月曜日 12 21, 2009

GlassFish アップデートセンターでJavadocとチュートリアルが利用可能です!

ALT DESCR

GlassFish の文章チームがjavadocとチュートリアル情報をアップデートセンターに更新しました。これらはアップデートツールを通して利用可能です。Paulが利用方法を ノートに書いています。 もし、スクリーンショットを見たいのなら、下記の項目をチェックしてみて下さい。

  • 更新項目の検出 (img)
  • サーバーをシャットダウンしても良いかの確認がされます。(管理コンソールで実行できます)
  • 次に、アップデートツールを開始します。(手動です。まだ管理コンソールから起動はできません)
  • インストールするパッケージを選択します。 (img)
  • アップデートツールの進捗バーが表示されます (img)
  • ハードディスクに保存されると、 チュートリアルJavaDoc ページをブラウザで表示できるようになります。

利用方法の流れをもっと詳細に書くには、あといくつかやることがありますが、上記が大まかな流れになります。

注意深い読者は気づくかもしれません:(a)過去にサーバーを起動したまま、管理コンソールのアップデートツールを利用したことがあります。しかし、この方法は安全ではないため、v3の比較的後半に削除されました。(b)アップデートセンターのリポジトリはチュートリアルのボリューム1しか用意されていません。我々はすぐにボリューム2をアップロードする予定です。それまでの間は、ここから入手してください。

ああ! docs.glassfish.org, に多くの文章があります。さらに、Javadocは ここからも利用可能です、ありがとうRajiv!

月曜日 11 16, 2009

GFv3 Prelude用リポジトリの更新

GlassFish v3は単なるモジュラーではありませんが、コンポーネントはIPSに基づいたアップデートセンター機器を通して更新されます。アップデートセンターのチームの面々はIPSの変更を追跡することと彼ら自身の改良を加えることを行ってきています。 GFv3Previewのような新しいリリースは最新のUCで実行されてきてますが、 GFv3Prelude 用のリポジトリは古いバージョンのUCで実行されてきました。

先週、GlassFishチームはPreludeリポジトリ用の Update Center Toolkit 2.2u2 を配信しました。普通の状態では変更点に気づかないと思いますが、もし、レポジトリを 直接訪れた 新しい画像と追加されたファシリティ(パッケージサーチのような)やパフォーマンスやメトリックの向上がわかるでしょう。

GFv3 FCSはもうすぐそこであり、私たちはとても高い関心を もってリリースを見ています。私たちが期待する点はIPSレポジトリからの引き出すGlassFishのダウンロード容量です。(私たちの容量の見積もりが正確であるかどうかわかるでしょう)

金曜日 9 11, 2009

GlassFish v3 Preview アップデート

ALT DESCR

予定していたより時間がかかってしまいましたが、GlassFish v3 Preview の リポジトリを更新しました。(glassfish.sun.com の STABLE) おそらく、 新しいソフトウェアアップデートツールによってこのことを知ることになったと思いますが、 GUI アップデートツール、付属のアップデートツール、CLI、などいろいろなものを通じても知ることはできます。

詳細は Alexis の記事Abhijit の発表に。

最近のビルドは全てのことが完璧ですね、私が使うぶんにおいては。でも、これはソフトウェアなんで、何か問題を発見された場合はご連絡下さい。

木曜日 8 13, 2009

新規ソフトウェアアップデートツールの準備が整いました

我々はソフトウェアディストリビューションを新規 IPSフォーマットに変換しているところです。最近のIPSへの変換は OpenMQ 4.4GFv2.1 のいくつかのディストリビューションを含みますが、最も大きいディストリビューションは依然として GFv3 Previewのままです。

現在のGFv3 Previewリリースでは pkg.sun.com/glassfish/v3/stable/を使用しています。 これらのパッケージは( docsを除けば) JavaOneよりも以前に更新されたものでしたが、私たちはすぐにstableに基づいたアップデート促進buidをリリースします。その際にあなたは新規ソフトウェアアップデートツールに出会うことになるでしょう。

ALT DESCR

このソフトウェアアップデートツールは標準装備されたシンプルなインターフェイスである PopUp Noticeを通して、アップデートツールとの中継をします。 シングルクリックで全てのアプリケーションに対して、アップデートが存在するか 検索が開始されます。 いったん検索が完了すると アップデートしたいアプリケーションを選択し、ライセンス事項に同意して、インストールを開始します。

このソフトウェアアップデートツールはインストールの進捗状況を表示します: [1], [2], [3]。 実行完了後は このように表示されます。 基本的な構造はこれまでのアップデートツールと同様であり、インストールの前後のどちらでも詳細を見ることができます。 それでいて、今回のソフトウェアアップデートツールは速く、単純であり、多くのユーザーにより望まれるものであるでしょう。

IPSは新しい技術の鍵の1つであり、私たちは GlassFish v3利用しています(関連エントリーに関しては IPSタグを参照して下さい)。 もし、技術的な詳細をしりたければ、IPS Best Practices wikiから抜粋したChristopheのとても良い プレゼンテーション資料があります。 UC2ブログもチェックしてみて下さい。

水曜日 7 29, 2009

Jersey 1.1.1 EA - アップデートセンタリポジトリに

ALT DESCR

Jersey 1.1.1-ea (発表) が GlassFish.org DEV アップデートセンタリポジトリに準備されました。 つまり、数クリックするだけで、自分の GlassFish をこの 開発 モジュールで更新することが可能です。

最新の Mojarra/JSF 用のと同じ手順を踏んでこのモジュールをみつけ、インストールして下さい。 詳細は 以前の記事に。

アップデートセンタのテクノロジとリポジトリは、 IPS と、GlassFish v3 のモジュラー性 (OSGi 上に構築されてる) をベースとしており、 更新、アップグレード、機能追加がとても簡単になっています。 このテクノロジは複数のリポジトリ (ローカル、イントラネット、リモート) をサポートしており、 GlassFish の更新を配信するのみでなく、Sun, Sun のパートナ、ユーザのパートナ、 ユーザのグループ、ユーザの IT 部門、などから様々な種類の機能を届けるのに利用できます。

これは、現在私たちがこれらのタスクを実施しているやり方とは大きく違うもので、 まだ様々な部分を改善している途中です。 この夏の後半にこのトピックでのオンラインウェビナーを検討しています。 その時により多くの詳細をお伝えするだけでなく、ユーザのフィードバックを得て、 ブレインストーミングなどできればと思っています。

水曜日 7 22, 2009

Mojarra 2.0ベータ2がJSF 2.0のためのPFDを実装

ALT DESCR

Mojarra 2.0JSF 2.0の参照実装 に新しいベータがあります。 (リリースノートニュースダウンロード)。

Mojarra 2.0はGlassFish v3にバンドルされ、Mojarraの新しいリリースは最新の プロモーションビルド に含まれています。 代替手段はアップデートセンターを利用し、JSFを更新することです。

アップデートセンターへはGlassFishコンソールにバンドルまたはアンバンドルされた 更新ツールを通してアクセスします。 そうすることで、まず推奨されたリポジトリとして http://pkg.glassfish.org/v3/dev を確保し、利用可能な更新をチェックしてください。 得られるリストは長くなるので、(MacではCommand-Uを使って) 全コンポーネントの選択を取り消し、JSFのみを選択することができます。 そして、新しいパッケージをインストールしてください。

Jimの助言 に感謝します。 Mojarraは他のコンテナにも利用可能です。 インストールと設定は手動で行ってください。

土曜日 7 04, 2009

2009年5月の GlassFish 導入レポート

原文: GlassFish Adoption Report for May '09

ALT DESCR

2009年5月の GlassFish 導入事例のレポートを投稿しました。 2009年4月からいくらかは伸びていますが、3月のピークには戻っていません。 恐らくいくらかは季節的な降下で、いくらかはOracle のアナウンスによるものかもしれません。

詳細なレポートは、ランタイムとツールバンドルの通常のダウンロードデータ、JBoss ダウンロードとの比較、GeoMap、登録とアップデートセンターを含みます。

6月のレポートを来週投稿するつもりです。

月曜日 6 29, 2009

どのように動作するか - IPS と GF v3 のパッケージ (続く)

Alexis は彼の GlassFish à la carte シリーズに記事を追加しました。 Part IPart II (Review も参照してください) はいくつかのコンテナを含む形で最小限のディストリビューションを取得し、コンポーネントを追加する方法について、Part III は IPS ツールを使って GlassFish v3 から Custom Layered ディストリビューションを生成する方法についてです。

ディストリビューションはすでに存在しているコンポーネント、すなわち ejb/jersey サンプルを動作させるのに十分なコンポーネントのみバンドルしています。 このレイヤードディストリビューションの処置は、GFv3 のパッケージディストリビューションで一般的なものとなり、GFv3、IPS、GFv3 の組込み IPS サポートにおいてモジュラリティの威力を発揮すると考えています。

ALT DESCR

Alexis の例は、新しいパッケージを作って自分の IPS リポジトリに追加し、その EJB-Jersey のサンプルを動作させるための新しいドメインを作る方法を紹介しています。 IPS Best Practices プロジェクトのドキュメントとバイナリ、そして Alexis の Package Prototype のおかげで IPS のセットアップはとても簡単です。

IPS について学習するには Producing and Maintaining Packages (特に Christophe の Prezo) と MakePkgs を参照してください。 必要なバイナリはすべて IPS Toolkit に含まれています。

すべては素晴しく動作します;重要なコマンドを私のシェルから転載します:

# Created a directory for my local repo % pkg/bin/pkg.depotd -p 10001 -d /Users/pelegri/Software/my-repo # port no. and store dir. # downloaded package prototype and renamed it as pkg_proto_epll.py % cat >LICENSE.txt # need a LICENSE file! % pkg/bin/makepkgs -s http://localhost:10001/ -b ../Sample ../Sample/pkg_proto_epll.py % bin/pkg set-publisher -P --enable -O http://pkg.glassfish.org/v3/dev dev.glassfish.org % bin/pkg set-publisher --enable -O http://localhost:10001 localRepo % bin/updatetool # screenshot % bin/pkg install sample-distro # pretty much all done % bin/asadmin create-domain --instanceport 8080 --adminport 4848 mydomain % bin/asadmin start-domain mydomain # download the jersey-ejb sample WAR file % bin/asadmin deploy ../../jersey-samples/jersey-ejb-1.1.1-ea-SNAPSHOT.war % open http://localhost:8080/jersey-ejb/ # screenshot

金曜日 5 15, 2009

2009年4月の GlassFish 導入事例レポート

原文: GlassFish Adoption Report for Apr'09

ALT DESCR

GlassFish 導入事例 に 2009年4月のレポートをポストしました。 全ての指標は肯定的ですが、2009年3月からは大きく下がっています。 低下のほとんどは季節的なもの (春休暇による) ですが、IBM とのうわさ話Oracle の告知 による持続的な影響があるかどうかを見る必要があります。

完全なレポートには、 ランタイムバンドルとツール(+ランタイム) バンドル(最初の月はEclipse バンドル)についてのいつものダウンロードデータと、JBoss ダウンロードとの比較が含まれています。 GeoMap、登録、アップデートセンターからのデータについても報告します。

金曜日 4 24, 2009

IPSパッケージの作成 - Part III: 異なる戦略

原文: Creating IPS Packages - Part III: Different Strategies

ALT DESCR

あなたのお気に入りのパッケージが、世界中の何百万ものデスクトップからワンクリックであって欲しいと思いますか? もし、そうお考えなら、私達がこれらのパッケージを GlassFish コミュニティのリポジトリに追加するのをお助け下さい。

これを助けるために Alexis がブログに連続記事を書きました。 その最後のエントリは、 異なる種類のコンポーネントのための異なる戦略で、 フレームワークとライブラリGlassFish でのアプリケーションの実行GlassFish のアプリケーション独立GlassFish の拡張 (HK2/OSGi コンポーネント) についてカバーしています。

以前の記事は、 概要Hibernate サンプルです。 すぐに次の投稿が続くでしょう。

木曜日 4 16, 2009

IPSパッケージの作成パート2:Hidernate Sample

ALT DESCR

Alexisが、 GlassFish v3向けのIPSパッケージを作成するシリーズ ([1]) の、第二回目の記事を書きました。今回は Hibernate パッケージの作成方法を紹介しています。

記事では、詳細な工程が紹介されています: セットアップ主要なファイルとディレクトリHibernate IPS パッケージの記述例テストなどです。 これからもっと記事を増やしていきます; 私たちの目標は、 みなさまがお好きなパッケージを簡単に作れるようにお手伝いし、それをコミュニティのリポジトリに登録していただいて 何十万人という人たち に利用してもらえるようにすることなのです。

IPSUpdateCenter といったタグのついた他の記事もぜひご覧ください。

金曜日 4 10, 2009

IPSパッケージの作成 - Part I: 概要

原文: Creating IPS Packages - Part I: Overview

ALT DESCR

Alexisは、GFv3ベースのレポジトリに対してさらに多くのIPSパッケージを文書化及び奨励するための新しいシリーズを始めました。 最初の記事は、パッケージとレポジトリのコンセプトを紹介し、UpdateCenter2GlassFish-Repoプロジェクトのようないくつかの記事へのリンクを提供しています。

Alexisの次の記事では、例としてv3のレポジトリに存在するハイバネートパッケージを使います。 そして、フレームワークやJava EEアプリケーション、独立型アプリケーション、GlassFishの拡張にこれらのパッケージを作成する方法について書くでしょう。 是非これらをチェックして、全ての記事があなたにどのような影響を与えたかについて我々にお知らせください。 我々の目標は、プロセスを改善することにあります。

他の関連記事は、IPSとタグ付けされています。

木曜日 3 05, 2009

GlassFish に Hibernate JPA - アップデートツールで 1 クリックするだけ

ALT DESCR

GlassFish v3 のデフォルト JPA プロバイダは EclipseLink ですが、 Hibernate 同等に良くサポートしています。 そして IPS の利点と アップデートセンター のおかげで、1 クリックで利用できるようになります。 updatetool を起動して、パッケージをクリックして下さい。

詳細は - 実際もうあまり他にないのですが - Mitesh の記事をお読み下さい。

火曜日 2 24, 2009

GlassFishアップデートセンターにICEfacesが加わりました

ALT DESCR

ICEfacesがGlassFish v2 アップデートセンターからご利用可能になりました。Ajax Push Serverといくつかのデモが含まれています。 Tedの 発表や、その前の JSF 2.0 早期サポートのレポートをご覧ください。

Portfolio Launchから、Tedの 10個のプレゼンテーション もご覧いただけます。

火曜日 12 09, 2008

... JQueryのReglib、IPS と UpdateCenter、Wikipedia と MySQL等々

最近の面白いニュースのまとめです。

Radio Receiver Icon

JQuery は、小さくて高速な JavaScriptフレームワークです (Wikipedia, ホームページ)。 JQueryはとても人気がありますが (Google Trends!)、 Greg (Sun.Comの開発者の一人) はJavaScriptプログラミングの、 宣言型 のアプローチを検討する方針であり、 reglib (由来:registration library)を作りました。 JavaScript ユーザは、まずReg氏の記事 reglib vs JQuery を読んでから、彼の その他の記事に目を通して、 コードをダウンロードしてみてください。

pack(5) (つまり IPS) toolkit は推進し続けています。 このtoolkitは、 OpenSolaris の派生プロジェクトなのですが、 プラットフォームに本当に非依存であり、IPSはGlassFish v3のUpdate Centerの中核をなしています。 IPS blogや、 IPSの良い記事を集めたWikiをご覧ください。 最近の講演については pkg(5)導入や、 - こちらでもご紹介したいと思っています: TheAquarium Onlineなどにあります。

最後は、数週間前のお話になります; Wikipedia は、MySQLの実行環境としてSunの OpenStorage 製品を使用することになりました。 ( Jonathanの記事をご覧ください。) これからも、 Sunのシステム上におけるMySQLの実行性能の最適化に努め、 より多くの事例が増えることを期待しています。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日