木曜日 11 05, 2009

GlassFish v2.1.1 リリース

GlassFish v2.1.1 がリリースされました。 (Sun から入手, コミュニティから入手) GFv2.1.1 は SailFin v2 に対応するとともに、レプリケーションと故障検出に改良が加えられています。 また、200 を超える数のバグフィックスやその他の改良も含まれています。 Shreedhar の記事、 Kevin の投稿Wiki 、そして Oracle OpenWorld での発表 もあわせてご覧ください。

GFv2.1.1 には OpenMQ 4.4 や Grizzly 1.0.30 (変更点)、 Jersey 1.0.3 (変更点)、 Shoal 1.1 (変更点)、 JSF 1.2_13 も含まれています。 これらの変更の大半は GF レポジトリからのものです。 (変更点)

商用サポートは GlassFish Portfolio を通じて提供されます。 また、GFv2.1.1 は以前のリリース(GFv2.1、GFv2U2)に対するパッチでもありますが、 SunSolve においてはまだリリースされていません。 リリースされ次第、 GlassFishForBusiness に投稿する予定です。

水曜日 10 21, 2009

Mojarra 2.0.0! JSF 2.0 を使い始めましょう!

ALT DESCR

Mojarra 2.0、実用品質のJSF 2.0のための参照実装が公開中です! さらにもう一つの段階がv3最終版へと近づいています。 これは勿論、今年中に(早ければ今週に統合が計画され)GlassFish v3の一部となりますが、バイナリ取得においてはMavenとスタンドアロンの選択が可能です。

ブログの中でRyanはJSF 2.0についての上質の情報(主にブログ投稿)をリストアップしています。 今年既にRyanは詳細で有益な投稿シリーズの執筆もしました。 彼はツールサポート(Cayが最新の投稿でNetBeansについて議論したようにすぐ実現します)をカバーし、今回のメジャーリリースに対し数多くの貢献者を評価しています。

JSF 2.0はJava EE 6の一部ですが、これはServlet 3.0コンテナを要求しないことも留意してください。 GlassFish v3.0の場合、web.xmlはオプションであり、Faces Servlet(これもCayの記事を参照)を宣言する必要はもはやありません。

JSF 2.0の実装としてのMojarraは初の公開ですが、これは多くのCoopetition(cooperative competition)の一部でもあります。 そしておそらく、今はjsf2mojarraタグの付いたアクエリアムの投稿を拾い読みする良い時期でしょう。

水曜日 7 22, 2009

Mojarra 2.0ベータ2がJSF 2.0のためのPFDを実装

ALT DESCR

Mojarra 2.0JSF 2.0の参照実装 に新しいベータがあります。 (リリースノートニュースダウンロード)。

Mojarra 2.0はGlassFish v3にバンドルされ、Mojarraの新しいリリースは最新の プロモーションビルド に含まれています。 代替手段はアップデートセンターを利用し、JSFを更新することです。

アップデートセンターへはGlassFishコンソールにバンドルまたはアンバンドルされた 更新ツールを通してアクセスします。 そうすることで、まず推奨されたリポジトリとして http://pkg.glassfish.org/v3/dev を確保し、利用可能な更新をチェックしてください。 得られるリストは長くなるので、(MacではCommand-Uを使って) 全コンポーネントの選択を取り消し、JSFのみを選択することができます。 そして、新しいパッケージをインストールしてください。

Jimの助言 に感謝します。 Mojarraは他のコンテナにも利用可能です。 インストールと設定は手動で行ってください。

月曜日 7 13, 2009

Google AppEngine と NetBeans ... と Mojarra / JSF

ALT DESCR

Kenai に新しいプロジェクトが入りました: NBAppEngine。 名前のとおり、 Google AppEngine のための NetBeans プラグインを提供するプロジェクトです。 まずは、 PetrGeertjan の紹介記事を読んで見て下さい。そしてぜひお手伝い下さい。

関連したトピックとしては、 Mojarra 1.2.13 が Google AppEngine を "サポート" しました。 変更ログを参照。

あとは、 JPA が正しくサポートされたら...

水曜日 5 27, 2009

IceFaces の JSF 2.0 Ajax (Mojarra)

ALT DESCR

JSF 2.0 はJava EE 6 仕様の中でも最も待ち望まれているものの 1 つです。 Ajax 化された JSF コンポーネントで有名な IceFaces は、バージョン 2.0 を JSF 2.0 仕様に組み込まれた AJAX サポート上に構築しています。 共同仕様リードの Roger Kitain は 最近のブログで ICEFaces がどのように JSF 2.0 を使って Ajax リクエストをクライアントから送信し、またどのようにサーバでそれを処理するのかについて解説しています。

もう 1 つの最近の JSF ニュースとして、Brian Lubke が JSF 2.0 のブックマーク機能を解説 (参照実装 Mojarra にて) しています。 以前の JSF 2.0 に関するエントリは jsf2 タグを使ってみることが可能です。

数日のうちに、GlassFish v3 のプレビューバージョンが使えるようになりますが、それが JSF 2.0 をサポートしています。冒険心溢れる方々は GlassFish v3 プロモーションビルドを こちら からご利用下さい。

月曜日 1 12, 2009

最新 JSF 2.0 の実装 - Update Center にあります!

原文:Implementation for Latest JSF 2.0 - Now in the Update Center

ALT DESCR

JSF 2.0 チームは最新の JSF 2.0 PRDJCP vote 参照)の実装と更新版 JSF 1.2.11 を先月リリースしました。

リリースされたものは GFv3 アップデートセンター(それぞれの環境に合わせて Mac などを参照)から入手でき、スタンドアロンの UpdateTool または Admin Console を使ってインストールできます。問題がありましたらお知らせください。

この実装は Jason で記述された Declarative Events を含むすべての PRD フィーチャーを実現しています。ただし、EG はステートマネジメントのような追加フィーチャーについて現在作業中です。その他、bookmarkable URLs などについては検討中で、実現については確定していません。

水曜日 12 17, 2008

GlassFishにおけるMyFacesの使用方法 - Update

GlassFish への移行の多くは一直線に行われており、 JavaEE 規格の価値を証明しています。 (そしてGFコミュニティのユーザへの配慮があることの証明でもあります!) 唯一、大きな変更を必要とする分野は、 MyFacesの実装部分の依存関係です。

GlassFish JSF 実装 (Mojarra) は、 たくさんのコンテナで使用されており、 新 JSF 2.0 規格ではポータビリティを改善するべきなのですが、GFはこのユースケースに関して useMyFaces Property をサポートしています。 Arunは、 Apache Tomahawkを使用する際、このpropertyを使用する方法を説明した記事を書きました。 ここでは、参照しやすいように、configuration tableのみを引用します。

ALT DESCR

• On GlassFish v2 - Set "useMyFaces" in "sun-web.xml"
• On GlassFish v3 Prelude - Not supported
• On GlassFish v3 Trunk - Set "useMyFaces" OR "useBundledJsf" in "sun-web.xml".

Facelets 1.1.xの依存関係がある場合は、"web.xml"内のFacelets 2.0を無効にすることもお忘れなきようお願いします。

木曜日 11 27, 2008

JSF 2.0 - 現在、公開レビューが使用可能

原文: JSF 2.0 - Public Review Now Available

ALT DESCR

JSF 2.0公開レビュードラフトが、ダウンロードして使えます。前に、全てのJava EE 6 のスペックを12月中旬に公開する予定だとRoberto が発表しました今までのところ順調ですが、さらに良くなります。

Roberto は、12月18日にJava EE 6 を公開する予定です(同時に、Rajiv がServlet 3.0 を公開する予定です)。JSFJCPのタグのついた記事も、見てください。

月曜日 8 18, 2008

Facelets, Facelets! JSF 2.0 リポジトリに入りました

ALT DESCR

Facelets が (もう少しで) やってきた! Facelets ビュー定義フレームワークは、 JSF テクノロジを補完すべく設計されており、JSF 2.0 仕様に追加されます。EDR (エキスパートドラフトリリース) には実際、10 章にそのためのプレースホルダがあります (JSR 314 EDR を参照)。 また、Facelets の初期の定義を ここでみることができます。

Ryan は facelets コードを Mojarra (JSF RI, GlassFishの一部です) リポジトリに入れたところです。 コミットメッセージを確認できます (MarkMail アーカイブ, Java.Net メッセージ)。 - Ed、 ネタをありがとう -

Facelets は、既に NetBeans でサポートされていて (Facelets チュートリアルイントロ) 、Eclipse でもそうなるとよいです。(今のところは この記事を読んでおいて下さい) 他、2 点ほど有用なポインタは、 Matthias のポスト と、 DeveloperWorks の記事です。 また、JSFでタグされたエントリもみて下さい。

追記 - Ryan が教えてくれたのですが、計画としては、Facelets と JSF Templating 両方のアイディアを JSF 2.0 に取り入れるとのことです。 公になり次第、詳細を特集します。

月曜日 7 28, 2008

JSF 2.0 プレビューシリーズ - ビュースコープ、コンポーネントオブジェクト、FacesContext 属性マップ

ALT DESCR

Ryan から彼の JSF 2.0 プレビューシリーズでもう一点。 今回のものは、 ビュースコープ暗黙コンポーネント EL オブジェクトFacesContext 属性マップをカバーしています。 参照しやすいように、全て順に列べます:

Part 1 - パッケージ/ プロジェクトステージ
Part 2.1 - リソース
Part 2.2 - リソース API
Part 2.3 - リソースと EL
Part 3 - Publish/Subscribe イベントシステム
Part 4 - リソース再配置
Part 5 - EDR1 ポプリ (今回追加されました)

Ryan のこれらの記事は EDR1 の新機能を網羅します。 インストールするには、 リリースノートにある手順に従って下さい。

このエントリにある画像は、 Terrence Kaufman 指揮の調査による La Mojarra Stela 1 の絵です。 - 大きい画像もご覧下さい。

月曜日 6 30, 2008

JSF 2.0 プレビュー・シリーズ - Publish/Subscribe Events and Resource Relocation

原文: JSF 2.0 Preview Series - Publish/Subscribe Events and Resource Relocation

ALT DESCR

Ryanが彼のJSF 2.0 Preview seriesに2つのエントリを追加してくれました。 参考しやすくするために、日付順に並べてみました:

Part 1 - Packaging / Project Staging
Part 2.1 - Resources
Part 2.2 - Resource APIs
Part 2.3 - Resources and EL
Part 3 - Publish/Subscribe Event System (追加分)
Part 4 - Resource Re-location (追加分)

RyanはMojarra の実装も引っ張っています。GlassFish v3でも使われる予定です。こちらでも紹介されました。

JSFの採用は伸び続けるみたいです。 私は採用に2つのモードが存在すると考え始めました。それらは市場や地理に強く依存します。 例として、Kitoの JSF Jobsを参考にしてみて下さい。

ノート: そして、Ryanのポストのレビューとまとめなどもご覧になって下さい: Edのまとめアクエリアム[1][2]

Mojarra より JSF 2.0 EDR 実装が提供されています

JSF 2.0 image

JSF 2.0 は Java EE 6 のなかで鍵となるコンポーネントの一つです。API としては、JSF 2.0 (aka JSR 314) は Early Access Draft (EDR) フェーズにあります。 Jim Driscoll はMojarra EDR 1 が利用可能になったことを発表していますが、Mojarra (GlassFish サブプロジェクト) はその仕様の実装です。本 EDR リリースはまもなく GlassFish v2 アップデートセンターを通じて取得可能になり、後に GlassFish v3 アップデートセンターでもそうなるでしょう。

念のため、JSF 2.0 は以下の目的を持っています: JSF コンポーネントを書くことを簡単にする、Ajax の統合サポート、設定の削減、portlet 2.0 との提携、facelets の統合、REST サポート、など。Ed はさらに多くの機能の概要について書いています。実装として、Mojarra は仕様が要求する以上の機能で注目すべきものをいくつか持っていて、保存/再読込開発パラダイムのための Groovy 統合のようなものがあります。

Java EE 6 は 2009 年前半にスケジュールされています。 GlassFish v3 の最終バージョンは、Java EE 6 を実装します。
このニュースに関する情報は theserverside.com にもあります。

月曜日 4 21, 2008

Groovy + GlassFish で高速 JSF 開発

Happy Developer

今や Mojarra と Groovy を利用して、JSF で保存+再読込パラダイム (再配備不要) を享受できます。覚えてらっしゃる方もいるかと思いますが、GlassFish に統合された JSF (参照) 実装の新しい名前が Mojarra です。 一方、Groovy はそんなに説明は必要ないですよね?

Ryan Lubke が最近のブログで、最新バージョンのMojarra をどう設定すれば、ほとんどの JSF アーティファクトを Groovy で書いて、よって動的読み込みを完全に利用できるか書いています。Facelets と NetBeans も加え、開発者体験を非常にシームレスにすることができます。Ryan の手順は先日リリースされたGroovy 1.5.5 バージョンの利用をカバーしています。

この話題に関するJasonのブログも読んで見て下さい。

月曜日 4 07, 2008

Apache Trinidad + Mojarra

原文: Apache Trinidad JSF Component Library on GlassFish

Apache MyFaces Logo

Apache MyFaces プロジェクトにはたくさんのサブプロジェクトがあります。 その中の一つか GlassFish JSF RI (Mojarraと呼ばれています)の代わりに Myfaceを実装するものです。 MyFacesはすでにたくさんのコンポーネント・ライブラリを持っています。彼らの互換性テストの結果によると、TrinidadTomahawkの最新バージョンがMojarraで動いているようです。

Ryanが最新のTrinidadを用いて確かめてみました。 RyanのノートLive Demosをご覧になって下さい。

火曜日 2 12, 2008

生産性を上げましょう - GlassFish 向け JSF コンポーネントライブラリ

Poster for The Matrix Reloaded

JSF Matrix には JSF コンポーネントライブラリの表があり、 (コメントによると更新が必要ですが) Ryan はそれについて 短い記事を書いています。 ほとんどのコンポーネントライブラリが GlassFish で機能します (ちょっとずるいです、なぜならほとんどの AppServers は我々の JSF 実装である Mojarra を使っています)。

JSF Matrix で Ryan によって明示的に触れられているライブラリには、 Woodstock, ICEfaces, Apache Trinidad, Apache Tomahawk, JBoss RichFaces, Blueprints が含まれます。 彼は Mojarra ScalesMannor'n Rock もリストに入れています。

あなたの GlassFish アプリケーションでこれらのどのライブラリでもより簡単に動くようにしたいとおもっています; もし問題を見つけたら、お知らせ下さい。ライブラリのオーナーと共に協力して直しましょう。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 7月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  
       
今日