみたい.

So goes our relationship. Just look at the places where we are sitting at the table together, with some real architectural progress having been made in the areas of identity, web services and management. (As examples: WS-Addressing, WS-Management, WS-Eventing, WS-MetadataExchange)

And, we are now to the stage of publicly committing products around these agreements. Real Soon Now.
Greg Matter : Weblog

相互運用のおおよその概要はこないだの CEC のセッションで聞いてるんだけど, それがどのようなかたちで公表されて, どれくらいのインパクトを内外にもたらすのかは興味のあるところ.

Tuesday Mar 01, 2005

CEC 2005: Day Three

CEC 2005 最終日. 今日はブレイクアウト・セッションふたこまと, そのあと全体セッション.

Breakout ブレイクアウトは Microsoft との相互運用性 Solaris 10 のパフォーマンス改良点 に出席. どちらもポジティブな, 非常に面白い内容だったんだけど, ここに書いていいものかどうかはわからないので自主規制...

アジェンダ最後の全体セッションは Scott McNealy. あいかわらず会場どっかんどっかんいわせてた. 本人いわく (きわどい内容を喋ったあとで) だから Scott は blog 書くべきではない, って周りから言われちゃうんだよなー とかなんとか.

以上で CEC の全日程を終了. 個人的なまとめはまた今度.

Monday Feb 28, 2005

CEC 2005: Day Two

CEC 2005 二日目. 昨日と同様, 午前は全体セッション, 午後はブレイクアウト 5 本の構成.

全体セッションは各製品分野の EVP (Executive Vice President) たちが 1 時間ずつプレゼンテーションを行なった. ソフトウェア担当 EVP である John Loiacono のパートで披露された Sun Java System Identity Auditor のデモンストレーション, good でした (© 藤井さん). 関係ないけど, 他のスピーカーはみんなカジュアルな服装 (昨日の Jonathan にいたっては Dallas Mavericks のジャージ) だったのに, x64 ネタで登場した Andy Bechtolsheim だけ一人ぱりっとしたスーツを着てて, しかし話の内容はいちばん技術者寄りというギャップにちょっとウケた.

昼ごはんは昨日と同様, サンドイッチ + ポテトチップ + 特大クッキーの, いわゆる brown bag lunch. これに飽きた岩片さんはサラダを選択したのだが, はたしてその中身はこんなんであった ↓
Salad
野菜というか, むしろこれは植物だ.

さて, 午後に参加したブレイクアウトは以下の通り.

AC/DShe 19:00 から, 引き続き Moscone Center で Club CEC と名打ったイベントが行なわれた. AC/DC のトリビュート・バンド, その名も AC/DShe のライブを Corona 片手に見物し, 本日は終了.

Sunday Feb 27, 2005

CEC 2005: Day One

CEC 2005 CEC 2005 初日. とりあえずおのぼりさん気分で記念写真を撮ってもらった (thanks to 岩片さん). 写真を見てわかる人にはわかると思うけど, この社内トレーニングは Moscone Center で開催されている. その規模は 2,000 - 5,000 人らしい. ここに前回来たのは JavaOne 2002 San Francisco の Sun の展示のひとつで説明員をしたとき (そのときは日本で作った Services on Demand デモを英語にローカライズして持っていった) だから, それからちょうど 3 年ぶりくらい.

CEC 2005 午前の General Session では Jonathan Schwartz が登壇し, 聴衆からの質問に次々と答えていった. 彼の語った内容をここに書くことはできないが, その雰囲気は The Gillmor Gang にゲストで出たときのようなスマートな受け答えを想像してもらえればいいと思う. さしさわりが無さそうな範囲でひとつ紹介すると, 2, 3 分に一回は blog という単語が出てきてたのが印象的だった. blog のほうにも書いたんだけど, ... とか, blog を読んでもらえばわかる通り, ... とか, blog 書いてる人は手を挙げて! とか.

午後はブレイクアウト・セッション. ぼくの選んだのは法令遵守, Java の競合分析, Java Enterprise System on Solaris 10, Sun Java System Web Server のチューニング, IdM デモ, などなど.

そういえば, 会場で朝ごはんを食べてたら偶然 NameFinder の作者である Detlef Schmier に出会った. Detlef とは先日ぼくと遠山さんで NameFinder の日本語化をやったときにメールで何回かやりとりしてたのだけど, その本人から突然声を掛けられた (こちらの名札を見て気づいたらしい) ときには誰だかわからなかった ;) こういう予期しないネットワーキングがあるから, ワールドワイドな集まりはおもしろいんだよなー.

Saturday Feb 26, 2005

CEC 2005

CEC 2005 Customer Engineering Conference 2005 という社内のエンジニア向けトレーニングに参加するため, サンフランシスコにきている. 明日 (2/26) からの 3 日間にブレイクアウト・セッションが 250 弱あるが, おもにアイデンティティ・マネジメント関連と, その動作環境 (Solaris / Java VM / Application Server とか) のあたりを聴講する予定.

About

tkudo

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today