水曜日 10 13, 2010

IBMとOracleがOpenJDKにおいてコラボレーション

本日、IBMとOracleがOpenJDKを活用したJavaプラットフォームの革新加速に向け、協力する意志を発表しました。

これは素晴らしいニュースです。 IBMは彼らがライセンシーになった(web.archive.org)1995年12月よりJava Ecosystemにおける柱です。 そして彼らの約束はJSRへの参画および統率、JCP ECへの参画、コミュニティの活動およびプロジェクト、さらにJavaプラットフォーム上で開発された多数の製品、ツールへの出資を含んでいます。 この新しい協定はJavaプラットフォームの発展をまさに加速するものです。

今日の声明は主に以下の項目を含みます。

• IBMとOracleは共同でOpenJDKをオープンソースJava SE開発のための主たるフォーラムにする。

• IBMとOracleはJavaプラットフォームの進化の加速に尽力し、JavaOneにて提案され、昨日MarkHenrikにより入念に練られたJava SE 7とJava SE 8のスケジュールを共同でサポートする。

• IBMとOracleは、Javaの仕様に対する第一の標準化団体であり続ける、JCPの強化を共同で続ける。

興奮の時が今、目の前にあります。 私はこれから数日を通して今回の発表に多くの反応があることを期待しています。 これらの反応は今回の記事へと追記していく予定です。

主要リンク

反応

水曜日 11 25, 2009

Hudsonの成長 - コミュニティとプロダクト

Hudsonの導入は増加を続け、我々はサンの商用提供の中にもその動向を見出し始めています。

KohsukeのHudsonフィードは導入事例を数多く掲載しています。 コミュニティは大変活発であり、最近の投稿はCampfireプラグインCMakeプラグインSVNとHudsonのスペイン語チュートリアル、そしてRational Team Concertと併せたHudsonの利用(IBM公式サイト情報です!)を含んでいます。 二つの素晴らしい投稿には、是非引用したい賛辞が含まれています。

WaziでGrant SmithのCreating a Continuous Integration Server for Java Projects Using Hudsonより: 我々の結論は - 直接の体験と他の人々の意見の組合せに基づくのだが - HudsonはオープンソースCIエンジンの中において最も新しいフロントランナーである。

• Joe HeckのHudson - A lot of things done rightより: Hudsonをチェックして欲しい。簡単なチェックである - 一回のダウンロード、一行のコマンドライン、それで事は順調に運ぶだろう。

商業サイドでは三例を全て今日の投稿から。

• 我々はサンのHudsonサポートのために、新しいお客様へ近づいています。素晴らしい! もし疑問があればすぐに お知らせ下さい

• 我々はサンの主任フィールドエンジニアの一人からメールを受け取りました。 彼はHudsonの幅広い利用を発見し、サポートの向上に強い興味を抱いて、海外の多数のお客様の下へ訪れています。 我々ですらこの企業がHudsonを使っていることは知らなかったのですが - 我々はオープンソースのための新しい成功へと動き出しています!

• そして、Sunの内部サークル - これはCIOのためのサンのニュースレターです - において我々の友人たちは11月/12月のニュースレターでHudsonの記事を含んでくれています。

金曜日 11 13, 2009

新着GlassFishニュース - 2009年11月8日

Radio Receiver Icon

これは週1回のニュース捕捉の第1弾であり、今月1日から11日までをカバーします。 今週の捕捉は部分的なものです。 次週は1週間を通して記事を作り、より包括的なものにするつもりです。

今週はJRubyとOSGiの古めのニュースもカバーします。

GlassFish&ミドルウェアニュース

我々のシステムの未来予測

少々以前の記事より: GlassFish の OSGi (このスレッドから引っ張ってきました):

少々以前の記事より: JRuby on GlassFish (このスレッドからひいてきました)

火曜日 10 21, 2008

WebSphere が JavaEE 5 サポート - 11 製品大行進!

私は実際のイベントの IBM によるプレスリリース を待っていたのですが、恐らく来週にあるのでしょうが、私タイムアウトしてしまいました ...

ALT DESCR

IBM の WebSphere 7.0 は JavaEE 5 互換製品のパレードに参加します。 ASF, IBM, Kingdee, NEC, BEA/Oracle, SAP, Sun, TmaxSoft からの 11 製品になりました。 IBM の 発表レター、 概要の スクリーンキャスト、 概要の 記事、 Websphere コミュニティブログをご覧下さい。

IBM エンジニアの何名かが先週オンラインチャット (紹介, テキスト) を開きました。 お試しバージョン もあるようです。 お試し (trial) は評価ライセンス (つまり、無料の利用権でなない) と思います。なぜなら、 IBM のレター は先の金曜を GA としていましたので、これは最終バイナリであるはずです。

Alexis には共感するのですが、2006/5 発表の GlassFish v1 で私たちが始めたJavaEE 5 への業界の移行がほとんど完成します。 今や、JBoss 5 を待つのみです。それできれいな 3x4 の絵になります。

木曜日 9 25, 2008

IBM と標準化の標準化

原文: IBM and Standards on Standards

ALT DESCR

NY Times は、 "標準化の透明性、公平性、品質 (を増進する)" への IBM の努力 についてレポートしています。 IBM の標準化のページ標準化のための標準化 の文書をご覧下さい。

そのニュースは CNetSlashDotGroklaw でもレポートされ、 いくつかは最近の OOXML の FastTrack 投票 に言及しています (そして、少なくとも一つは WS-I に言及しています) 。 私の IBM への賛辞、私はこれが良い動きだと思っています。

ちなみに、JCP はまた一般的な透明性の改良に挑戦しています。 そして、私達のいくらかは私達にできる所でそれに貢献しています。 Baby Steps; いずれ、私達はそこに行き着く事でしょう...

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日