VNC サーバーと GDM の OpenSolaris 2008.05 向け構成例

私が目標としていたのは、OpenSolaris 2008.05 が動作しているシステムに VNC クライアントを接続し、root としてログインできるようにすることでした。オリジナルの OpenSolaris 2008.05 バイナリディストリビューションが動作しているシステム上でもうまくできましたし、snv_91 にフルイメージアップデートを実行したあとの OpenSolaris 2008.05 システム上でもうまくできました。

1. VNC サーバーがインストールされていることを確認

これは 2008.05 バイナリディストリビューションの一部なので存在するはずですが、確認しました。

# pkg info SUNWxvnc
          Name:SUNWxvnc
       Summary:X11/VNC server
         State:Installed
     Authority:opensolaris.org (preferred)
       Version:4.1.2
 Build Release:5.11
        Branch:0.91
Packaging Date:Fri Jun 13 17:49:25 2008
          Size:6.3 MB
          FMRI:pkg:/SUNWxvnc@4.1.2,5.11-0.91:20080613T174925Z

2. 次の行を /etc/services に追加

vnc-server      5900/tcp                        # Xvnc

3. /etc/X11/gdm/custom.conf を次のように編集

[xdmcp]
Enable=true
[security]
DisallowTCP=false
AllowRoot=true
AllowRemoteRoot=true

4. サービスを有効化

# svcadm enable xvnc-inetd
# svcs xvnc-inetd
STATE          STIME    FMRI
online         16:22:30 svc:/application/x11/xvnc-inetd:default
# svcadm enable gdm
# svcs gdm
STATE          STIME    FMRI
online         14:43:13 svc:/application/graphical-login/gdm:default

5. VNC クライアントでディスプレイに接続

これで、<ホスト名>:5900 で接続できるようになったため、GDM のログイン画面が表示されるはずです。

もし接続できない場合、次のようにサービスを停止してから開始してみてください。

# svcadm disable xvnc-inetd gdm
# svcadm enable xvnc-inetd gdm

1 つ不満な点があります。VNC クライアントを閉じると、ディスプレイに関連したログインセッションが終了してしまいます。この問題は、GDM ではなく dtlogin を使用している Solaris 10 と Solaris Express では発生していませんでした。もし解決策が見つかれば、この記事に修正方法を投稿します。

参照: 12

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Tim Thomas

Search

Archives
« April 2014
MonTueWedThuFriSatSun
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
    
       
Today