水曜日 12 01, 2010

NetBeans 7.0 Betaリリース!

ALT DESCR

皆さんは最近のJSRのアナウンスNetBeans 7.0 Betaのリリースが含まれていなくて寂しく思ったかもしれませんね。 以前の記事で解説したサーバサイドの強化(Java EE 6, GlassFish, WebLogic, JBoss)の長いリストに追加して、JDK 7とMaven 3のサポートがおそらく今回のリリースの主な新機能になるでしょう。

ひとたびOpenJDKの最新ビルドをインストールし設定すれば、IDE内の目的のプラットフォームとして"JDK 7"が選択可能になります。 これよりNetBeansの組み込みパーサに新しいjavacコンパイラを使わせることができるため、switch文中の String、ダイヤモンド演算子、multi-catch等々のような新しい言語構成のサポートが可能になります。 さらにNetBeansは現存するコードをより簡潔なものにリファクタリングするための多くのヒントを統合しています。 詳細はこちらのページで参照できます。 追記:Arunがこれら全てを解説したスクリーンキャストを公開しました。

こちらのNetBeans開発者Jesse Glickへのインタビューでは今回のリリースにおけるMaven 3の完全サポートについての興味深い詳細が述べられています。 上記のJDK 7の場合と類似し、このIDEは車輪の再発明をするでなく、むしろ「プロジェクトのパースのため公式のMaven 3.0のコードを使用しています」(それゆえ"import"は必要とされません)。 ツールは、クラス定義が見つからないとき、Mavenリポジトリの検索も可能にします。 リポジトリのブラウジングと検索、依存関係の図示の機能は、「保存時にコンパイル」(compile on save)の保持と全ての性能の向上を内包しつつ、全てNetBeans 7.0 betaの一部となります。

もしかすると皆さんは、オラクルのNetBeansのボスへのインタビューが注目の、Java Spotlight Podcastのエピソードがなかったことも寂しく思うかもしれません。

金曜日 7 03, 2009

NetBeans 6.7 リリース

ALT DESCR

NetBeans 6.7 がリリースされ、 ダウンロード可能になっています。 サイトにはいつものように スクリーンキャスト (特に 概要をご覧あれ) と チュートリアルがあります。

私が興味深いと思う新機能は、 Connected Developerビルドツールサポート (Hudson と Maven 含む) です。 他の機能としては、 動的言語サポートが増え、 Java デスクトップ/Swing、 そして、 Web / Java EE などです。; Java EE 6 と Java FX 1.2 のバンドルは今後のリリースです。

関連エントリは、 netbeansタグで。

金曜日 6 19, 2009

NetBeans 6.7 の Hudson サポート... Maven と Subversion も

原文: Hudson Support in NetBeans 6.7... and Maven, and Subversion

ALT DESCR

NetBeans 6.7 のリリース候補 3 が現在利用可能で、その新しい機能のいくつかに焦点を当てた投稿があります。 ご覧下さい:

• Petr の Hudson サポート
• Geertjan の Maven サポート
• Octavian の Subversion サポート

Connected Developer (と Kenai)、更なるスクリプティングのサポート、GlassFish v3 と NB 6.7 の使い方のようなその他の機能に関するハイライトは、NetBeans でタグ付けされた過去のエントリをご覧下さい。

金曜日 3 13, 2009

Java.Net Maven2 リポジトリへの変更

原文: Changes to Java.Net Maven2 Repository

ALT DESCR

Java.Net Maven2 リポジトリに何かを公開している方は、数日前の川口さんの記事をご覧下さい。 ダウンロードのみや推奨されている http://download.java.net/maven/2/ パスを使っていた場合には、変更はありません。

その変更は運用上の理由によるもので、私達がこれまでの設定の制限に逆らっていたためです。 これは継続的な成長によって生じた短所の一つです。 予防措置をありがとう、川口さん。

火曜日 6 17, 2008

Maven と SVN を使った GFv3 のビルド

原文: Building GFv3 with Maven and SVN

ALT DESCR

Julien が、 SVN のソース から Maven を使って GlassFish v3 サーバーをビルドする詳細な方法について、とても素晴らしい記事を書きました。 説明と何枚かのスクリーンショットがあります。

GFv3 ビルドの配布方法(GFv2 とは "異なります")は DEV エイリアスでの議論の共通のソースでした; 幸いな事に Julien の記事 が皆さんの役に立つでしょう。

月曜日 6 16, 2008

Jersey Web アプリサンプル - 今回は組み込み GlassFish v3 にて

GlassFish Inside Logo

Jakub の Jersey Web アプリを作る は次のように終わっています:

mvn tomcat:run

しかし、彼の新しいサンプルでは 次のように終わります:

mvn glassfish:run

Jakub の記事には全手順、ソース、注釈付きのスクリーンショットが含まれています。ぜひチェックしてみて下さい!

金曜日 5 23, 2008

GlassFish を組み込もう - Maven 内で Servlet

ALT DESCR

GlassFish v3 の新機能の一つが、組み込みにできることです。Kohsuke と Vivek は JavaOne 前にデモのために真剣にいじり始め、たくさんの注目を集めました (関連記事 @ アクエリアム)。 今度は Arun が NetBeans と Maven を使ってこれをやるやり方を書いています。

詳細は Arun の記事をご覧下さい; GlassFish v3 TP2NetBeans をダウンロードし、ぜひお試しください。

火曜日 1 22, 2008

JAX-WS Maven Plugin - 新しいEnterprise Tech Tip

原文: JAX-WS Maven Plugin - New Enterprise Tech Tip

Maven Icon

Enterprise Tech TipでRamaさんはJAX-WS Maven Pluginを用いてウェブサービスを開発するのかを説明しています。 ここでは、なぜ  pluginに注目しなければならないかも述べています:

JAX-WSに依存性も、clathpathの準備も、編集とパッケジングのためのツール作業を構成や実施する必要もありません。ステップは、Ant taskによって要求されます。

メトロあたりとの異なるツーリングオプションは、Earlier  Postに記述されています。

RSS配信でTech Tipをもらうこともできます。

火曜日 11 27, 2007

NetBeans を使って Hibernate, Facelets, Maven を GlassFish で

原文: Hibernate, Facelets and Maven on GlassFish, through NetBeans

Hibernate Logo

Wouter がまた MavenGlassFish の使い方を見せてくれます。今回は、 Hibernate と Facelets を Maven, Netbeans, GlassFish で組み合わせるやり方です。

Wouter の以前の投稿も見てみて下さい: Maven は重要です... and Invoking EJBs in GF from Tomcat.

水曜日 11 14, 2007

Maven は重要です...

原文: On the importance of Maven...

Wouter's picture

以前のエントリで紹介された仕事をベースに、 Wouter van Reeven はこの記事 "Building Enterprise Applications for GlassFish using Netbeans 6.0 (Beta 2) and Maven2" のみでなくそのフォローアップ "Deploying to GlassFish using Maven2" まで書いています。

GlassFish v3 ではさらにその重要性が増す Maven については、Paul の Maven 2 についてのプレゼン資料 (pdf|mp3) (Brown Bag series の一部) もチェックしてみて下さい。

火曜日 11 13, 2007

Geronimo 開発を GlassFish で

原文: Using GlassFish to develop Geronimo

Jacek Laskowski photo

GlassFish は完成されたオープンソースのエンタープライズアプリケーションサーバである以上に様々な目的を 満たすことができます。Java EE 5 の参照実装でもあるので、Geronimo と OpenEJB のコミッターで、 NetBeans のベテランユーザでもある Jacek Laskowski が GlassFish の EJB コンテナについての良い記事を書いています。

この記事は NetBeans 6 に Maven サポートを追加し、プロジェクトの依存性を どのように扱い、pom.xml を最新に保つかについて解説しています。 Jacek は Java EE 5 や GlassFish の詳細について、良く書かれた EJB FAQ を参照しています。 Jacek の多くの GlassFish 関連の記事は ここです (ポーランド語です)。

月曜日 10 29, 2007

GlassFish v3 のためのブラウンバッグミーティング

原文: Brown bag meetings for GlassFish v3

Real brown bag

v2 開発プロセスを通じておこなわれた User Experience Meetings と似たような形で、Anissa が全員にオープンな一連の GlassFish v3 ビルド Brown Bag 会議をスケジュールしています。 最近の subversion への移行 (Mercurial へいく途中に) があるので、まだ CVS を使用している人たちには 10/30 のミーティングはおそらくよいタイミングでしょう。 Maven 2 も GlassFish v3 においては鍵となるコンポーネントで、その次回のミーティングでカバーされます。

詳細 (時間、電話会議の番号、スライド) は ここ にあります。時間については、US とヨーロッパ向きなものになっています。会議の 内容の録音はその他の人のために用意されます。

US 以外の読者の方々へ: 「Brown Bag」は、人々が自分たちのランチを茶色い紙袋に 入れてもってくることを言います。私自身アメリカ人ではないので、この説明があんまりはずれていないとよいのですが。。;)

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日