木曜日 10 29, 2009

SailFin 2.0 リリース!あと GlassFish v2.1.1 も !

昨日は SailFin v2 (download, home, wiki) とSun GlassFish Communications Server 2.0 (download, home)のリリース日でした。 SailFin v2は大きなリリースであり;GlassFish v2.1.1への対応や、高い有用性をもつ多くの機能が加わっています。例えば、Rolling upgrade、柔軟なネットワークトポロジー、過負荷への耐久性の向上、DIAMETERサポート、診断能力の向上、ロードバランサ用のJavaを基本としたDCRファイル、など様々です。

ここでSailFin v2の機能を網羅することはとても不可能ですが、調べられるように、関連リンクを集めてみました。Binod's の書いた概要説明である SailFin v2 Released! から初めて、いろいろと移動してみて下さい。

いくつかの大きな変更は:

リリースの一部として、チームが多くの新規エントリーを投稿しています:

過去の投稿を調べるには:

最後に、PRとプレスレポートのリスト:

Note - GlassFish v2.1.1 isもまた Sun's Download Centerコミュニティーサイトから利用できます。より多くのリリースは今日です。 OpenMQ 4.4 (4.4.1 RC1も)は ここから利用できます。

金曜日 9 11, 2009

SailFin 2.0に向けて - SIPセッションレプリケーションとHCF

ALT DESCR

SailFinがGlassFish v2.1.1に合わせ、v2.0に近づいています (いずれも10月末を予定、ロードマップ参照)。 チームはリリースにおいて新たな機能を強調しています。

• PrasadはHCF(ハードコードフリーズ)を発表しています。これは概要とSCF(ソフトコードフリーズ)からの修正リストを提供しています。
• ShreedharはSSR(SIP Session Replication)サポートについて書いています。
• Rameshは設定オプションについて記述しています。 これはDNSフェイルオーバーと集中型LB(ロードバランス)を含みます。
• PrateekはOpenSolarisに基づくSailFinのための新しいAMI発表しています。 (EC2ブログ及びサンAMI全リスト参照。)

月曜日 8 31, 2009

SailFinクラスターでのトラフィック分散

Sailfin logo

SailFin V2 は最初のバージョンから比べると、アプリケーションサーバーとしての能力が大きく強化されています。 高い有用性をもつサービス/アプリケーション実行環境を構築するためには、ネットワークトラフィックを管理することはとても重要です。

RameshSailFinのトラフィック分割についてブログで記事にしています。 その記事で彼は、サーバー内にある サーバー内にある複数のネットワークインターフェイスを利用することにより、イントラクラスタ通信(converged load balancer, GMSのような)が外部クラスタからどのようにして分離できるかを説明しています。

SailFinは現在、来週リリース予定のHCF (hard code freeze) に取り組んでいます。最終版のリリースは2009年の10月になる予定で、 詳しいスケジュール情報はwikiを確認して下さい。

月曜日 7 13, 2009

Amazon EC2 で SailFin

Sailfin logo

近頃、 SailFin のホスティング選択肢について質問を受けるようになってきました。数ヶ月前に Sailfin ティームが Go Daddy serverデモサーバをセットアップ しています。今のところ、これはかなりうまくいっています。

そして今回、Sreeram が SailFin (V2 b20) を Amazon EC2 で動かす方法について記事を書きました。 彼は詳細まで書いていて、例えば、SIP UDP ポートの有効化、MySQL 設定、 DynDNS を使ったドメイン名設定、などが含まれます。 お試し下さい!

金曜日 6 05, 2009

SailFin v3 への途中で - SailFin CAFE が出ました

原文: On the way to SailFin v3 - SailFin CAFE Launched

ALT DESCR

Sailfin CAFE は、集中型 Web アプリケーションの配備を簡易化する新しいフレームワークです。 Sailfin v2 で利用でき、Sailfin v3 に向かっています。 このプロジェクトは始まったばかりで、私達は皆様のフィードバックと参加を望んでいます. Binod の 記事 や Sreeram の メール投稿TS-4929 (id:contentbuilder / pw:doc789) のスライドをご覧下さい。

Sailfin CAFE は、GlassFish v3 Server (9月に出ます) と OpenESB v3 に加わる GlassFish ファミリーのもう一つの "v3" コンテナに向けた重要なステップです - Project Fuji で良く進展しています。 WebSpace Server も v3 に進んでいますが、ビルド作業がまだ始まっていませんでした。

月曜日 3 23, 2009

SailFin: SIP 負荷のための GC 制御

Sailfin logo

SailFin のようなテレコアプリケーションサーバには、予測可能な停止時間とマルチプロセッサで良くスケールする、より確定的な GC モデルが必要とされます。 通話の接続で長い時間待たせることは明らかに受け入れられません。

Sun のパフォーマンスチームは SailFin の高負荷試験時に、多くの時間を GC チューニングにさきました。 Bharath は一連のブログエントリ (ここここ) で彼の経験を解説しています。 ぜひご覧下さい。

水曜日 3 18, 2009

SailFinリソースが増えました。テクニカルTipsやクラスタリングなど

Sailfin logo

SailFin V1に関する話題が追加されました。Prasad 氏はConverged Java EE applicationsに関するテクニカルな記事を書きました。彼は、どのようにして異なるSIP Servlet artifacts がEJBのようなJava EEコンポーネントにより使用されるかについて説明しています。

また、Varun氏はこんな記事を書いています:SailFinクラスタリング事始め (III)。 テストアプリケーションの、sipp scenario filesはお試しできるようにと、ブログに添付されています。ぜひ見てみてください!

火曜日 3 10, 2009

SailfinのSTUNサーバ

Sailfin logo

RFC 3489 (と RFC 5389)で制定されているSTUN (Simple Traversal of User Datagram Protocol Through Network Address Translators)は、NAT通過のためのメカニズムの一つです。 NATファイヤーウォールの向こう側のSIPクライアントやルータのパケットルーティングを補助します。

SailFin V2は、SIPクライアントが利用できるベーシックSTUNサーバを導入しました。詳細はRameshのブログをご覧ください。

火曜日 1 06, 2009

SailFin(GF コミュニケーションサーバとして知られています)のTechnical Overview

SailFin は、GlassFish上で稼動する オープンソースのコミュニケーションサーバです。 2007年5月、私たちは、Ericssonとともにこのプロジェクトを立ち上げ、最初に形となったのは 2007年6月のことでした。 ( SailFinタグのついた記事をご覧ください。)そして今、私たちは最初のリリースを迎えようとしています。

コミュニケーションサーバには、 SIPサポートのような新機能が必要とされますが、可用性・QoSといった機能もまた強く必要となってきます。 これらの機能は、一部はSailFinで、他の一部はその下のGlassFish v2.1で実装されます; 両方とも、数週間の内にリリースされるので、たくさんの報道があることでしょう。 Binod はいくつかの記事を12月中旬に出し ([1], [2]) Sreeram も、休み明けの前にSailFinに関する記事をいくつか発行しました。

ALT DESCR

Sreeramの最初の記事は、Eclipseベースの Ericsson Service Development Studioに関するニュースのまとめと、 SonaecomでのIPTVトライアルです。

Sreeramの二つ目の記事は、 コアとなっているアーキテクチャや管理体制、サブシステム、開発およびデプロイモデル、 SIPやCarrier-Grade機能などに触れた 読み応えのある Technical Overviewです。

最後にお知らせです。 2009年1月29日にSailFin Webinarが開催されます。 SailFinに関する講演やデモに加えて、SIPやその他多数のwebアプリケーションの背景知識についても お話しします。

金曜日 12 19, 2008

SailFin の詳細 (Part 2) : SIP 機能の詳細

原文: Taking a closer look at SailFin (Part 2) : More Details on SIP features.

VOIP

RFC 3261 は SIP の実装に要求される基本セットを定義しています。 RFC のいくつかの部分は、あらゆる状況で動作させるために微調整が必要です。 その実装が厳密に RFC 3261 に準拠している場合に、どのように Record Routing Proxy がバグを起こし得るのかについて私はブログに書きましたSailFin は、そのような場合を扱うために Sun Deployment Descriptor を使用しています。

Venu は SailFin のセキュリティに関する情報の共有を継続しています。 今回は、Nonce Manager の設定 についてでした。 他の有益なエントリとして、Sankar が書いた Parameterable headers の扱いについてがあります。

木曜日 12 11, 2008

SailFin の詳細(Part 1) : 認証の管理

原文: Taking a closer look at SailFin (Part 1) : Authenticated Identity Management

ALT DESCR

Venuはこれまで,SailFinでサポートされているRFC4474に関する様々な記事を自身のブログに書いてきました.主な記事に,SIP のメッセージの発信元を安全に区別するメカニズムがあります.この記事に関しましては,こちらこちらに詳細な情報が書かれています.

SailFin の安全性をもっと知りたければ,以下の記事もご覧下さい.
1. Authentication of SIP Servlet Resources (I, II, III)
2. RunAS and P-Asserted-Identity

次週,RFC 3261JSR 289の問題点に関係する仕様をSailFin がどのように対処しているのかについて,記事を書きたいと思います.

金曜日 12 05, 2008

MySQL-SailFin 白書: Carrier Grade サービス実行環境の作成

原文: MySQL-SailFin White Paper: Creating a Carrier Grade Service Execution Environment

Sailfin logo

SailFin プロジェクト の基盤であるSIP テクノロジーは、集中型のマルチメディア通信セッションのセットアップとティアダウンのためのリーディング・スタンダードとして、その地位を確固たるものにしていますCommunication Service Provider は、ネットワーク・コンバージェンスによって提供されるチャンスを活かすために、Service Delivery Platforms (SDP) に投資しています。

サービス実行環境は多くの SDP の重要な層であり、アプリケーションサーバーデータベースはこの層における主要なコンポーネントです。

MySQL Cluster と Sun GlassFish Communications Server での Carrier Grade サービス実行環境の作成 という新しい白書がご覧になれるようになりました。 ご覧下さい。白書にアクセスするためには MySQL アカウントが必要です。

数週間後に、私は SailFin、特にSIPコンテナについてより詳しく見るためのシリーズ記事を投稿するつもりです。 これまで SailFin を使ってみた事が無いという方は、是非お試し下さい

火曜日 11 18, 2008

SailfinとOpenbloX Diameter

Diameter プロトコルは、 アプリケーションに Authentication、Authorization、Accounting (AAA) のフレームワークを提供するために 設計されました。 Diameterのベースのプロトコルは、 RFC 3588 により定義されています。 3GPP標準団体は、 AAAと、IP Multimedia Subsystem (IMS)におけるモビリティマネジメントのための主要なシグナリングプロトコルとしてDeameterを採用しました。

OpenBloX

IMSアーキテクチャでは、 SailFin のようなアプリケーションサーバは HSS (Home Subscriber Server)との通信において Diameter を使用します。 HSSはAAAと、ユーザロケーティングの補助を行う加入者データベースです。

Traffix systems は、GlassFish Partner Programに正式に加わること、またTraffixの OpenBloX(TM) DiameterSailFinプロジェクトのためにDiameterプラットフォーム向けになることを発表しました。 OpenBloX Diameter の SailFin への統合は、J2EE Connector 1.5 resource adapterやDiameter java libraryにより 促進さされるでしょう。

SailFin MS6 がご利用できます。ぜひダウンロードしてお試しください。 またアクエリアムの、Sailfinの過去の記事もご覧ください。

水曜日 11 12, 2008

SailFin Milestone 6が公開されました; JSR 289 TCK 審査に通りました

SailFinMilestone 6 がダウンロードできるようになりました! 今回のリリースでは、JSR 289に関連するものを含んだ多くのバグ訂正がなされています。 Prasad's blog では、MS5後に訂正された141個のバグに関する詳細情報がご覧いただけます。

SailFin logo

JSR 289 TCK は、初期のバージョン(テスト数500以下)と比べて審査範囲が広かったため、 私達は多くの質問点を抱えていましたが、Mihir氏(Oracleの規格リーダー)は すぐに全てに返答してくれたので、 SailFin は先週、全ての審査を通ることができました。Mihir氏に感謝します。

テスト結果と、SailFinが使用している最新のTCKの 正誤表がご覧いただけます。

Bhavani氏のブログ内のsession invalidationの詳細や、Sip Servlet 1.1の重要な新機能もご覧ください。 この機能は、Sip Servlets 1.0の元のsession expirationモデルに取って代わるもので、 アプリケーションのスケーラビリティの向上に貢献できるでしょう。

火曜日 10 14, 2008

SailFin マイルストーン 5 がリリースされました

原文: SailFin Milestone 5 is now available

SailFinマイルストーン 5 がダウンロード可能になりました! この製品はこのマイルストーンで機能が完全になり、機能の全ては既にベータの段階を過ぎました。 (Sun と Ericsson からの) 実装チーム は今バグの修正に忙しく、最終リリースは年末になるでしょう。

SailFin logo

Prasad のブログ で、このマイルストーンの主な特徴について説明されています。
 1. JSR 289 (SIPServlet 1.1) の全機能が実装された
 2. RFC 3891RFC 3911 (Join/Replace サポート) のサポート
 3. RFC 4474: SIP での認証管理
 4. セッションレプリケーションがベータ品質を超えた
 5. SIP メッセージ用のアクセスロギングのサポート

このブログでの SailFin に関する話題は こちら でご覧になれます。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日