Solaris 10 5/08 と Solaris Express (Nevada) で VNC サーバーを構成するスクリプト

今まで私は Solaris Express (Nevada) で VNC サーバーのディスプレイを構成するのに、あるスクリプトを使っていました。Solaris 10 5/08 (Solaris 10 Update 5) には同じく Xvnc が含まれているため、このスクリプトが動作することがわかりました。

私はいつも Solaris をフルインストールします。もし読者がフルインストールしていない場合、Xvnc は使用中のシステムにインストールされていないことがあります。これは次の方法で簡単に確認できます。

# pkginfo | grep  xvnc
system      SUNWxvnc                         X11/VNC server

OS のインストールが完了したら、次のスクリプトを実行します。このスクリプトでは VNC ディスプレイを 2 つ設定するので、VNC クライアントを使うと <ホスト名>:1<ホスト名>:2 という形式でディスプレイに接続できます。2 つ目のディスプレイは共有です。

#!/bin/sh
#
# config_Xvnc_s10+snv.sh
#
# このスクリプトは OS のインストールが完了してから実行します。
#
# Solaris 10 5/08 および Solaris Express (Nevada) b87 以降でテスト済みです。
#

#VNC ディスプレイ 1 を追加
svccfg -s application/x11/x11-server add display1
svccfg -s application/x11/x11-server:display1 addpg options application
svccfg -s application/x11/x11-server:display1 addpropvalue options/server astring:"/usr/X11/bin/Xvnc"
svccfg -s application/x11/x11-server:display1 addpropvalue options/server_args astring:'"SecurityTypes=None"'

#VNC ディスプレイ 2 を追加 (共有)
svccfg -s application/x11/x11-server add display2
svccfg -s application/x11/x11-server:display2 addpg options application
svccfg -s application/x11/x11-server:display2 addpropvalue options/server astring:"/usr/X11/bin/Xvnc"
svccfg -s application/x11/x11-server:display2 addpropvalue options/server_args astring:'"SecurityTypes=None"'
svccfg -s application/x11/x11-server:display2 addpropvalue options/server_args astring:'"-alwaysshared"'

# 開始するために dtlogin を設定
if [ !-d /etc/dt/config ] ; then
        mkdir -p /etc/dt/config
fi
if [ !-f /etc/dt/config/Xservers ] ; then
        cp /usr/dt/config/Xservers /etc/dt/config/Xservers
fi

echo "   :1   Local local_uid@none root /usr/X11/bin/Xserver :1" >> /etc/dt/config/Xservers
echo "   :2   Local local_uid@none root /usr/X11/bin/Xserver :2" >> /etc/dt/config/Xservers

pkill -HUP dtlogin

#終了

VNC クライアントの接続を切ってもディスプレイはそのまま維持されます。そのため、あとでセッションに復帰することができ、ウィンドウとアプリケーションはすべて切断時のままとなります。開始したジョブはずっと実行されます。

VNC クライアントのソフトウェアは http://www.realvnc.com から入手できます。Free Edition と、機能が強化された Personal Edition があり、後者にはライセンスが必要です。

5/08 より古い Solaris 10 のリリースを使用している場合、VNC の構成方法は私の以前のブログ記事を参照してください。

参照: 12

Comments:

以下のようにしないとスクリプトが引数不足とかエラーをはきますよ。
if [ !-d /etc/dt/config ] ; then

if [ ! -d /etc/dt/config ] ; then

(注)if [ !-f /etc/dt/config/Xservers ] ; then も同じ

使わせてもらいました。
有難うございます。

でも、Solaris 10 5/08 s10s_u5wos_10 SPARC だと、サービス起動すると、

maintenance 13:25:45 svc:/application/x11/xvnc-inetd:default

が出て、inetdデーモンの設定を入れないと起動できないみたいですね。

Posted by 有難うございます on December 17, 2008 at 08:34 PM GMT #

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Tim Thomas

Search

Archives
« April 2014
MonTueWedThuFriSatSun
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
    
       
Today