金曜日 12 11, 2009

GlassFish v3 リリース

JavaOne 2005 (PR) で GlassFish を発表して以来 4 年半が経ち、本日、私たちの最も重要なリリースを公開しました。GlassFish v3 が ダウンロード可能です!

私たちの最初のリリースは JavaOne 2006 中に最初の Java EE 5 互換アプリケーションサーバである GlassFish v1 (製品ファミリ概要) として、 GlassFish 第 2 世代 (製品ファミリ概要) は 2007 年 9 月 に登場しました。 GlassFish v2 は Java EE 5 ベースであるだけでなく、Sun の 長い (長すぎる?) アプリケーションサーバの歴史を活かし、エンタープライズ製品の利点 (品質、性能、スケーラビリティ) をオープンソースコミュニティの利点 (アジリティ、使いやすさ、サポート、価格) に付け加えています。

GlassFish v1 から v2 への移行が順当な進化だったのに比べると、v2 から v3 への移行は大幅な変更です。完全に新たな JCP 仕様である JavaEE 6 をサポートするのに加え、新規に OSGi ベースのモジュラーアーキテクチャになったことで GlassFish の適用可能性が大幅に広がります。

翻訳者注: 管理コンソールや asadmin コマンドをローカライズして使いたい場合には、アップデートツール (glassfishv3/updatetool/bin/updatetool) を使い、「ほにゃらら Localization」と名前についているモジュールを追加してご利用下さい。

ALT DESCR

主なリンク:

• GlassFish v3 製品ページe
JavaEE 6 ハブ
• JavaEE 6 ダウンロード (複数バンドルあり)
Java EE 6 記事 ( 概要のホワイトペーパもあわせてご覧下さい)

これから数日にわたりいくつかイベントを開きます; 12/15 の バーチャル会議コミュニティパーティ で多くの人に会えることを楽しみにしています。

以下はリリースに関する投稿のリストです。今日は随時更新されます。 Twitter でも @glassfish に最新情報が投稿されます。Twitter をお使いであれば、#glassfish を使うことをお薦めします。 ジオタグ である程度コミュニティの広がりが可視化しようとしています。

発表

報道

テクニカル

その他

木曜日 1 15, 2009

JCP に承認された JSF 2.0 と Servlet 3.0 と JCA 1.6 の公開ドラフト

原文: Public Review Drafts of JSF 2.0, Servlet 3.0 and JCA 1.6 Approved by the JCP

最新情報:JCP の SE/EE の EC は,1月6日の記事で述べた初期の投票で Java EE 6 の全ての仕様について承認しました.

ALT DESCR

JSF 2.0 への投票結果 (Ed Burns & Roger Kitain, JSR 314, @TA )
Servlet 3.0 への投票結果 (Rajiv Mordani, JSR 315, @TA )
JCA 1.6 への投票結果 (Binod PG & Sivakumar Thyagarajan, JSR 322, @TA )

EJB 3.1(結果)と JPA 2.0(結果)は既に承認済みです.Bean Validation と WebBeans は,2月3日に投票が行われる予定です.

木曜日 1 08, 2009

Java EE 6 - JCP アップデート...

原文: Java EE 6 - JCP Update...

休暇中に気が付いたのですが、Bean Validation 仕様が公開レビュードラフトになっていました。この仕様が JavaEE 6 に向けた最後のものとなります。 以下が JCP を通している全てのリストになります(抜けているものがあったら後で直します); これら全ては PRD かそれ以降の状態です; 例外は Java EE 6 自信 (JSR 316) で、その定義からして当然なのですが、他のものよりも遅れます。

ALT DESCR

• WebBeans (Gavin King, JSR 299, @TA )
• Bean Validation (Emmanuel Bernard, JSR 303, @TA )
• JSF 2.0 (Ed Burns & Roger Kitain, JSR 314, @TA )
• Servlet 3.0 (Rajiv Mordani, JSR 315, @TA )
• JPA 2.0 (Linda DeMichiel, JSR 317, @TA )
• EJB 3.1 (Ken Saks, JSR 318 @TA )
• JCA 1.6 (Binod PG & Sivakumar Thyagarajan, JSR 322, @TA )

これらの仕様のうちのいくつかは既に投票が済んでいます: EJB 3.1 (結果) と JPA 2.0 (結果): その他いくつかのものは 1/6 から投票が始まります: JCA 1.6, Servlet 3.0, JSF 2.0, そして、残りは 2/3 に始まります: Bean Validation, WebBeans.

月曜日 9 08, 2008

Java EE 6 への道 - Connectors 1.6

JCP logo

BinodSivakumar は あまり宣伝されていないけれども Java EE 6 標準の中でかなり重要な部分である JSR 322: JavaTM EE Connector Architecture 1.6 の作業をリードしています。 全体のゴールとしては既存の 1.5 バージョンの仕様を強化することです。

詳細は Siva のエントリにあります。 Generic Inflow Context, Security Inflow, Ease of Development (EoD), などが含まれます。 初期ドラフトに対するコメントは 9/8 まで受け付けられます。(もし読むものをお探しでしたら、よろしくお願いします :) )

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日