水曜日 9 08, 2010

Lady Java, Sparky, Duke... そしてButler - JavaZone 2010にて

今週はオスロにてJavaBinによるカンファレンス、JavaZoneが開催されています。 Alexisは2007年、そこでGlassFishについて発表しました(動画)が、今年は技術的プログラムとエンターテイメントの両方でこれまでで最高のものとなりそうです。

まずはエンターテイメント側からですが、次の二つの、まるでプロ制作のような、ビデオをご覧ください。

ビデオ#1はJava 4 Ever予告編です。

ビデオにはWilliams Windows、Scala Johansson、Eddie LarrisonそしてLennyLinuxが出演しています。 このビデオは初期のJavaOneのビデオを思い起こさせます、不純な考えをざんげする場面は特に - どなたかオンライン上のこの動画へのリンクをご存じでないでしょうか?

ビデオ#2はLadyJava Music Videoです。

タイトルキャラクターはJenny Skavlan(ノルウェー語版Wikipediaとその英訳)が演じています。 その他の出演者のほとんどはボランティアのようです。 撮影への招待がありました。 このミュージックビデオは既にYouTubeにて視聴可能です - この動画の再生回数は既に26万を超えています!

こちらはJavaOneのどの動画も想起しません:-)。 ご覧いただければ、ご理解いただけるかと思います・・・

さて技術側に移りますと、我々の仲間や親類に関するセッションが数多くプログラムカタログに以下のように登場しています。

これらのカンファレンスはいつも通り、他のイベントとも同時に開催されています。 Hudson MeetupForgeRockパーティーではAlexisがGlassFishについて話をする予定です。

カンファレンスの報告が終わったら、次はJavaOneの準備です - こちらはもう目の前です。

水曜日 8 25, 2010

NetBeans 6.10がGlassFish 3.1他色々をサポート

NetBeans 6.10の暫定的な計画がNetBeans Wikiページにて参照できます。 その機能は下記のサポートの向上を含んでいます。

• Java EE 6の全機能およびWeb Profile (詳細)
• WebLogic ServerおよびGlassFish 3.1 (詳細)
• PHP (詳細) およびJS, JSON, X/HTML, CSS (詳細)

NB 6.10は一般的な性能、品質の向上、そしてOracle DBに対するサポートの向上もまた計画しています。 全ての機能、スケジュール、および免責事項はこちらからご参照ください。

水曜日 6 30, 2010

Java EEドキュメント移動の第一段階

Sun.ComのウェブリソースのOracle.Comへの統合の一環として、先週我々は多数の"フレーム付き"の文書をdownload.oracle.comの新たな領域へと移動させました。 リダイレクトは全ての処理をユーザに気付かせずに実行すべきであるため、もしこの範囲で不適切なリンクを発見したら(また、このとき告知したSCAファイルへのリンクミスを見つけた場合も)、我々にお知らせいただけたらと思います。

移動した文書のリストは懐かしさを思い起こさせます。 これらはJ2EE 1.2.1, J2EE 1.3, J2EE 1.4, Java EE 5, Java EE 6のAPI、SunOne (J2EE 1.3-based), J2EE 1.4, Java EE 5, Java EE 6のチュートリアル、そしてFirst Cup of Java EEを含みます。 なお、J2EE 1.3 RIのチュートリアルはフレームを使っていないため、(まだ)移動されていません。

水曜日 2 24, 2010

Java EE 6の勢い, Jerseyの広がり、そして少しGlassFish

ALT DESCR

Java EE 6の採択と全体にわたった勢いには活気があります。 数日前、EJB 3.1はいかに魅力的かというInfoQの記事が、Resinにおいて間もなくJava EE 6 Web Profileをサポートする予定であるCauchoの人々によって投稿されました。 一方でMertは、数ある機能の中で(PrimeFacesを用いた)JSFとCDIに着目したデモアプリケーションを特色とする詳細かつ段階的な「Java EE 6入門」を記述しています。

それと同時にJAX-RS/Jerseyサイドでは、Dustinがブログ記事を精力的に投稿しており、最近では正しいエラーハンドリングの重要性を説明した"Jersey/JAX-RS Method Designators"について投稿をしています。 仕様の範囲を超え、Santiagoによる調査に基づいた将来性あるハイパーメディアとHATEOAS(Hypermedia as the Engine of Application State)サポートについてのコミュニティにおける議論もまた数多くあります。 このページは上記について読み始める助けとなります。

GlassFishサイドでは、v3における新機能の一つにWindows OSに対しプラットフォームサービスを生成する能力の拡張があります。 Byronは"Making GlassFish v3 Platform Services Survive Logoff"をブログに投稿しています。 一方GlassFish v2.xサイドでは、Byronはクラスタレベルでのオフライン設定についても議論しています。

月曜日 12 21, 2009

JavaEE 6 / GlassFish v3 バーチャル会議第一報

JavaEE 6 / GlassFish v3 バーチャル会議は、素晴らしいものとなりました。

厳密な参加者数は Harpreet に報告してもらおうと思いますが、 キーノートへの参加者数は、(合計ではなく)最も多いときで 1400 を超えました。

今回が初めての開催なので比較は出来ませんが、 12 月中旬のオンラインプレゼンテーションとしてはとても良い数字だと思います。

参加者や発表者からのフィードバックは、総じてとても良いものでした。また、多くの人が、もっと頻繁に このような会議が行われることを期待しているようです。 こちらこちら にレポートが載っています。

以下が、最も多い質問です。 当日の資料は入手できますか? (はい、できます) いつ入手できますか? (できれば 2 〜 3 週間以内に用意します) どうしたら入手できますか? ( GlassFish のメーリングリストにてお知らせします。また、 GlassFish Resources にも載せる予定です。

水曜日 12 16, 2009

NetBeans 6.8 - 今日、明日を手にしよう

ALT DESCR

先週木曜日、NetBeans 6.8がリリースされました。 今回のリリースはJSF 2.0/Facelets、JPA 2.0、EJB 3.1、JAX-RS、そしてGlassFish v3に対するサポートの向上を含むJava EE 6の完全サポートを提供します。 NetBeans 6.8はPHP ・ JavaFXエディタの改善、Mavenサポートの向上、Kenai.comとの統合の強化もまた含んでいます。 全機能の一覧はこちらで参照できます。

NetBeansチームは同時に多言語版(片貝さんの記事)並びにJava FX Composerのプレビュー版(記事スクリーンキャスト)もリリースしています。

水曜日 12 09, 2009

Java EE 6 JSRがJCPに承認されました

Java EE 6 (Done!) logo

RobertoがTwitterブログに投稿したのは、ニュース発表のすぐ後のことです。 残っていた全てのJava EE 6 JSRが最終投票を通過しました。 Umbrella Spec に対しては結果は賛成12、棄権2、反対1であり、全体の詳細は次に示す通りです: Java EE 6, Servlet 3.0, EJB 3.1, JPA 2.0, CDI, Connectors 1.6。 RobertoとSpec Leadの皆様、およびエキスパートグループメンバーとこの最も重要なマイルストーンに対するコミュニティ参加者の皆様、おめでとうございます!

追記 - 全てのJSRに対する投票集計結果

現在までの報道:
The new EE ecosystem (Gavin King, CDI Spec Lead)。 彼の以前の投稿へのコメントもご覧ください。
JCP Approves Java EE 6 Specification (Artima)
Java EE 6 receives approval (InfoWorld)
Le JCP approuve Java EE 6 (LeMagIT)
Java EE 6 findet eingeschränkte Zustimmung (heise online)
Java EE 6 прошла стандартизацию (CyberSecurity.ru)
Ya ha sido aprobado Java EE 6 (IDG.es)
Java EE 6 Spec Finalized and Approved (JavaLobby)
La spécification Java EE 6 votée à une large majorité (01net)

Robertoが記事に書いた通り、「最終版リリースは12月10日、GlassFish v3が利用可能になるときです。」 JSRが最終版になるのは関連するTCKやRIが届けられるときであり、これが目的の日になります。 面白くなるのはこれからです!

水曜日 11 25, 2009

JavaEE 6への道 - JSRがECに提出される

今週、JavaEE 6のためのJSR最新バッチが最終承認投票のために提出されました。 投票は11月17日に始まり、30日に終了します。対象は次の通りです。

JSR 316 - JavaTM Platform, Enterprise Edition 6 (Java EE 6) Specification
JSR 315 - JavaTM Servlet 3.0 Specification
JSR 317 - JavaTM Persistence 2.0
JSR 318 - Enterprise JavaBeansTM 3.1
JSR 322 - JavaTM EE Connector Architecture 1.6
JSR-299 - Web Beans (通称CDI)

提出済みJSRの内、いくつかは既に承認されています。

JSR 314 - JavaServer Faces 2.0 (News@TA, 投票結果: 賛成12/無投票4)
JSR 330 - Dependency Injection for Java  (News@TA, 投票結果: 賛成14/反対1/無投票1)
JSR 303 - Bean Validation (Emmanuelの記事, 投票結果: 賛成12/無投票4)

一部のJSRは軽微なメンテナンスの段階に移行しています。一例としては、

JSR 311 - JAX-RS: The JavaTM API for RESTful Web Services JAX-RS 1.1 (Paulの投稿, change log)

月曜日 10 19, 2009

GlassFish v3 スケジュール変更

ALT DESCR

Abhijit が、GlassFish v3 FCS のスケジュール変更を アナウンス しました。 予定の期日に間に合わない理由としては、EC 選挙の影響で JCP の機能が 停止していることや、現在 Java.Net で起こっている問題などがあります。 このため、期日を2週間先に延ばすことにしました。

新しいスケジュールは、11月9日に HCF(ハードコードフリーズ)、12月10日までに 最終リリースということになりました。 詳細については、 Schedule Page@Wiki をご覧ください。

水曜日 8 19, 2009

最近のユーザブログ記事 - セキュリティ・レルム・エンコーディング

GlassFishフォーラムはあらゆる疑問について質問できる素晴らしい場所ですが、ユーザがブログで彼らの発見を文書化するのに時間を割いているのも嬉しいことです。いくつか最近の例を挙げます。

ALT DESCR

"JAVA Security Provider Error" MarcよりJBossからGlassFishへとアプリケーションを移植するとき、適切なセキュリティプロバイダを得ることについて。
"JEE Security - GlassfishとNetbeans上での認証構成法" JairよりGlassFish管理に適用されたJava EEセキュリティについて。
"Glassfish uriEncoding UTF-8" BaiyunよりGlassFishでの(domain.xmlまたはsun-web.xmlにおける)GET/POSTパラメータのエンコーディングについて。

もしまだカバーされていないのであれば、現在私はこれがGlassFish Wikiに全て記載されていることを確認する必要があります。 GlassFishドキュメントに加えてハウツーをまとめることは、サーチエンジンの精度に頼ることを避けるには妥当なことのようです。

金曜日 8 07, 2009

JavaEE 6 に JSR330 と JSR299 が入ります

ALT DESCR

Java EE 6 に JSR 330JSR 299 が入ります。 Roberto が その変更について説明しています:

• JSR-299 は JSR-330 アノテーションを使うべく更新されます
• JSR-330 は JSR-299 の要件を考慮すべく発展しました
• 両 JSR 共、 Java EE 6 プラットフォームの一部となります

この変更のためにがんばってくれたみなさん、どうもありがとう。 言うまでもなく、この変更が Java EE 6 サイクルのもっと初期に起こることを 私たちは望んでいたのですが、結果的に、プラットフォームは改善されました。 Java EE 6 (と GlassFish v3) の最終リリースは 11 月辺りになると予想していますが、 来週には、日程をお伝えできると思います。

詳細は Roberto の 発表 をご覧下さい。

すばらしい JSF 2.0 概要記事 2 つ

ALT DESCR

エンタープライズ分野で JSF 2.0 は引き続きよい導入状況です。 IBM の DeveloperWorks に David Geary が JSF 2 Fu, Part 3 を投稿しました。 そして、 別サイドからは Oracle の JSR-314 代表、 Andy Schwartz がとてもよい、かつ包括的な What’s New in JSF 2? を書いています。

本トピックに関する他の記事は、 JSF2 でタグがついています。 このテクノロジを試す簡単な方法は、 GlassFish v3 Preview をダウンロードし、 最新 Mojarra にアップグレードすることです。

水曜日 6 03, 2009

GlassFish v3 Preview - 入手可能です!

原文: GlassFish v3 Preview - Now Available!!

ALT DESCR

GlassFish v3 Preview リリースが入手可能です。 これは Java EE 6 の Early Access リリースです - JavaOne 2009 へようこそ!

ダウンロードページをご覧下さい。 また、 JavaEE 6 StandardsDocs and ResourcesGFv3 Document SetSDK Release NotesGFv3 Release Notes もご覧下さい。

このリリースは、JavaEE 6 Web Profile と JavaEE 6 の完全な仕様に相当する二つのビルド形式で提供されます。 バンドルのサイズはパッケージや機能に依存しますが、40MB から 60MB の範囲です。 "小さな" リリース (例えば web profile) から始め、統合されたアップデートセンターを通し、欠けている部分を簡単に追加できるという事をお忘れ無く。

月曜日 5 11, 2009

Servlet 3.0 PFD 公開 - そして web-fragment.xml について

ALT DESCR

Servlet 3.0 最終ドラフト提案が、公式 JSR 315 ページで公開されました。 これが、GlassFish v3 EA (aka JavaOne リリース) で実装されるバージョンです。

そして、同じ件で、Shing Wai が web-fragment.xml がどう使われるか について説明しています。 この新機能は、ライブラリ jar ファイルのプラガビリティを提供する意図を持ちます。

土曜日 5 09, 2009

Servlet 3.0 の新しいセキュリティアノテーション

原文: New Security Annotations in Servlet 3.0

ALT DESCR

新しい(まだ発行されていない) Servlet 3.0 PFD は、 @DenyAll@PermitAll@RolesAllowed@TransportProtected と共に @DeclareRoles@RunAs のような既存のアノテーションを拡張するセキュリティアノテーションの拡張セットも含んでいます。

詳細については、 Shing Wai の記事をご覧下さい。

実際に Servlet 3.0 PFD ドキュメントがリリースされた時にまたポストするつもりです。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日