水曜日 6 10, 2009

NetBeans 6.7 RC2 が利用可能です - また Servlet 3.0 と EJB 3.1 アプリケーションの記述

原文: NetBeans 6.7 RC2 Now Available - And Writting Servlet 3.0 and EJB 3.1 Applications

ALT DESCR

NetBeans 6.7 のリリース候補の 2 が利用可能になりました - RC2 ダウンロードページJames の記事 をご覧下さい。 次の RC が最終になるずです。

NB 6.7 はまだ古い "GFv3 Prelude" リリースを含んでいて、手動で GFv3 Preview (J1 リリース) をインストールする必要がある事に留意して下さい。 例として、Servlet 3.0 と EJB 3.1 アプリケーションを書くための NB 6.7 の使い方について、詳細な説明が記述された Arun の記事をご覧下さい。

月曜日 5 11, 2009

Servlet 3.0 PFD 公開 - そして web-fragment.xml について

ALT DESCR

Servlet 3.0 最終ドラフト提案が、公式 JSR 315 ページで公開されました。 これが、GlassFish v3 EA (aka JavaOne リリース) で実装されるバージョンです。

そして、同じ件で、Shing Wai が web-fragment.xml がどう使われるか について説明しています。 この新機能は、ライブラリ jar ファイルのプラガビリティを提供する意図を持ちます。

土曜日 5 09, 2009

Servlet 3.0 の新しいセキュリティアノテーション

原文: New Security Annotations in Servlet 3.0

ALT DESCR

新しい(まだ発行されていない) Servlet 3.0 PFD は、 @DenyAll@PermitAll@RolesAllowed@TransportProtected と共に @DeclareRoles@RunAs のような既存のアノテーションを拡張するセキュリティアノテーションの拡張セットも含んでいます。

詳細については、 Shing Wai の記事をご覧下さい。

実際に Servlet 3.0 PFD ドキュメントがリリースされた時にまたポストするつもりです。

金曜日 5 01, 2009

Servlet 3.0 最終ドラフト提案

ALT DESCR

Servlet 3.0 エキスパートグループは JCP に最終ドラフト提案を提出しましたので、週の終わりには見られるようになるでしょう。 それまでは、Rajiv が書いた 最新の変更リスト についての短いアップデートを見ておきましょう。

そして、もし JavaOne に参加するのであれば、 Jan, Greg, Rajiv による TS-3790 をチェックして下さい。 あと 完全なカタログも。。。 そして、 アンカンファレンスとパーティをお忘れなく。

木曜日 1 15, 2009

JCP に承認された JSF 2.0 と Servlet 3.0 と JCA 1.6 の公開ドラフト

原文: Public Review Drafts of JSF 2.0, Servlet 3.0 and JCA 1.6 Approved by the JCP

最新情報:JCP の SE/EE の EC は,1月6日の記事で述べた初期の投票で Java EE 6 の全ての仕様について承認しました.

ALT DESCR

JSF 2.0 への投票結果 (Ed Burns & Roger Kitain, JSR 314, @TA )
Servlet 3.0 への投票結果 (Rajiv Mordani, JSR 315, @TA )
JCA 1.6 への投票結果 (Binod PG & Sivakumar Thyagarajan, JSR 322, @TA )

EJB 3.1(結果)と JPA 2.0(結果)は既に承認済みです.Bean Validation と WebBeans は,2月3日に投票が行われる予定です.

木曜日 1 08, 2009

Java EE 6 - JCP アップデート...

原文: Java EE 6 - JCP Update...

休暇中に気が付いたのですが、Bean Validation 仕様が公開レビュードラフトになっていました。この仕様が JavaEE 6 に向けた最後のものとなります。 以下が JCP を通している全てのリストになります(抜けているものがあったら後で直します); これら全ては PRD かそれ以降の状態です; 例外は Java EE 6 自信 (JSR 316) で、その定義からして当然なのですが、他のものよりも遅れます。

ALT DESCR

• WebBeans (Gavin King, JSR 299, @TA )
• Bean Validation (Emmanuel Bernard, JSR 303, @TA )
• JSF 2.0 (Ed Burns & Roger Kitain, JSR 314, @TA )
• Servlet 3.0 (Rajiv Mordani, JSR 315, @TA )
• JPA 2.0 (Linda DeMichiel, JSR 317, @TA )
• EJB 3.1 (Ken Saks, JSR 318 @TA )
• JCA 1.6 (Binod PG & Sivakumar Thyagarajan, JSR 322, @TA )

これらの仕様のうちのいくつかは既に投票が済んでいます: EJB 3.1 (結果) と JPA 2.0 (結果): その他いくつかのものは 1/6 から投票が始まります: JCA 1.6, Servlet 3.0, JSF 2.0, そして、残りは 2/3 に始まります: Bean Validation, WebBeans.

水曜日 12 17, 2008

12/8(木)、JavaEE 6 と Servlet 3.0に関するウェビナー

ALT DESCR

次のウェビナーは、12/8(木)の、太平洋時間11:00から開催します。 トピックは、 Java EE 6 と Servlet 3.0で、 スピーカーはそれぞれのエキスパートグループのリーダー: Roberto Chinnici と Rajiv Mordaniです。 JavaEE 6 の公式レビュードラフトはまだ公開されていませんが、Servlet 3.0を含む他の規格のドラフトは公開されています。(こちらをご覧ください。)

ウェビナー前にご質問等ありましたら、 Wiki Pageにコメントとしてご投稿ください。 ウェビナー中にも、チャットを通してスピーカーへのご質問を受け付けます。 スライドやその他の資料は、最終版ができ次第、同じ ページ に置かれる予定です。

土曜日 12 13, 2008

Servlet 3.0 PRD プレビュー: 非同期サポート、改良されたサーブレットとフィルター登録

原文: More Servlet 3.0 PRD Previews: Asynch Support, Improved Servlet and Filter Registration

Servlet 3.0 の Public Review Draft は、JCP のオフィスを通っている所で、間もなく出されます。 それに付随して、Rajiv が最近 Brief Update (ERD から) と、より長いPRD の概要を書きました。 また、Shing Wai が、Annotation の詳細についてレビューを書いています。 現在は更に2件の投稿があり、今回は Rajiv と Jan からです。

ALT DESCR

Rajiv は新しい 非同期 API についてカバーしています。 この部分は少なくとも 3つの異なる事例に当てられています: リソースの可用性待ち、非同期的な応答の生成、既存のフレームワークの活用

Jan の投稿は、(web.xml によってのみ可能だったものに代わって) ランタイム登録を許すサーブレットとフィルター登録 API についてです。 Jan は、PRD のの EG までに承認されていた変更について書いている事にご注意下さい。

Servlet 3.0 の仕様(または Java EE 6 Platform) に関心をお持ちなら、来週私達のウェビナーに是非ご参加下さい。 その詳細についてはWiki ページをご覧下さい。 もし、発表者へのご質問をお持ちでもウェビナーに出席できない場合は、そのページにコメントとしてお書き下さい。 私が彼らに伝え、回答を投稿します。 私は既に最初の質問に対する答えを投稿しています。

水曜日 12 03, 2008

Servlet 3.0 ... ほぼPDRに到達

ALT DESCR

Servlet3.0(JSR 315)はPublic Review Draftにかなり近づいてきましたが、最新の草稿はまだ古いEDRの面影を残している。そしてこのドラフトはRoy (van Rijn)が今日のTSSによる記事で参照しているものです。 議論スレッドに応えるかたちで、Rajiv(Servlet 3.0の仕様策定リーダー)はRoyが掲げた問題のほとんどはPRDで解決されたと指摘しました。

小さな火種が公開魂を刺激することはよくあります。 その数時間後、RajivはShing WaiがGlassFish v3の実装について話している間にOutline of Servlet 3.0に従うことになりました。

もしこの話に興味がありましたら、RajivのServlet 3.0 ウェビナーが12月18日にありますので、メモを取っておくことを おすすめします。

火曜日 10 21, 2008

... Jersey に Sparklines, Servlet 3.0, GFv2 プロファイリング, アンケートの方法論, Barça が Miami に

本日 (10/17) のニュースのまとめです。

Radio Receiver Icon

Jersey プロジェクトからは、 最近の Jersey 1.0 リリース の記念に、 Paul が Sparklines の実装を含む Jersey サンプル (閲覧) セットの新バージョンを書きました。 (Tufte ファンとしては、、ありがとう!) そして、Marc が SD Times で JAX-RS と SOAP 関連で引用されています。 彼が実際に言っていることを読んで、タイトルの "Sun が SOAP をやめる" は無視して下さい。私たちは SOAP も REST も共にやります。

Servlet 3.0 が (残りの JavaEE 6 と共に) 公開ドラフトに近づいています。 Deepa は Servlet 3.0 紹介を Java.Net に載せました。 詳細のいくつかは古いドラフトについてですので、Rajiv のコメントをチェックするようにして下さい。

パフォーマンス はいつも熱い話題ですが、 私たちのパフォーマンスチームトップの1人である Binu John の記事、 GlassFish v2 を Sun Studio でプロファイリングする をチェックしてみて下さい。

Rich の EDC アプリケーションサーバランキングレポートへの コメントは かなり活発な The Server Side のスレッドの引き金になりました。 私が Savio のブログにコメントしたように、このレポートは実際は「ユーザ満足度調査」です。そしてより多くのデータがない限り、これ以上の解釈を行うことは難しいです。 ところで、このレポートをダウンロードするのであれば、アンケートに答え、あなたの意見を彼らのデータに追加することを検討してみて下さい。

そして、世界が一番気にする話題、サッカーです。 Barça がマイアミにクラブを作りたいと発表しました。 Marca, NYTimes, もしくは 直接情報源をチェックして下さい。

月曜日 8 25, 2008

あなたの OpenSolaris マシンに OpenDS ... もしくは、サーブレットに!

先日 1.0 になり商用サポート もされている、 OpenDS の、かなり異なった 2 つの利用例です。

ALT DESCR

1 つめは、OpenSolaris の ディレクトリサービスです。 Ludo, Marzen, Marina による次の 2 つの記事をご覧下さい: 基本セットアップ詳細設定

2 つめは、 組み込みアプリケーションです。: Mark が GlassFish Server の様なコンテナで動かせるような、 ポータブルなサーブレットを OpenDS を使ってをどう書くかについて、詳細に解説しています。

木曜日 5 15, 2008

Servlet 3.0 のプラガビリティ

原文: Servlet 3.0 Pluggability

ALT DESCR

あなたのニーズに良く適した将来の Java EE 6 を私達が作るための手助けを続けて下さい! Rajiv が Servlet 3.0 Plugability という新しい記事を書きました; ご覧下さい、そしてコメントや賛否を投稿して下さい。

また、 Java EE 6 に関する以前の記事Rajiv の以前の Servlet 3.0 についての記事 もご覧下さい。

水曜日 5 07, 2008

JavaEE 6 仕様のプレビュー: Servlet 3.0 と JPA 2.0

原文: More JavaEE 6 Spec Previews: Servlet 3.0 and JPA 2.0

JavaOne では、アナウンスや製品などのリリース、案件などが発表されます。そして いくつかは JavaOne の期間中に行われ、いくつはは事前に行われたりします。 これらを追いかけるのは大変なのですが、ようやく CommunityOne が終わったので、こちらのほうを追いかけてみたいと思います。

ALT DESCR

New Previews of JavaEE 6 仕様の新しいプレビュー:

• Rajiv による Servlet 3.0 の最新ドラフト仕様のアナウンス
• Linda による JPA 2.0 の最新ドラフト仕様のアナウンス

ぜひこれらをご覧になってフィードバックをください; 皆さんからのフィードバックが、皆さんの要望を将来の仕様に反映させる 唯一の方法ですので、ご協力よろしくお願いします。

月曜日 12 17, 2007

ねぇ、聞いてよ! Cookie と URL Rewriting 使わないんだって!

原文: Look Ma! NO Cookies AND NO URL Rewriting!

A Cookie Jar in the shape of a Rocket

HPPT セッションを管理する一般的な方法は、 URL RewritingCookies ですが、 GlassFish ユーザーの1人から、どちらも使いたくないんだけどという要望がありました。 モバイルデバイスを含む、Tomcat から GlassFish v2 へのマイグレーションでの場合です。 (詳しくは オリジナルポストをご覧ください)。

モバイルデバイスの IP アドレスを使う望ましいアプローチも含めて、Jan が GFv2 にある拡張機能を使ったインプリメントの方法を提示しています。 Jan は、他のケースでも使えるかもしれないテクニックを 記事にしています。

訳者コメント: 大元の質問は i-Mode アプリを Tomcat から GlassFish へ移行する際の質問のようですね。日本の識者でご意見のある方がおりましたら、ぜひ Jan のブログにコメントお願いします。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日