水曜日 2 24, 2010

Java EE 6の勢い, Jerseyの広がり、そして少しGlassFish

ALT DESCR

Java EE 6の採択と全体にわたった勢いには活気があります。 数日前、EJB 3.1はいかに魅力的かというInfoQの記事が、Resinにおいて間もなくJava EE 6 Web Profileをサポートする予定であるCauchoの人々によって投稿されました。 一方でMertは、数ある機能の中で(PrimeFacesを用いた)JSFとCDIに着目したデモアプリケーションを特色とする詳細かつ段階的な「Java EE 6入門」を記述しています。

それと同時にJAX-RS/Jerseyサイドでは、Dustinがブログ記事を精力的に投稿しており、最近では正しいエラーハンドリングの重要性を説明した"Jersey/JAX-RS Method Designators"について投稿をしています。 仕様の範囲を超え、Santiagoによる調査に基づいた将来性あるハイパーメディアとHATEOAS(Hypermedia as the Engine of Application State)サポートについてのコミュニティにおける議論もまた数多くあります。 このページは上記について読み始める助けとなります。

GlassFishサイドでは、v3における新機能の一つにWindows OSに対しプラットフォームサービスを生成する能力の拡張があります。 Byronは"Making GlassFish v3 Platform Services Survive Logoff"をブログに投稿しています。 一方GlassFish v2.xサイドでは、Byronはクラスタレベルでのオフライン設定についても議論しています。

水曜日 1 27, 2010

Jersey 1.1.5 リリース - Atmosphere、GAE、トレース、ドキュメント

Jersey 1.1.5

今月既にユーザーメーリングリストにて宣伝(そして議論)がありましたように、Jersey 1.1.5(JAX-RS 1.1実装のためのアップデート)がリリースされました。

今回のリリースはGoogle App Engine上で稼働し、Hudsonの影響を受けたトレース機能を含みます。そして、最近リリースされたAtmosphere 0.5とも連動をする予定です。 サンプルもまた数多く含まれ、いくつかはBill Burke(JBoss RESTeasyリード)の本から引用されています。

Jersey 1.1.5はPaulのブログに書かれた手順に従って始めることができます。 また、単純にGlassFish v3のアップデートセンタがホストするのを(通知を待つか、リポジトリをチェックすることで)待つことも可能です。

水曜日 12 09, 2009

Jerseyの改良 - トレースとGoogle AppEngineサポート

JerseyはJAX-RSのリファレンス実装ですが、同時にGlassFish v3の完全な実運用品質コンポーネントでもあり、利便性を拡張する多くの機能(Jersey@TA)を含んでいます。 Paulは二つの最新機能を報告したばかりです。

トレース機能 - Staplerのコンセプトを取り入れ、Jerseyは今、リクエストが照合され、発送される理由の理解を助けるシステムプロパティを通したメッセージトレースを可能にしています。
• 実装に対する適応のため、コンテナ内の制約に依らず、JerseyはGoogleのAppEngine上での使用が可能です。

JAX-RSは最初に承認されたJavaEE 6 JSRであり、1.0の承認は2008年9月まで遡ります(JCP投票集計結果参照)。 JavaEE 6に含まれるバージョンは最新のメンテナンスリリース(JAX-RS 1.1)であり、Jerseyは今回のバーンインタイム全体から恩恵を受けてきています。楽しみましょう!

木曜日 11 05, 2009

GlassFish v2.1.1 リリース

GlassFish v2.1.1 がリリースされました。 (Sun から入手, コミュニティから入手) GFv2.1.1 は SailFin v2 に対応するとともに、レプリケーションと故障検出に改良が加えられています。 また、200 を超える数のバグフィックスやその他の改良も含まれています。 Shreedhar の記事、 Kevin の投稿Wiki 、そして Oracle OpenWorld での発表 もあわせてご覧ください。

GFv2.1.1 には OpenMQ 4.4 や Grizzly 1.0.30 (変更点)、 Jersey 1.0.3 (変更点)、 Shoal 1.1 (変更点)、 JSF 1.2_13 も含まれています。 これらの変更の大半は GF レポジトリからのものです。 (変更点)

商用サポートは GlassFish Portfolio を通じて提供されます。 また、GFv2.1.1 は以前のリリース(GFv2.1、GFv2U2)に対するパッチでもありますが、 SunSolve においてはまだリリースされていません。 リリースされ次第、 GlassFishForBusiness に投稿する予定です。

水曜日 7 29, 2009

Jersey 1.1.1 EA - アップデートセンタリポジトリに

ALT DESCR

Jersey 1.1.1-ea (発表) が GlassFish.org DEV アップデートセンタリポジトリに準備されました。 つまり、数クリックするだけで、自分の GlassFish をこの 開発 モジュールで更新することが可能です。

最新の Mojarra/JSF 用のと同じ手順を踏んでこのモジュールをみつけ、インストールして下さい。 詳細は 以前の記事に。

アップデートセンタのテクノロジとリポジトリは、 IPS と、GlassFish v3 のモジュラー性 (OSGi 上に構築されてる) をベースとしており、 更新、アップグレード、機能追加がとても簡単になっています。 このテクノロジは複数のリポジトリ (ローカル、イントラネット、リモート) をサポートしており、 GlassFish の更新を配信するのみでなく、Sun, Sun のパートナ、ユーザのパートナ、 ユーザのグループ、ユーザの IT 部門、などから様々な種類の機能を届けるのに利用できます。

これは、現在私たちがこれらのタスクを実施しているやり方とは大きく違うもので、 まだ様々な部分を改善している途中です。 この夏の後半にこのトピックでのオンラインウェビナーを検討しています。 その時により多くの詳細をお伝えするだけでなく、ユーザのフィードバックを得て、 ブレインストーミングなどできればと思っています。

火曜日 7 21, 2009

Jersey 1.1.1 EA (GFv3 に備えて!)

ALT DESCR

Paul は JAX-RS 1.1 (JAX-RS 1.0 仕様と 変更ログ) ドラフトベースの Jersey 1.1.1 EA のリリースを発表しました。 Jersey についてもっと知るには、 Getting Started ドキュメントJersey ユーザーガイド、 Paul と Marc の ウェビナー、 もしくは、 過去のエントリを見てみて下さい。

Jersey は JFA の Atmosphere フレームワークと協業してますし、 Paul が Scala ファンでもあるので、 Lift もサポートしています。 全般的に、GlassFish v3 に向け、とても良い進歩を見せています。 詳細は、 Paul の発表をご覧下さい。

水曜日 5 27, 2009

atmosphere-core Jersey 上に構築

ALT DESCR

Atmosphere プロジェクト (とその Comet Portable Runtime) を発表して以来、Jean-Francois は堅実に歩を進めているわけです。彼の最新の ブログで、 atmosphere-core がどのように Jersey 上に構築されているかを解説しています。

Jean-Francois は JAX-RS と Atmosphere アノテーションを組み合わせた利用方法の詳細を解説し、チャットデモのソースコードを全部提供しています。お急ぎでしたら、こちらのコード片をご覧下さい。

@Suspend // the returned String will be written and then response suspended
@GET
@Produces("text/html")
public String cometGet() { ... }

これら 2 つが GlassFish 傘下のプロジェクトであるにしても、異なるオープンソースプロジェクト間のコラボレーション (Grizzly は長い間 Jersey リソースの配備先として推奨されています) はいつも素晴らしいことです。 Jean-Francois と Paul Sandoz (Jersey リード) は共に JavaOne Atmosphere BOF (火曜 @ 8:30pm) にて 今後の開発について語ります。

木曜日 5 07, 2009

Jersey 1.1.0 EA - JavaOne に向け準備

ALT DESCR

全てのプロジェクトが 1 つずつリリースしていますが JavaOne に向け準備しているのです... Paul は Jersey 1.1.0 EA のリリースを発表しました。

以前、私たちは人々に 参照実装で、かつ実運用品質であることは可能なんだと言わなければなりませんでしたが、 それはもう不要でしょう。 Jersey 機能の積算リストはとても圧巻で、クライアント、サーバ、 Grizzly, WADL, JASON, Spring と Guice の統合、MIME Multipart, Apache HPPT Client, Apache Abdera, ... の API などが含まれます。 本リリースの新しい点は、EJB 統合の改善、GlassFish での HTTPS の改善、Scala 統合の改善、です。

USERS メーリングリスト の伸びているトラフィックは導入が進んでいることを示します。 詳細は Paul の記事 を見て下さい。 ダウンロードは こちらの情報を参考にするか、アップデートセンターからインストールできるようになるまで少しお待ち下さい。

金曜日 4 24, 2009

最近の web-tier の活動: Metro 1.5, Grizzly 1.9.11/2.0, ...

原文: Recent web-tier activity: Metro 1.5, Grizzly 1.9.11/2.0, ...

ALT DESCR

GlassFish web tier チームはリリースと新機能のために精力的に活動しています。 こちらの一覧をご覧下さい。 JAX-WS 仕様と実装のプロジェクトリードである Jitu は、JAX-WS RI 2.1.7 と Metro 1.5 (Metro は JAX-WS 実装を含んでいます) の同時リリースといくつかの新機能、バグフィックスリストの共有を アナウンスしています

このブログ投稿で、Jean-François Arcand は、Grizzly 2.0 Milestone 1 のリリースについてと、そのメインゴールについてアナウンスし、その初期からプロジェクトがどのように発展したのかに足早な歩みの懐かしい思い出まで共有しています。 プロジェクトリードである Oleksiys は、ハンドリングリクエストのための strategy API を含むそのリリース内容の詳細について詳しく述べていますGrizzly 1.9.11 が GlassFish v3 (extension points のセットを提供) に統合されている事をお忘れなく。

Grizzly と言えば、Jakub が、Jersey と共に静的、動的な RESTful コンテンツを提供するための GrizzlyWebServer 1.9.10 の利用に関するエントリを書きました。 最後に、Grizzly/GlassFish の完全な mature Comet implementation に加えて、Jean-François の Atmosphere フレームワーク (現在 Weblogic で動いています!)、HTML 5 WebSockets が次に来るもののリストに載るかもしれません。

月曜日 4 20, 2009

Jersey を Spring で使用

ALT DESCR

Paul はとても詳細な エンタープライズ向き情報 を書いて、 GlassFish で利用されている JAX-RS 実装である Jersey を、エンタープライズ Java アプリケーションを構築し実行するフレームワークである Spring とともに使用する方法を解説しています。 この統合は、現在 Jersey の安定バージョンで利用可能な 統合機能 によって実現しています。

Paul の記事では、Jersey を使った基本的なウェブアプリケーションで、 Spring を活かすようにする方法を詳細に説明しています。 ぜひご覧下さい

金曜日 4 17, 2009

Jersey 1.0.3 がリリースされました。間もなく GlassFish Update Center に

原文: Jersey 1.0.3 released, coming to a GlassFish Update Center near you

ALT DESCR

Paul が、オープンソースで製品品質の JAX-RS 参考実装であるアップデート、Jersey 1.0.3 のリリースをアナウンスしています。 本日ダウンロード可能ですし、GlassFish をお使いの方は少し待って頂ければ GlassFish Update center (v2 と v3 両方) からダウンロードできます。

新しい特徴としては、Guice 2.0 統合、開発者定義 WADL ベースのリソースクラス、Grizzly 1.9.8 上での構築、MIMEPull の統合利用、リソースとしての EJB Session beans、improvements to そのクライアント API の改良、新しいサンプル、ドキュメントの追加、新しいテストフレームワークを含んでいます。 詳細や適切なコミュニティ特性については Paul のブログ をご覧下さい。

もし、Jersey 仕様の機能リスト(vs. JAX-RS 仕様書) をお探しなら、こちらの投稿をご覧下さい。 Jersey チームは今、来る JAX-RS 1.1 の実装と共に Java EE 6 に取り組んでいる所です。

水曜日 4 15, 2009

REST, Twitter, BlackBerries その他 - Mobility Platform 1.1 のおさらい

GlassFish Mobility Platform 1.1 は、正式に Portfolio の一部ではないものの GlassFish Portolio と同時に発表されました ([1], [2])。 その週に私は 2 つのウェビナーを開きました。アーカイブのページで 短いもの長い ウェビナーをチェックすることができます。

GF MP (GlassFish Mobility Platform) 1.1 機能の中核は変わらず SyncML エンジンとアダプタですが、このリリースでは JAX-RS ベースのコネクタ (Jersey による) と、CLDC 向けの JAX-RS クライアントライブラリ、 JerseyMe のサポートを追加しています。 その他のものとしては、BlackBerry サポートと、 JAX-RS コネクタを利用する SalesForce のサンプルプログラムが新規で追加されています。

MP チームはこれら機能のニュースを Mobility Blog でアグリゲートしています。 ざっと見ておさらいします。。。

ALT DESCR

• Rebecca が JAX-RS コネクタの使い方を SalesForce サンプルで解説: [1], [2], [3].
• Santiago による短い 2 つのスクリーンキャストは、JAX-RS コネクタの 開発配備 の方法を解説。
• Hans は BlackBerry クライアントのプロビジョン 方法を説明。
• Ryan によるスクリーンキャストが 2 つ: SalesForce サンプルケース管理システム
• Rajiv Konkimalla は Twitter データの同期方法を示し、
• Joe Wang LWUIT と BlackBerry を利用した クライアントアプリケーションの開発 方法を説明します。

月曜日 4 06, 2009

EJB 3.1 と Jersey - すばらしいパートナーシップ

原文:EJB 3.1 and Jersey - A Great Partnership

ALT DESCR

仕様の作成における大きな挑戦のひとつはスケジュール、リソース、タイムゾーンなどの現実の制約の中で、同時に作成されている他の仕様をどのように最大限に活用するかにあります。 これは透明性とオープンソースが大いに手助けをするもうひとつの状況です。プラス、エキスパートグループのハードワークも。

EJB 3.1JAX-RS 1.1 が代表例です。エキスパートグループは、リソース(root)として、または Jersey でプロバイダクラスとして、プレーンな WAR としてデプロイされた POJO のセッションビーンを使用できるように作業しています。 これはとても自然な Java プログラミング、以下の root クラスのようなものを可能にします。

@Stateless @Path("ssb") public class StatelessSessionRootResource { @Context private UriInfo ui; @GET public String get() { return "GET: " + ui.getRequestUri().toASCIIString(); } }

全詳細は Paul の Glassfish v3, EJB 3.1 and Jersey と Ken のJAX-RS and EJB をご覧ください。

EJB3.1 と JAX-RS は GFv3 in EA by JavaOne でお試しいただける JavaEE6 の新しいふたつのフィーチャーです。GFv3 in EA by JavaOne で会いましょう! そして写真でも? もうひとつの素晴らしいパートナーシップ、これはバトミントンの混合ダブルスです: Kim Dong-moonRa Kyung-min :-)

火曜日 3 17, 2009

Java EE 6 の REST と SOAP にむけて - JAX-RS 1.1 と JAX-WS 2.2

ALT DESCR

Progress on both sets of Web Services specifications for JavaEE 6...

RESTful 側では Marc が 新しい仕様ドラフトについて報告しています。 いつものように、 JSR311 ウェブサイト編集者のドラフト変更履歴 を含む完全な詳細があります。 Marc によると Servlet 3.0, EJB 3.1, JSR 299 との統合については保留している箇所がまだあります。

SOAP 側では Rama が 最新の JAX-WS 2.2 ドラフト新しい実装を発表しています。

月曜日 3 02, 2009

新しい Jersey のリリース - 1.0.2 入手可能です

原文:New Jersey Release - 1.0.2 Now Available

ALT DESCR

昨日の Metro に関する記事(日本語訳:Metro 2.0 に向けて - JAX-WS 2.2)つまり SOAP スタック、を補完するため Jersey がアップデートされました。

Jersey 1.0.2 は2月12日にリリースされました。リリースは JAX-RS 1.0 に基づくもので、多くのバグ修正と、改善された JSON のサポート、リソース個別のフィルタ、Apache Abdera のサポート、アノテーション @ImplicitProduces とフィルタとしてのサーブレット利用といった新しい機能を含みます。 詳細は Paul's writeup をご覧ください。チームは Jersey 1.0.3 のための作業を始めており、Roadmap もご覧ください。

関連するトピックとして Consuming RESTful Web Services With the Jersey Client API の Jakub の記事もご覧ください。 最後に。JAX-RS は GlassFish Mobility Platform でも使われています。今後もご注目ください。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日