水曜日 10 07, 2009

Spring DMとOpenESB v3 / Project Fujiは仲良し

Project Fuji icon

SujitはOpenESB v3 / Project FujiにてSpring DMを簡単に利用する方法の好例を示したブログ記事を公開しました。 サービスを可視化する方法と「バス」上のサービスを呼び出す方法です。

「バス」(別名 Normalized Message Router)はFelixやGlassFish v3などのOSGi環境に対する疎結合かつ非同期な規約のメッセージに基づく選択肢を追加します。 単純なAPIの仕組みにより(インターフェイス中心の)メッセージをベースとしたOSGiサービスの実装と呼び出しを可能にします。 Fujiはそして、これらのメッセージをルーティング、変換、拡張する能力を含む高度な構成のホストを含みます。

サンプルアプリケーションバンドルはSpring DMバンドルのインストール方法の解説と同様にFuji wikiにて利用可能です。

水曜日 7 29, 2009

Fuji M7 (OpenESB v3) - EIP サポートなど

ALT DESCR

Mark が Fuji M7 リリースを発表しました。 この新しいリリースは 多くの機能が追加 されていて、 エンタープライズインテグレーションパターン (EIP - ウェブ, Wikipedia) サポートも含まれます。 サポートされているパターンは: メッセージフィルタ, スプリット, コンテンツベースルーティング, アグリゲート, ワイヤタップ です。

スクリーンキャスト ページにはまだ新機能のサンプルがないのですが、Mark によると 現在準備中らしいです。 以前の Fuji タグもご覧下さい。

月曜日 6 22, 2009

Fuji M6 ご利用可能 - POJOs, S3, SSL その他新機能

ALT DESCR

先週 Fuji (OpenESB v3) チームが、最新マイルストン、M6 をリリースしました。 Mark が分かりやすいリリースの Earlier in the week the team for 概要 を書いていて、良い デモ もついています。 ダウンロードページ には、Felix 用のインストールイメージと、GlassFish v3 とのバンドルがあります。 新機能としては、Java POJO, S3, SSL サポートなどがあります。

詳細は、 Mark の記事 もしくは M6 ホームページ そして、 デモとスクリーンキャスト ページをご参照下さい。

木曜日 4 23, 2009

Fuji M5 ご利用可能

ALT DESCR

Fuji は引き続き進展しています。 Fuji M3 は 昨年 11 月にリリース 、M4 については私は書き損ねました (でも Annieの ロギング についての記事をご覧頂けます) 。 M5 は先週リリースされ (ダウンロード)、 Andi が M5 ウィキページ を補足する リリースの概要 を書いてくれています。

Andi と Kirill は先週木曜に Fuji についての素敵なウェビナーをやってくれました。 ウェビナーのページ にスクリーンキャストとプレゼンテーションへのリンクがあります。

関連ニュースとしては、先日の OpenESB v2.1 M2 のリリース は、特に既存の GlassFish インストール上に直接 OpenESB をインストールできることが好評です。 ManfredGiovani の記事をご覧下さい。

追記 Mark の M4 と M5 に関する投稿 もご覧下さい。 M4 の手順は ここにあると書いています。

木曜日 4 16, 2009

Fuji:新世代のOpenESB-今週のGlassFishウェビナー

ALT DESCR

今週のウェビナーは Fujiについてです。このプロジェクトは、 複合アプリケーション開発のための、軽量で、開発者にとって使いやすく、拡張可能なプラットフォームを提供する OpenESB v3のコア部分をお届けします。 FujiはOSGiをダイレクトに利用するため、 GlassFish v3とパーフェクトにマッチします。

4月16日(木)のウェビナーは 午前11時(US Pacific)からで、 TheAquarium Channelにて開催されます。 詳細 (と録音音源)は Show Pageからご覧いただけます。

水曜日 12 03, 2008

12月4日ウェビナー:OpenESB, GlassFishESBとFuji

ALT DESCR

次回のウェビナーの日程が決まりました。 (太平洋時間で)12月4日 AM11:00からで、Open ESB and friendsについてです。スピーカーにはFrank(OpenESBGlassFish ESB)、 Keith、Kirill(Fuji ランタイムとツール)も 参加します。

こちらのコンテンツは先月 おこなわれた 簡単なプレゼンテーション に比べて、GlassFish ESBについてのずっと詳しい情報をカバーしています。Fujiのコンテンツも新しいです。

木曜日 11 27, 2008

Project Fuji のmilestone 3 によるGlassFish ESB の進歩 - 構図の豊富さに感謝

原文: Project Fuji milestone 3 furthers the cause of GlassFish ESB - A Composition Cornucopia for Thanksgiving

ALT DESCR

GlassFish ESBの世界において多くのすばらしい進歩がありましたが、企業の特徴や商業の支援になるGlassFish ESB v2 のリリース候補版に引き続き、私たちにはこのプラットフォームをさらに進化させる大きな計画がある事を発表します。

Project Fujimilestone 3により、私たちはGlassFish ESB.next に対して取り組んできたプラットフォーム強化の一部を試すためのキーを皆様に渡すことができますし、皆様はその部分を改良するアクティブなメンバーになる事ができます。

もしProject Fuji を良く知らないのであれば、進化的な部分と革新的な部分の両方がある事を知ってください。v2 のアダプタとコンテナはFuji で使われていますし、v2 で作られるアプリケーションはFuji で配備、実行します。私たちの革新した部分については、それぞれのレイヤでの生産性に注目してください。柔軟性、機敏性、使いやすさの点で、最高であることを保証します。

Project Fuji のmilestone 3は、(敢えてとても素晴らしいと言わせて頂きますが)サービスを構成するウェブベースのツールオプションを導入しています。

Fuji Milestone 3 のスクリーンキャストを確認してみて下さい。サービスを構築するドメイン特化言語「IFL」を通して、どのようにMilestone 2 で構築されるのと同様のシナリオを、ブラウザ内の単純なドラッグアンドドロップで簡単に構築できるかを示しています。

ウェブのツーリングがドメイン特化言語のトップ上で構築され、それ故にラウンドトリッピングが簡単になっても意味がないのです。例えば、あなたはsubversion からブラウザ内で構築されたプロジェクトをチェックアウトし、自分で選んだIDE で、ちょうどmilestone 2 のように編集できます。

これは、柔軟性、機敏性、使いやすさによるFuji の生産性を理解する一つの方法です。

  • 柔軟性の観点より、選択の幅が増えます
  • 機敏性により、「automatically save and deploy」のオプションを用いれば、アプリケーションの開発、テスト、修正が一人でできるくらい簡単に行える事に気付くでしょう
  • 使いやすさにより、企業の統合パターンの視覚的モデリングに関する単純な方法や、単純な性質の会話に非常に有効です

木曜日 10 30, 2008

...JSONとJersey, JFSとNBそしてGMaps, Comet, GF ESBとFuji M2, Andy, iPhoneとOprah

Radio Receiver Icon

Jakub は新しい 企業向けTipsJersey をつかってどうやって JSON for RESTful Web Servicesをコンフィギュアするか。を紹介しています。 Jersey は RESTfulなウェブサービスのためのJCP標準である JAX-RSの プロダクトクオリティなリファレンス実装です。 JAX-RS は Java EE 6の一部ですが、部分的にも使われています。 JerseyはGFv3 Preludeに含まれます。

On JSF - NetBeansチームがNB6.5のリリースにあわせて、初めてJSアプリケーションの作り方を紹介しました。 そして、ArunはJSF and Google MapsGmaps4JSFの使い方を紹介しました。 FaceletesとMojarraはGlassFish v3 Preludeに含まれます。

Comet と Atmosphere - JFAは最近、Atmosphere - 彼の新しいポータブルなCometフレームワーク - をthe Silicon Valley JUGで紹介しました。 スライドはこちら. です。

GlassFish ESB は第一回のリリース候補へ向けて準備が整ってきています。(そして GA/FCSリリースも)。(マイルストーン2のダウンロード そしてまだMikeによるすばらしいGlassFish ESBのスクリーンキャストをご紹介していなことに気づきました。 ぜひチェックしてみてください。

我々が GF ESB v2を待っている間、我々はプロジェクトFujiを基盤とした、次世代のリリースに取り組んでいました。Fuile マイルストーン2は先週リリースされまして、2つの追加ポストがあります。 Nikki による Interceptors in Fuji Derek による Proxy bundle.

Andy B はSunへ関わる時間を調整して、"彼の起業したばかりの会社の一つ"であるArista Networksにて、10 ギガビットイーサースイッチをターゲットにしたビジネスに集中します。 The NYTimesの原記事こちらでさらに解説されています。

そして今日のおもちゃGoogle Earth on iPhoneOprah endorses Kindleです。 2つについて、私はOprah endorses Kindleがおおきなインパクトを持っているとおもいます。ついに電子書籍の流れが到来したかな?

NB.ニュースをレポートするのに数日休んでいました。明日、あさってには追いつきます。

木曜日 10 23, 2008

Fuji Milestone2がやってきた:動画をみて、是非、お試しあれ!

Project Fuji logo

みなさんの多くがFuji Milestone 1がいかにクールだったかをみたことがあるでしょう。 web based tooling optionや、しんぷるだけどパワフルな defining services and linking them togetherなどがそうですよね。

Milestone 1 では私たちはわざとRSSやXMPPなど同類のテクノロジーを選びました。そしてそれは「どうやってこれをもっとクラシックな環境へ適用するんだ?」と疑問に思う人々を残したままでした。

おそれることはありません。Milestone 2 ではクラシックな環境でも適用できるようなシナリオを選び、いかに早く、簡単にFujiの単純だけど強力な機能を使って解決するかをおみせしています。

ただ、我々の言葉をきくだけでなく、Keithによる、Fuji Milestone 2 Screencastをみてください。 そしてDownload Milestone 2 and take it for a spin を訪れてjarを入手し、我々にフィードバックをください! そこには実際には我々が一つのスクリーンには入りきららず紹介できなかったさらなる機能がありますので、そこをみてください。

機能のハイライト、企業へのインテグレーションパターンやinterceptorsによるOSGi機能のレバレッジングなどはMilestone 2 をみてください。 Andi's entry on Fuji Milestone 2ものぞいてみるといいかもしれません。ここにはさらに深いバックグラウンド情報などが載っています。

我々はまた、Fujiのページを改良しました。https://fuji.dev.java.netをのぞいてみてください。そこにはほかの情報を探すために必要なすべてのリンクや、スクリーンキャストなどがのっています。

明日(太平洋時間 9am, 2008年10月22日)は、Fujiについてのデモとディスカッションをライブミーティング形式(そしてウェブキャスト)で行います。詳しくは OpenESB Innovation Series meetingで。みなさまの参加をお待ちしています。

火曜日 10 21, 2008

プロジェクト Fuji リードメンバのビデオインタビュー

InformIT interview

InformIT が先日 Andi Egloff と Keith Babo の プロジェクト FujiOpenESB についての 2 部からなるインタビューを公開しました。 Ted Neward に指揮される各パートは 10 分以下で、話題は ESB や、現在 OpenESB で実装されている JBI 標準の価値についてからカバーします。

その後、プロジェクト Fuji が、どのように既存の開発パラダイムと統合するかや、OSGi を利用する理由 (そしてそれが JBI とどのように統合するか) についてと話題が進みます。最後にはプロジェクト Fuji で導入された DSL (多くのパワフルな統合パターンを記述するスタンドアロンの javacc ベースの言語) にフォーカスした話になっています。

プロジェクト Fuji はまだ研究プロジェクトですが、そこで行われている仕事のほとんどが OpenESB 3.0 になることを望んでいると私たちが言うのは公平なことだと思います。もしご興味ある場合は、月刊 OpenESB イノベーションシリーズをお見逃しなく。

月曜日 9 29, 2008

... OpenDS 1.1, HTTP Compression, Grizzly 1.8.6, Fuji 入門, Blu-Ray 入門

今日のニュースのまとめです。

Radio Receiver Icon

LudoOpenDS 1.1 の最初のビルドを発表しました。 ダウンロードリンクは、 コアサーバDSML ゲートウェイ、 もしくは Java WebStart です。 詳細は Ludo のブログもしくは OpenDS 1.1 b1 ウェブサイトに。

GlassFish は HTTP Compression をサポートし、 Shing Wai が圧縮、compressionMinSize, compressableMimeType, noCompressionUserAgents をどう設定するのか 詳細に解説しています。 この機能は来月の GlassFish v3 Prelude リリースで有効になります。

Grizzly は v2 と v3 Prelude は Grizzly "クラシック" 設計で、願わくば v3 fcs は Grizzly 2 "再設計" でと二本立てで進んでいます。 ( ウェビナースライド) 最新の "クラシック" リリース、1.8.6 が現在利用可能です。 詳細は JFA の 発表をご覧下さい。

Ramesh が Fuji (aka OpenESB v3) についてのシリーズを開始しました。 私が彼のエントリの整理の仕方を正しく把握できていれば、 マスターエントリ を基点にリンクをたどって下さい。

最後に、 JavaBlu-Ray の交点として、記事: BD-J で JavaME を使うをご覧下さい。 BD-J, Blu-Ray, BD live, PlayStation 3 の成長、 全てが巨大な可能性に見えます。ただ何人かのキープレーヤーが少しリスクをとらないと ...

木曜日 8 14, 2008

OpenESB に Apache Camel

Apache Camel

Srinivasan Chikkala が、 Camel Service Engine (SE) を使った Apache Camel のサポートが OpenESB に追加されたと報告しています。 また、こちらのスクリーンキャストで、使い方を見せています。

Apache Camel は、ルーティング、調停ルール、などに使うことができます。加えて、サービス、OpenESB 間のやりとりの定義に、Java ドメイン特定言語 (DSL), Spring ベースの XML 設定、もしくは Scala DSL (開発中) を使用することが可能になります。

Louis はこの新機能を試し、今年の JavaOne での Project Fuji プレビューで見せたデモシナリオを複製した上で、それに関して詳細な "ハウツー" と自分が受けた印象を書いています。

OpenESB の標準ベースのプラグ機能により、この新しいコンポーネントは、今や 30 を越す OpenESB コミュニティのコンポーネントを活用したり、組み合わせたりすることができます。

月曜日 8 11, 2008

SOA 関連プロジェクト @ java.net

SOA @ java.net

OpenESB 製品 の登場により、java.net では SOA 周辺で興味深い活動がいくつかでてきました。ですので、java.net での SOA 関連プロジェクトをまとめてみます:

OpenESB - コアとなるプロジェクトです。JBI を実装し、JavaCAPS の基盤を担い、GlassFish ランタイムを活用しています。
Project Mural - マスターデータ管理コミュニティ。この ハンズオンラボをぜひお試し下さい。
Project Fuji - GlassFish v3, OSGi, JBI の上に構築された実験的プロジェクト。Andi のプレゼンテーションをお聞き下さい。
JBI コンポーネント - JBI コンポーネント、バインディングコンポーネント、ビジネスエンジンのコレクション。

その他兄弟プロジェクト :

KeyChain -SPML プロビジョニングゲートウェイのレガシーアプリケーション統合のための ESB コンポーネント。
OpenMQ - ハイパフォーマンス JMS 実装で、GlassFish と OpenESB ともに統合されています。
Metro Web Services - web サービスのワンストップショップ。WS-I Basic Profile から高度な (secure, reliable, optimized, ...) SOAP web サービスまで。
NetBeans - ツールなしで SOA なんて。。。

これらがどう連携してくるのか、ちかいうちに、ロードマップとビジョンのドキュメントが公開されるでしょう。

火曜日 7 08, 2008

新しい GlassFish のポッドキャスト - Fuji と OpenESB

原文: New GlassFish Podcasts - Fuji and OpenESB

GlassFish podcast

短い中断の後、GlassFish ポッドキャスト は二つの新しいエピソードを追加しています。 そのエピソードは Jazoon カンファレンス で行われた最新の GlassFish Day でのプレゼンテーションからのものです。 話者は Andreas Egloff (TheAquarium のフェローエディター) で、話題は OpenESBProject Fuji です。

エピソード #13 は既存の OpenESB 技術と JBI のトップを構築し、Sun の JavaCAPS SOA への基盤として提供されるコミュニティをカバーしています。 更に、 Episode #14 は GlassFish v3、OSGi、JBI、DSL とのプロジェクトの将来についてカバーしています。

ポッドキャストは伝統的に 独立したリンク を持ち、ワンクリックで iTunes のリンクを登録します。 ただし、iTunes のオンラインストアで単純に "glassfish" を検索する事もできます。 あなたのソフトウェアの選択によります。

木曜日 7 03, 2008

Project Fuji の screencast - Interceptors

原文: More Project Fuji screencasts - Interceptors

Project Fuji logo

Keith BaboProject Fujiのインターセプター特徴に関した新しい10分のscreencastをリリースしました。 NMR (Normalized Message Router)から警告、会計検査、確認、保安、ルーティングとたくさんの有用なシナリオのメッセージを横取りします。

インターセプター自体は、Java POJOで、このscreencastは、注釈を展開して、アプリケーションを構築して、OSGiのバンドルを作ります。そして、最後に、インストールとフェリクス・ランタイムでインターセプターをスタートしています。 インターセプターはアプリケーションとは無関係にスタートと停止します。 Java @Interceptorに関する詳細はこのwiki pageを参考にしてください。

Project Fujiは前回のJavaOneで発表されました。GlassFish v3、OSGiとJBIに基づいた次世代OpenESBアーキテクチャです。 それもトップダウン開発言語で、前のIFL (Integration Flow Language)screencastで簡単に示されます。 tech leadのAndreas EgloffによるProject FujiのためのGlassFish Podcastも見逃さないでください。 話題の以前のエントリには、"Fuji" tagというタグが付いています。

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日