金曜日 9 11, 2009

最新 GlassFish v3 での JSR 299 と 330 の状況

Code snippet

先月お伝えしたように、 JavaEE 6 は JSR330 と JSR299 を含みます。 Roger Kitain は既に、GlassFish での JCDI (JSR 299, ex-WebBeans) を利用について、シンプルかつ詳細なブログ記事を書いてくれています。ブログでは JSF 2.0 と JSR 299/JSR 330 コードを紹介していて、@Inject, @Qualifier, @SessionScoped, @ApplicationScoped などが登場します。

もしそのサンプルを試すくらいに興味がある場合には、 NetBeans 6.8 M1 を使うことをお薦めします。 - 最新の GlassFish v3 ビルド (例えば promoted build web 62) を登録、Java EE 6 をプラットフォームレベルとして Web アプリケーションを作成し、いろいろコピペして下さい。それ以上の設定は不要です。

全般的にみて、Cay による前回の投稿から進展しています。この件に関する他の記事は "jsr299" "jsr330" タグがついています。 あと、この件については Roger のブログも要チェックです。

月曜日 7 13, 2009

Cay から WebBeans と JSF。GlassFish v3 Preview を使って

ALT DESCR

Cay は彼の本、 Core JSF を更新していて、 WebBeans (JSR299) を扱っています。 最も最近の投稿では、JSF ページからの ステートフルセッションビーンのスコープと、アクセス について書いています。 Cay は GlassFish v3 Preview を (最新 JSF コンポーネントを入れた後で) 使っていますが、 1 つのサンプルでのみ JBoss 5.1.0 GA を利用していて、これは WebBeans の一部の 我々がまだ実装していないためです。

Cay の記事 をご参照下さい。 5/19 の Pete Muir の ウェビナー (スライドキャストあり) も参考になるかもしれません。

水曜日 5 27, 2009

WebBeans ウェビナー、スライドキャスト準備できました

ALT DESCR

先日月曜日の WebBeans についてのウェビナー の録画をアップロードしました。 FLV, MP3, また、興味のあるセクションまでスキップすることができる スライドキャスト を用意しました。 ブロードキャストは中断と再開を何度か繰り返しましたが、録画はくっつけておきましたので、 最後のスライド 2 枚を除いてわりとよくできています。

過去数週の間に、Bob (@Guice) と Rod (@Spring) は新しい @Inject JSR を発表しています。 (たくさんの) 議論と WebBeans との関係については、 ウェビナーページ にあるリンク先をご覧下さい。

月曜日 4 27, 2009

今週のウェビナー: WebBeans/JSR299/JCDI

原文:WebBeans/JSR299/JCDI - This week's Webinar

ALT DESCR

今週のウェビナーは JSR 299 についてです。これは WebBeans として生まれましたが、今は一時的に Java Context and Dependency Injection という名前になっています。 ウェビナーは Seam と WebBeans のインプリメンテーションリードの Pete Muir (Red Hat) によるプレゼンテーションの予定です。 最近の彼の First preview of Web Beans が利用可能になったという投稿と State of Seam についての投稿をチェックしてください。

プレゼンテーションは TheAquarium Channel で、4月30日(木) 太平洋標準時 US/Pacific 午前11時 からです。 詳細と記録は Show Page をご覧ください。

火曜日 3 17, 2009

Seam-Gen が GlassFish をサポート。JSR299 最初のベータ

ALT DESCR

Dan は以前 Seam が GlassFish で動く ようにしましたが、今回は Seam Projectその変更を戻して (追加の機能入りで) くれました。 どうもありがとう、Dan。 特にありがたいのは RH (JBoss 5/RichFaces) と 非 RH テクノロジー (GlassFish Server/ICEfaces) をサポートしていることです。

あと注目なのは、約束されている Seam ブリッジ含む JSR299 最初のベータ です。

関連するウェビナーとブログ:
Seam, WebBeans, and GlassFish, Dan Allen, Nov 20th, 2009.
Short intro to ICEfaces, Ted Goddard, Feb 10th, 2009.
From Ajax Push to JSF 2.0: ICEfaces on GlassFish, Ted Goddard, March 12th, 2009.
• Entries tagged Seam, ICEfaces, JSF.

木曜日 2 12, 2009

JSR 299 (旧 WebBeans) 公開レビューが JCP により承認

ALT DESCR

EE/SE Executive Committee が JSR 299 公開レビューを承認しました。 ( JSR 299 - WebBeans はおわりですの記事参照)

投票結果は、賛成 14 と棄権 2 です - 投票結果参照。 投票者たちはいくつもの懸念をあげましたが、全員最近の大きな改善を認めています。良い進展です!

PS. Bean Validation (JSR 303) も同じ投票で承認されましたが、特に技術的なコメントはありませんでした。 投票結果をご覧下さい。

火曜日 1 27, 2009

JSR299-WebBeansはもう終わりです。Java Context and Dependency Injectionに変わります。

金曜のニュースについてはもうお話しましたが、 もっとわかりやすいタイトルで記事をひとつ書くに値するので、書きたいと思います。

ALT DESCR

WebBeansはもう終わりです; エキスパートグループ(Gavin Kingがグループ長です)により JSR 299で定められたでは規格はかなりの改訂があり、 またその名前もJava Context and Dependenty Injectionに変更されました。 キャッチーさがなくなった気がしますが、Gavinがほのめかしたところによると、これがなされたのは...

...299の要点としては、新しいコンポーネントモデルの作成というよりは、全てのEEコンポーネントタイプに適用できるようなサービスの定義であった、ということをよりよく示すためだったようです。

Gavin の発表で、 overviewを見ることができます。またドラフトは PRD pageからダウンロードできます。 Robertoのコメントもご覧ください。 299のパブリック・リレーションズは2/9に終了し、EC voteは2/6~2/9です。

木曜日 1 15, 2009

JCP に承認された JSF 2.0 と Servlet 3.0 と JCA 1.6 の公開ドラフト

原文: Public Review Drafts of JSF 2.0, Servlet 3.0 and JCA 1.6 Approved by the JCP

最新情報:JCP の SE/EE の EC は,1月6日の記事で述べた初期の投票で Java EE 6 の全ての仕様について承認しました.

ALT DESCR

JSF 2.0 への投票結果 (Ed Burns & Roger Kitain, JSR 314, @TA )
Servlet 3.0 への投票結果 (Rajiv Mordani, JSR 315, @TA )
JCA 1.6 への投票結果 (Binod PG & Sivakumar Thyagarajan, JSR 322, @TA )

EJB 3.1(結果)と JPA 2.0(結果)は既に承認済みです.Bean Validation と WebBeans は,2月3日に投票が行われる予定です.

木曜日 1 08, 2009

Java EE 6 - JCP アップデート...

原文: Java EE 6 - JCP Update...

休暇中に気が付いたのですが、Bean Validation 仕様が公開レビュードラフトになっていました。この仕様が JavaEE 6 に向けた最後のものとなります。 以下が JCP を通している全てのリストになります(抜けているものがあったら後で直します); これら全ては PRD かそれ以降の状態です; 例外は Java EE 6 自信 (JSR 316) で、その定義からして当然なのですが、他のものよりも遅れます。

ALT DESCR

• WebBeans (Gavin King, JSR 299, @TA )
• Bean Validation (Emmanuel Bernard, JSR 303, @TA )
• JSF 2.0 (Ed Burns & Roger Kitain, JSR 314, @TA )
• Servlet 3.0 (Rajiv Mordani, JSR 315, @TA )
• JPA 2.0 (Linda DeMichiel, JSR 317, @TA )
• EJB 3.1 (Ken Saks, JSR 318 @TA )
• JCA 1.6 (Binod PG & Sivakumar Thyagarajan, JSR 322, @TA )

これらの仕様のうちのいくつかは既に投票が済んでいます: EJB 3.1 (結果) と JPA 2.0 (結果): その他いくつかのものは 1/6 から投票が始まります: JCA 1.6, Servlet 3.0, JSF 2.0, そして、残りは 2/3 に始まります: Bean Validation, WebBeans.

木曜日 11 20, 2008

2つで1つ - Seam と Glassfish あるいは Seam と Java EE 6

原文: Two For One - Seam and GlassFish AND Seam and Java EE 6

ALT DESCR

前にお知らせしました通り、明日(12月21日)、pelegri さんらがウェビナーで、 Seam Framework と GlassFish を発表する予定ですが、今のところ2つのプレゼンテーションを連続で行う予定です。

最初は、太平洋標準時刻で朝11時より、Dan Allen (Mr. Seam in Action) が Seam Framework についてプレゼンする予定です。次に、正午から Ken Saks ( EJB 3.1 ) と Roger Kitain ( JSF 2.0 ) が加わり、 WebBeans とSeam について非公式の討論を行います。

それでは、また 明日オンラインで 会える事を期待しています。全文の参照はこちら。

火曜日 11 18, 2008

11/20のウェビナー - SeamフレームワークとGlassFishサーバ

ALT DESCR

次のウェビナーは11/20(木)で、 SeamフレームワークとGlassFishサーバについてとりあげます。 開始時間は(元来のように、)太平洋時間の午前11:00からに切り替えたいと思います。

ウェビナーの大半は、Manningの Seam in Action や、 Mojave Linux ブログの著者である Dan Allen 氏による講演となります。 少なくとも一つはデモを、また、 WebBeansやその仕様 (EJB 3.1JSF 2.0) に関する気軽なディスカッションも行いたいと思っています。 最終的な詳細は Show Wiki Pageをご覧ください。

月曜日 11 10, 2008

Seam 2.1 と GlassFish

ALT DESCR

Seam Framework 最新リリース (2.1) が正式に GlassFish をサポートします。 Dan Allen が 11/20 にこのトピックで ウェビナー を開きますが、Seam コミュニティの他のメンバー、 Jay, も 良い記事 で多くのサンプルを紹介しています。

Seam は パブリックドラフトをリリースしたばかりの WebBeans と関連していて、それについては、 ここで説明されています。

水曜日 11 05, 2008

WebBeansの Public Draft が公開されました - Webinarもごらんください

ALT DESCR

JSR 299 Expert Groupの エキスパートリーダーであるGavin氏は、 WebBeansの最初のPublic Draft (Downloadページ) を公開しました。

Dan Allen氏 (Seam in Action で有名) が Seam、 WebBeans と GlassFishについてお話する予定の、11月20日のウェビナーもぜひご覧ください。 TheAquarium Channelにて配信されます。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日