金曜日 12 11, 2009

GlassFish v3 リリース

JavaOne 2005 (PR) で GlassFish を発表して以来 4 年半が経ち、本日、私たちの最も重要なリリースを公開しました。GlassFish v3 が ダウンロード可能です!

私たちの最初のリリースは JavaOne 2006 中に最初の Java EE 5 互換アプリケーションサーバである GlassFish v1 (製品ファミリ概要) として、 GlassFish 第 2 世代 (製品ファミリ概要) は 2007 年 9 月 に登場しました。 GlassFish v2 は Java EE 5 ベースであるだけでなく、Sun の 長い (長すぎる?) アプリケーションサーバの歴史を活かし、エンタープライズ製品の利点 (品質、性能、スケーラビリティ) をオープンソースコミュニティの利点 (アジリティ、使いやすさ、サポート、価格) に付け加えています。

GlassFish v1 から v2 への移行が順当な進化だったのに比べると、v2 から v3 への移行は大幅な変更です。完全に新たな JCP 仕様である JavaEE 6 をサポートするのに加え、新規に OSGi ベースのモジュラーアーキテクチャになったことで GlassFish の適用可能性が大幅に広がります。

翻訳者注: 管理コンソールや asadmin コマンドをローカライズして使いたい場合には、アップデートツール (glassfishv3/updatetool/bin/updatetool) を使い、「ほにゃらら Localization」と名前についているモジュールを追加してご利用下さい。

ALT DESCR

主なリンク:

• GlassFish v3 製品ページe
JavaEE 6 ハブ
• JavaEE 6 ダウンロード (複数バンドルあり)
Java EE 6 記事 ( 概要のホワイトペーパもあわせてご覧下さい)

これから数日にわたりいくつかイベントを開きます; 12/15 の バーチャル会議コミュニティパーティ で多くの人に会えることを楽しみにしています。

以下はリリースに関する投稿のリストです。今日は随時更新されます。 Twitter でも @glassfish に最新情報が投稿されます。Twitter をお使いであれば、#glassfish を使うことをお薦めします。 ジオタグ である程度コミュニティの広がりが可視化しようとしています。

発表

報道

テクニカル

その他

水曜日 9 30, 2009

GlassFish v3 fcsに向けて - モニタリングと新しいEnterprise Managerの機能

ALT DESCR

GlassFish v3にて著しく改善されたエリアの一つにモニタリングがあります - Prashanthの機能概要を参照してください。 機能の大部分は主要製品に含まれますが、いくつかの価値ある追加機能はGlassFish Enterprise Managerの次バージョンの一部として商用のSun GlassFish Portfolioを通して利用可能になります。

Sreeniによる二つの最新の投稿が、モニタリングの有効化/無効化とBtraceエージェントの配備およびプラグ着脱可能なコンテナモニタリング要素の生成を行う新機能の使い方を説明しています。 新しいモニタリング機能はJRubyを用いても利用可能で、ArunがHow to monitor a Rails app using asadmin, JavaScript, jConsole, RESTに記述した通りです。

我々は皆、GlassFish v3 FCSを楽しみにしています!

火曜日 7 21, 2009

GlassFish v3 REST インタフェースを利用してモニタリング

ALT DESCR

GlassFish v3 には Jersey を利用し実装された REST/HTTP インタフェースが備わっています。 このインタフェースは GUI 管理コンソールで使われているのですが、他のクライアントからも使うことができます。 例えば、データを JSON, XML もしくは HTML でエクスポートできますので、 REST + JSON のコンビネーションで、かなり楽に JavaScript クライアントを書けます。

ご興味ある方は、Rajeshwar の先日の記事、 Use the REST interface Monitoring を読んでみて下さい。

金曜日 5 01, 2009

WebSpace Server 監視とパフォーマンス

WebSpace Server Homepage

Rajesh とチームは、より多くの JMX モニタリング機能を WebSpace Server と Liferay (詳細な提案を参照) にプラグインするべくがんばっています。 これによりシステム管理者は、パフォーマンス指標の概要、障害診断、より一般的には WebSpace Server を健全に連続稼働させることが可能になります。 パフォーマンスに関して言えば、SrikanthWebSpace Server の Apache Solr との統合について書いていて、これは GlassFish クラスタと共に利用することが推奨されています。 WebSpace Wiki は開発者、システム管理者にとってこのような資料の宝庫です。

木曜日 9 18, 2008

GlassFish で New Relic を使い、Rails モニタリング

ALT DESCR

RailsInside が New Relic RPM の Rails モニタリングを提供する新しい無償バージョン、 New Relic "lite" についてレポートしています。 この製品は、負荷が増加した際の、スループット、レスポンス時間や、コントローラ毎のアクション時間の情報を提供します。

New Relic にはフル機能バージョンもあります ( 製品ツアーをご覧下さい); 両方のバージョンが GlassFish でサポートされています!

Arun はこの製品と他の製品を近いうちにしっかりレビューすると言っています; お見逃しなく!

木曜日 7 17, 2008

P6Spyを用いたDB Operationsのトレイス

原文: Tracing DB Operations in GlassFish Using P6Spy

ALT DESCR

Jagadish はGlassFish Serverの性能のボトルネックを見抜くために DataBase operationをトレイスするためのP6Spy の使い方を見せています。 ダウンロードからP6Spyの構成と簡単なCMP projectで使い方を披露しています。

詳細はJagadish's writeupをご覧になってください。 Gopalさん、助言ありがとございます。

月曜日 7 14, 2008

MacOS X で VisualVM を利用する

ALT DESCR

VisualVM については既に書きました (このエントリ) が、MacOS X での VisualVM の使い方を Octavian が紹介 していたのを逃していました。

念のためですが、VisualVM クライアントを動かすには最近の JVM が必要です。 なので、アップルからの最新 JVM を利用しなくてはいけません。しかし、アプリケーションは様々な JVM で動かすことができ、 VisualVM に対しリモートでもローカルでも大丈夫です。 VisualVM はデータをスナップショットとして保存し、オフラインで処理することもできます。

詳細は、 Octavian のメモをご覧下さい。

土曜日 5 24, 2008

GlassFish サーバーのメモリ消費量モニタリング

原文: Monitor the Memory Consumption of your GlassFish Server

Poster for Little Shop of Horrors

Meena は GlassFish サーバー のインスタンスである クラスターDAS の両方のログをとる GC の起動の仕方についての記事を投稿しました; GlassFish のメモリ増加のモニタリング をご覧下さい。

VisualVM 全体の働きを理解する必要があります; 多分、私達は 新しい TheAquarium TV シリーズにそれらを招待するべきですね。

火曜日 2 12, 2008

ようこそ WiseMan、Glassfish コミュニティへ

原文: Welcoming WiseMan to the GlassFish community

Personification of wisdom statue

WS-Management Java 実装の WiseMan が今 Metro (GlassFish Web サービススタック) コミュニティの一員になりました。 WiseMan は、管理可能なアプリケーション構築のためのクライアント・サーバー両方の API を提供します。

Jean-François Denise は WS-Man 実装を提供し、Metro の技術に最も適合させるために経てきた経過を報告していますOpenDMK にそっくりな Windows Remote Management が SNMP 世界への窓であるように、JMX 用の Web サービスコンテナ は、WS-Man のクライアントツールとの連結を提供するために、WiseMan の上部に構築されています。

あなたは "GlassFish との関係は?" と尋ねるかもしれません。そうですね、GlassFish の JMX 用の Web サービスコンテナに配備する事によって、全ての存在する (AMX や JSR 77、そしてあなた自身によって定義されているような) MBeans は自動的に WS-Management リソースとして公開されます。明らかに、WiseMan の鍵となる特徴は相互運用性です。

Web サービスの知識のために、Jean-François の記事は専門用語に準拠しており、とても良い読み物 (WS-Addressing、Push mode、セキュリティなど...) です。WiseMan のホームページは wiseman.dev.java.net です。バージョン 1.0 は Java SE 5 かそれ以上と JAX-WS 2.1.1 を必要としています。

金曜日 1 18, 2008

Visual VM は GlassFish をサポートします

原文: visualvm supports GlassFish

VisualVM snapshot

Java 5に移った理由の1つがJConsoleだとすれば、きっとVisualVMも気に入られると思います。 この最新のプロジェクトは NetBeans profiler 技術 (née JFluid)上で構築されています。Java仮想マシンをモニターするためのNetBeans Platformで動く独立型ツールを提供します。 このツールは、モニターリング、プロファイリングと問題解決を行うツール間のバランスがとれています。 MBeansブラウザーのようなプラグイン等は、アップデート・センターからすでに入手可能です。

VisualVM Milestone 1は、現在利用できます。 GlassFish で、プロファイリング Java EE アプリケーションがアプリケーションサーバ実施コードを無視すことで早くなるなど様々なアプリケーションをサポートしています。 Visual VM はJava6を必要とします(Macユーザー、今度はSoyLatteがあなたを助けられそうではありません)。

火曜日 11 27, 2007

GlassFish と AspectJ, JXInsight

原文: GlassFish with AspectJ and JXInsight

JInspired Logo

JXInsight は管理・監視ソリューションです。 William Louth からの投稿 で、 GlassFish, AspectJ, これから出る JXInsight 5.5 Beta 2 をあわせて使う方法が述べられてます。

William の以前の投稿で、 GlassFish の監視 や、彼のブログの中の GlassFish でタグがつけられている エントリもチェックしてみて下さい。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日