Matthew Herbert

blogs.sun.com に Matthew Herbert Big Band のライブ・リポートを書いてる人がいた.

当日のセットでは, まずマシュー・ハーバートがひとりで登場. ステージの片すみで, 持ってきたマグカップをマイクに近づけて, スプーンで一回だけ軽くたたいた. それにより発生した 「チーン」 という音はサンプリングされて, さらにリサンプリングされ, 何層ものフィルタを通過させられて, オーディエンスのもとへワイルドかつオモロイ状態で展開された.

The set started wit Matthew Herbert, alone on the stage in one corner, holding a mug up to a microphone and tapping it once with a spoon. The resulting "tink" was sampled, and then resampled, passed through an array of filters, and then blasted at the audience in various wild and interesting ways - all wonderful.
Tim Foster's Weblog: Matthew Herbert Big Band & Mugison

数年前, 彼が Radio Boy 名義でリキッドルームに来たときのライブもまさにこんな感じで, ハンバーガーやフライドポテトが入ったままのファストフードの紙袋をガサっとつぶして, その音を即興で歪めてループに仕立てて暴力的なリズムをつくり出し, フロアの皆をにやけ笑いさせたまま踊りまくらせるという, まったくもって all wonderful なパフォーマンスだった. バンドをひきつれての来日公演もすでに何度かあったと思うけど, そちらには都合があわなくてまだ行けてない. 今度はいつ来るのかなあ.

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

tkudo

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today