OpenSSO の最新ビルドに Fedlet が入ってる

前に言及した Fedlet が, いよいよ最近の OpenSSO で使える状態になってる.

Create Fedlet in Common Tasks Page

試してみた感じでは,

  1. OpenSSO の Common Tasks から Create Hosted Identity Provider を実行し, Fedlet の親となるアイデンティティ・プロバイダ (IdP) を設定
  2. その流れで Create Fedlet を実行し, Fedlet の配備先となるサービス・プロバイダ (SP) の情報 (URL とか) を指定して, その SP 特有の設定情報が詰まった Fedlet.zip を生成
  3. 産みおとされた Fedlet.zip から fedlet.war を抽出し, SP 側のアプリケーション・サーバに配備
  4. IdP と SP との間での疎通テスト

という具合に, 簡単に SP 側の 「SAML の受け口」 を設定することができて, ちょっと感動. Fedlet 入り OpenSSO のダウンロードは以下からどうぞ.

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

tkudo

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today