水曜日 10 21, 2009

Mojarra 2.0.0! JSF 2.0 を使い始めましょう!

ALT DESCR

Mojarra 2.0、実用品質のJSF 2.0のための参照実装が公開中です! さらにもう一つの段階がv3最終版へと近づいています。 これは勿論、今年中に(早ければ今週に統合が計画され)GlassFish v3の一部となりますが、バイナリ取得においてはMavenとスタンドアロンの選択が可能です。

ブログの中でRyanはJSF 2.0についての上質の情報(主にブログ投稿)をリストアップしています。 今年既にRyanは詳細で有益な投稿シリーズの執筆もしました。 彼はツールサポート(Cayが最新の投稿でNetBeansについて議論したようにすぐ実現します)をカバーし、今回のメジャーリリースに対し数多くの貢献者を評価しています。

JSF 2.0はJava EE 6の一部ですが、これはServlet 3.0コンテナを要求しないことも留意してください。 GlassFish v3.0の場合、web.xmlはオプションであり、Faces Servlet(これもCayの記事を参照)を宣言する必要はもはやありません。

JSF 2.0の実装としてのMojarraは初の公開ですが、これは多くのCoopetition(cooperative competition)の一部でもあります。 そしておそらく、今はjsf2mojarraタグの付いたアクエリアムの投稿を拾い読みする良い時期でしょう。

金曜日 9 11, 2009

最新 GlassFish v3 での JSR 299 と 330 の状況

Code snippet

先月お伝えしたように、 JavaEE 6 は JSR330 と JSR299 を含みます。 Roger Kitain は既に、GlassFish での JCDI (JSR 299, ex-WebBeans) を利用について、シンプルかつ詳細なブログ記事を書いてくれています。ブログでは JSF 2.0 と JSR 299/JSR 330 コードを紹介していて、@Inject, @Qualifier, @SessionScoped, @ApplicationScoped などが登場します。

もしそのサンプルを試すくらいに興味がある場合には、 NetBeans 6.8 M1 を使うことをお薦めします。 - 最新の GlassFish v3 ビルド (例えば promoted build web 62) を登録、Java EE 6 をプラットフォームレベルとして Web アプリケーションを作成し、いろいろコピペして下さい。それ以上の設定は不要です。

全般的にみて、Cay による前回の投稿から進展しています。この件に関する他の記事は "jsr299" "jsr330" タグがついています。 あと、この件については Roger のブログも要チェックです。

水曜日 8 19, 2009

JSF 2.0 サンプル追加 - ペットストアとカレンダ

ALT DESCR

JSF 2.0 サンプルが増えました:

• Carol は ペットストアJSF 2.0, JavaEE6, GFv3 preview を使うものにコンバートし、
• Jim は YUI のカレンダウィジェットを JSF 2.0 ページに統合する方法、
• ... そしてそのウィジェットを JSF コンポーネントに移す方法をお見せしています

金曜日 8 07, 2009

すばらしい JSF 2.0 概要記事 2 つ

ALT DESCR

エンタープライズ分野で JSF 2.0 は引き続きよい導入状況です。 IBM の DeveloperWorks に David Geary が JSF 2 Fu, Part 3 を投稿しました。 そして、 別サイドからは Oracle の JSR-314 代表、 Andy Schwartz がとてもよい、かつ包括的な What’s New in JSF 2? を書いています。

本トピックに関する他の記事は、 JSF2 でタグがついています。 このテクノロジを試す簡単な方法は、 GlassFish v3 Preview をダウンロードし、 最新 Mojarra にアップグレードすることです。

月曜日 6 22, 2009

JSF 2.0 を学習しましょう - 新しいリンク, RefCards, サンプル, JSF Fu...

JSF 2.0 が 完成 し、 GFv3 Preview を使えば簡単に試せるわけで、 これを学習するのにいい時期になったわけです。 有用なリンクをいくつか:

ALT DESCR

JSR 314 サイト (EG) には、仕様、投票結果などへのリンクがあります。
• (実運用に耐える) RI (参照実装) が Mojarra ページにあるんですが、これよりお薦めなのは...
• サンプル、ドキュメント、アップデートツールも含む GlassFish v3 Preview を使うことです。
• Mojarra サイトには JavaDocJSF データシートもあります。
• Sun の JSF テクノロジーページ にはリンクがいくつもあり、その中には JSF 2.0 チュートリアル もあります。
• Cay による DZone RefCard も要チェック。
• David Geary の JSF Fu 記事: パート 1パート 2
• Jim の JSF 機能に関するシリーズにある 追加の JSF リソース
• Ryan の 新しい仕様に含まれる機能についてのシリーズ

関連するアクエリアムの記事は JSF でタグがついています... また、 仕様 もしくは 実装 に関して何かあればフィードバック下さい。そして Fit and Finish

月曜日 5 18, 2009

JSF 2.0 情報、そして最終投票

JSR 314, JSF 2.0, が、 最終投票の段階です。 そのお祝いに、JSF 2.0 ニュースをおさらいです:

ALT DESCR

• Ed からは彼の先日の オンラインウェビナースライドとフィードバック
   (ゴメンなさい、お知らせする時間が今までありませんでした。)
• Jim からは Ajax リクエストからのリダイレクトAjax イベントとエラー
• David Geary からは JSF 2.0 の詳しいレビュー パート I

その他関連エントリは JSF もしくは JSF2でタグ付けされてます。

金曜日 4 24, 2009

JSF 2.0 プレビューシリーズの最新回 - Custom Managed Bean Scopes

原文: More in JSF 2.0 Preview Series - Custom Managed Bean Scopes

RyanのJSF 2.0プレビューシリーズの最新回では、新しいカスタムスコープviewや、faces-config.xmlmanaged-bean-scope要素、あるいは@CustomScopedアノテーションを通してCustom Managed Beansを実行する方法をお教えします。

全てのシリーズは、以下のリンクからご確認下さい。

ALT DESCR

Part 1 - Packaging / Project Staging
Part 2.1 - Resources
Part 2.2 - Resource APIs
Part 2.3 - Resources and EL
Part 3 - Publish/Subscribe Event System
Part 4 - Resource Re-location
Part 5 - EDR1 Potpourri
Part 6 - Implicit Navigation
Part 7 - Custom Managed Beans (latest addition)

PS. 上の写真は、La Mojarraにあるトゥシュトラの小像です。 MojarraはGlassFish JSF推進プロジェクト名でもあり、ここではその意味で使われています。

金曜日 3 13, 2009

GlassFish ウェビナー: Ajax Push から JSF 2.0 へ: GlassFish 上の ICEfaces

原文: GlassFish Webinar: From Ajax Push to JSF 2.0: ICEfaces on GlassFish

ALT DESCR

明日のウェビナーの発表者は Ted Goddard です。 彼は、Ajax を使ったリッチインターフェースアプリケーション、JSFICEfaces を使った Comet の書き方について語る予定です。 また、これらが JavaEE 6 の新しい JSF 2.0 の仕様にどのように関係しているかについてもお話しするでしょう。

プレゼンテーションは、アメリカ太平洋標準時の午前11時から TheAquarium Channel で行われます。 詳細(とその録画)についてはこちらのページをご覧下さい。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日