水曜日 11 24, 2010

JBossとの違い - GlassFish商用サポート

我々は、公開版と限定版を共に、GlassFishの全リリースの告知をGlassFishForBusinessにおいて行っています。 最近、この読者の一人から次のような質問がありました。

GlassFishは、JBossのように、わずかなリリース(特にversion x.y.0のみで修正版でないような)からなるオープンソース(一般提供(General Availability)とも呼ばれる)の枝分かれと重大な問題点を修正したものも含む商用版のみになるのでしょうか?

(類似した所見はこちらにも記述されています。)

我々は以前にもこのような質問に回答してきました([1], [2], [3])が、これらの記事も少々古くなってきています。 そこで私はGFFBを一通りし、コンテンツの更新を行いました。 チェックしてみてください。

不公平を避けるためのJBossとGlassFishの間にあるもう一つの明らかな違いは、JBossはクローズドソースのアドオンを持たないのに対し、Oracle GlassFish Serverはそれを持つことです。 しかし、もしあなたがオラクルのアドオン(とそのサポートと保守)に価値がないと考えるのであれば、これを購入する必要はないでしょう。

水曜日 11 10, 2010

JCP EC選挙結果

MEおよびSE/EEのJCP Executive Committee (EC)の選挙結果が発表されました。 ここで、批准の席とは投票者の単純多数決で決定される席であり、オープンの席とは最多数の票を獲得した候補者に与えられる席であることを示します。

Java ME EC:

3つの批准の席の候補者: Research in Motion; Samsung; TOTVS
  当選: 全候補者
2つのオープンの席の候補者: Stefano Andreani; Aplix Corporation; Paul Grojean; Pavel Lahoda; Rahul Tyagi
  当選: Aplix, Stefano Andreani
  

Java SE/EE EC:

3つの批准の席の候補者: Hologic, Inc; Apache Software Foundation; Red Hat Middleware LLC
  当選: ASF, Red Hat
  落選: Hologic
2つのオープンの席の候補者: Azul Systems; Eclipse Foundation; Google; Fabio Haider; Bob Lee; Liferay, Inc; Sam Pullara
  当選: Eclipse Foundation, Google.

新メンバーは11月16日火曜日に席に着くことになります。 また、Hologicの落選は批准の席に対し再投票が行われることを意味します。

選挙の完全な結果は後日、JCP EC投票ページにて発表されます。 ここで私が楽しみにしているのは投票率の発表です。 伝統的にJCP EC選挙の投票率は大変低くなっています。 今回の選挙ではこの投票率が大きく上がっていることを期待しています。


追記 - Oracleの反応と今後の計画に対するHenrikのJCP EC選挙へのコメントもご参照ください。

追記 - 選挙結果の追加情報が公開されました。 投票者数は過去の結果とほぼ同数ですが、投票率は低下しました。 右表は公式記録に基づくものです。

年度有権者数投票率投票者数
200140622.2%90
200250328.2%142
200363526.0%165
200475529.3%221
200572635.3%256
200687331.5%275
200792933.6%312
200894826.9%255
2009114221.5%245
2010128618.0%232

水曜日 10 06, 2010

JavaOneとOracle Open Worldからのニュースまとめ

JavaOneとOOWから我々のコミュニティに関連した主要なニュースとお知らせ(のいくつか?ほとんど?)をお届けします。

Oracle Open WorldとJavaOneの組合せは膨大な数のお知らせを意味します。 こう言うと奇妙に聞こえますが、比較をすれば、過去のJavaOneのお知らせを追うことは簡単だったのです!

私はセクションの加筆とリンクの追加をしながら、この記事を数日かけて更新する予定です。 もし追記すべきと思えるコンテンツがありましたら、コメントを通してお知らせください。 それらも統合したいと考えています。 いくつかの主要なセクションが大変薄いことをお詫びいたします。

JAVAONE

Java SE
具体化されたロードマップ
It’s time for … Plan B (Mark Reinhold)
Project Coin at JavaOne 2010 (Joe Darcy)
• ロードマップ:プレスリリースjdk7/機能

Java MEと組込み
言語とプラットフォームの改革
• 基調講演

Java EE
強いJavaEE 6の導入; 新しいサイクルの始まり
J1基調講演でのGlassFishへの言及は昨年より多いです!
• GlassFish ロードマップ
• HK2を使ったWeblogic (Jeff Trent's putbacks参照)

Java Client
新しいロードマップ、新しいJavaFX 2.0の計画
JavaFX 2.0 (Richard Bair)
Oracle to Discontinue JavaFX Script; Will Use Java API (DZone)
A Heartfelt Ramble on Swing & JavaFX (Amy)

NetBeans
Java Development IDE
• "Java Development IDE of Choice" (TK's keynote)
• "20% growth in last year" (TK's keynote)
• NB 7.1を通したロードマップ

その他のニュース

• Hudson Everywhere
   ミートアップKohsukeJohn Smartのliveblog

ORACLE OPENWORLD

システムニュース

• Oracle Exalogic Elastic Cloud - ホームページ
   プレスリリースインタビュー w/ AdamM白書
• Oracle Exadata Database Machine X2-8 - ホームページ
   プレスリリース, 白書.
• SPARC T3始動 - ホームページ
   プレスリリース世界記録BestPerf, Vijay,  Joergによる詳細
• ストレージシステム
   プレスリリースアップデートJoergによる詳細
• Sun Ray 3始動 - 新製品
• 次世代Solaris - プレスリリース
• Unbreakable Enterprise Kernel for Oracle Linux - プレスリリース

更なるソフトウェアニュース

Grid Engineアップデート
Oracle Communications Calendar Server(s) - Which One For You?
Oracle Announces Oracle CRM On Demand Release 18

その他のニュース

H.P. Settles Lawsuit Against Hurd
NetApp and Oracle Agree to Dismiss Lawsuits     (二週間前のニュースですが、これが適当なようです)

写真とコメント

AlexisTylerによる写真
• Arunの写真: [1], [2], [3]

水曜日 8 25, 2010

NetBeans 6.10がGlassFish 3.1他色々をサポート

NetBeans 6.10の暫定的な計画がNetBeans Wikiページにて参照できます。 その機能は下記のサポートの向上を含んでいます。

• Java EE 6の全機能およびWeb Profile (詳細)
• WebLogic ServerおよびGlassFish 3.1 (詳細)
• PHP (詳細) およびJS, JSON, X/HTML, CSS (詳細)

NB 6.10は一般的な性能、品質の向上、そしてOracle DBに対するサポートの向上もまた計画しています。 全ての機能、スケジュール、および免責事項はこちらからご参照ください。

水曜日 8 04, 2010

JavaOneにおけるGlassFishコミュニティミーティング

直近2年(2008, 2009)の間に開催されたUnconferenceの精神を持ち、我々はGlassFishコミュニティイベントが開かれるMoscone Westの一室へと行ってきました。 このイベントはJ1前の日曜日、9月19日の午後に開催されます。 我々はどのような方々が参加できるイベントにするか検討中ですが、 JavaOne、Oracle OpenWorld、Oracle Developのどのパスを持っていても確実に参加が可能です。

コンテンツと更なる詳細をお約束する前に、我々は関心の強さを測りたいと考えています。 このため、参加有無と関心についての情報を添えて、我々のコミュニティWikiに是非サインアップをお願いします。

ああ、我々はまだパーティーのシチュエーションを考えている途中です:-)

GlassFishVideosの紹介 - YouTubeのGlassFishチャンネル

我々は現在、GlassFish関連動画の公式YouTubeチャンネルであるGlassFishVideosを開設しています。 このチャンネルは既に、Hudson Provisioning Pluginについての新作を含めた、Alexisによる15のスクリーンキャストを公開していますが、数週間後にはArun、私自身、その他情報源による動画の完全更新を予定しています。

我々はまだコンテンツの決定もこれからという段階なのですが、いつも通り、皆さまのご意見をお待ちしています。

水曜日 7 14, 2010

今もNo Bait and Switch - Oracle GlassFish ServerとGlassFish Server Open Source Edition

Oracle GlassFish Server 3.0.1におけるGlasFish For Businessについての私の最新記事が、オラクルはGlassFishの配布モデルをサンが組み立てたものから大幅に変更した、と何人かに解釈されたようです。 私は状況を明確にしたつもりなのですが、これは2007年のNo Bait-and-Switch(非おとり商法)の記事を更新する良い機会なのでしょう。

Anatomy of a Fish Hook

オラクルはGlassFishに対し、主に二つの配布形態を提供しています。 これはGlassFish Server Open Source EditionOracle GlassFish Serverの二つで、共にIPSパッケージを用いて提供されています。 GlassFish Server Open Source Editionはオープンソースライセンスの下で利用できます。 Oracle GlassFish Serverはこれにオラクルブランドの要素とアドオン - 現時点ではOracle GlassFish Server Controlのみですが - が追加されたものを基礎とし、標準のオラクル評価ライセンスおよび製品ライセンスの下で利用可能です。

Open Source版はコミュニティによってサポートされます。 オラクルはOracle版に対してのみ商用サポートを提供しますが、一方から他方への切り替えは追加のIPSモジュールを加えるいくつかのコマンドを必要とするのみです。

二つの配布形態の間の重要な差はライセンスです。 名前が示すように、GlassFish Server Open Source EditionはCDDLとGPLv2ライセンスの下で利用できます。一方、Oracle GlassFish ServerはOTN評価ライセンスまたは有料の製品ライセンスの下で利用可能になります。 これらのディストリビューションの間の取り決めは、ユーザがサポート購入の用意ができているか、あるいはアドオンの機能を試したい、使いたいときに、一方を使い始め、さらに他方にとても簡単に切り替えられることを意味します。

これらの移行はGlassFish 3の基本的なパッケージ機構としてのIPSの一貫した利用が手助けとなります。 全ての配布形態(ZIPまたはNative、Web Profile用または全プラットフォーム用)は適切なIPSパッケージを含み、以後もそのように管理されます。 IPSは商用パッチの配布にも使用されます。 最もよくある例として、一般ユーザと商用ユーザはオラクルがホストするIPSリポジトリを使用することになりますが、商用ユーザは(このように)SunSolveから完全リポジトリをダウンロードすることや、これをオフラインモードで利用することも可能です。

この記事がお役立ちいただければ幸いです。 ご覧のとおり、技術、名称、バンドルは2007年から変更がありましたが、 基本的なモデルは変わらないままです。

水曜日 6 23, 2010

GlassFish 3.0.1 - オラクル版、コミュニティ版リリース

オラクルは我々がロードマップに描いた計画通り、GlassFish 3.0.1をリリースしました。 GlassFish Server Open Source Edition 3.0.1は昨日リリースされ、 GlassFish.orgから直接入手することも、NetBeans 6.9にバンドルされたものを利用することも可能です。 今日は我々はこのオープンソース版を踏まえたJava EE 6 SDKの新バージョンを公開し、同時にいくつかのクローズドソースアドオンを含む商用のOracle GlassFish Server 3.0.1もまた公開しました。

今回のリリースは新しいオラクルブランドを持ち、新たにJRockitm Oracle Enterprise LinuxやHP-UXのようなプラットフォームをサポートし、さらに100を超えるバグの修正が行われています。 Mavenおよび多言語版もまた利用可能です。 このリリースはダウンロードするかUpdateCenterを利用して3.x以前のバージョンをアップグレードすることで入手できます。

主要なリンク:

ブログとニュース:

水曜日 6 16, 2010

GlassFish 2.1.1 Patch 5 リリース

ALT DESCR

GlassFishに対する次なる開発の大部分はGlassFish 3.1に重点を置いていますが、GlassFishのお客様の大多数は今もv2を利用しています。 これをサポートするため、オラクルはOracle GlassFish Server 2のための新しい商用パッチ(有料)をリリースしました。

GFv2.1.1p5は19の新たな不具合に対処し、2.1.1より修正された不具合の総数は116となりました。 Patch 6は準備中であり、"間もなく"公開される見通しです。

火曜日 4 20, 2010

新しいGlassFish v2パッチ公開

ALT DESCR

我々の努力の多くは新しいGF v3のリリースへと注がれていますが、GlassFish利用者の大多数は今もなおv2を使用しています。 サンとオラクルは最近、GlassFish v2.1.1のための2つの商用パッチを公開しました。

GFv2.1.1p2は新しく16の不具合に対処し、またGFv2.1.1p3は25の新しい不具合に対処しています。 Patch 4は現在準備中であり、数日中に公開される見通しです。

この他にパッチの話題として、JavaSEが鍵関連のセキュリティの脆弱性に対処したJavaSE 6u20を公開しています。

水曜日 4 14, 2010

GlassFishロードマップのリプレイ掲載

GlassFishロードマップにおける我々のプレゼンテーションのリプレイがSlideCast(音声付きスライドショー)を含む様々なフォーマットで掲載されました。

PDFとFAQ
PDFへの直リンク
• SlideCast 英語, フランス語, スペイン語.
• MP3への直リンク 英語, フランス語, スペイン語

私はAlexisがGlassFishPodcastでもこのリプレイをいくつか配信してくれることを信じています。

なお、我々が新たに別の言語のバージョンを作成したときは更新情報を掲載する予定です。

水曜日 3 17, 2010

GlassFish Virtual Conferenceの記録がポッドキャストで公開

ALT DESCR

Alexisが彼のGlassFish Podcastでのブログ活動の一環として、ポッドキャストによるGlassFish Virtual Conferenceの記録の公開を始めました。 初めの3エピソードは次の通りです。

Java EE 6 and GlassFish v3 Virtual Conference Keynote
Java EE 6 Overview by Roberto Chinnici
EJB 3.1 Overview by Ken Saks

一連の記録は全て、iTunes Storeから利用可能です。 個々のMP3もまた利用できます: #45#46#47

お楽しみ下さい!

水曜日 2 03, 2010

新しいオラクルとの連携と変化の概要

ALT DESCR

今回の記事はオラクルのサン買収に関連した主要な発表を収集しています。 これらは1月27日のイベントウェブキャスト、あるいはその後の発表より収集されたものです。

今回の買収は"We're Changing the Way you Buy, Run and Manage Business Systems"をメインテーマとしています。

発表の要点:

Strategy Webcast Seriesのソフトウェアパートより:

  • Jeet とHasanによるJavaの戦略。 JavaFX、JavaSE、Blu-Ray、GlassFish、JavaCard、開発者サイト、JCP、JavaOne Java For Businessをカバーします。
  • Hasan Rizviよりアプリケーションサーバについて。 GlassFish、WebLogic、既存製品への投資の保護、Oracle Application Grid、グリッドアーキテクチャ、jRockit、Coherence、Tuxedo、OpenMQ、GlassFish WebStack、GF SpaceServer - さらにLiferay、Sun WebServer、Portal Server、Oracle WebCenterをカバーします。 WebLogic/GlassFishの現時点での連携レベルについてはスライド12(の6分12秒)をチェックしてください。
  • Richard SarwalとSteve WilsonよりOracle Enterprise ManagerとxVM OpsCenterについて。 発見、プロビジョニング、アップデート、モニター - 仮想化された資源を含めカバーします。 また、アプリケーションからディスクまでの管理についても。
  • Michael BemmerよりOpenOffice について。 オープンソース、名称変更、オラクルの提案、Webベースバージョン、JDeveloperサポート、Extension、ODFサポート、他のオラクル製品との統合をカバーします。
  • Richard Sarwalよりクラウドについて。 上質のプレゼンテーションがIAAS、PAAS、SAAS、プライベート/パブリッククラウド、 サイロからグリッド、プライベートクラウド、プライベート/パブリッククラウドを含むハイブリッドまでの範囲、cloud-in-a-boxをカバーします。 サンのパブリッククラウド提供は廃止されますが、サンの技術が活用され、柔軟、セルフサービス、かつダイナミックなサービスを提供するオラクル製品のQ-Layerチームを包含します。
  • Edward Screvenよりオペレーティングシステムについて。

Strategy Webcast Seriesのシステムパートより:

その他の連携:

追加情報 - オラクルがサイト更新を継続しています。参照してください。

プレス、アナリスト、支持者、その他:

水曜日 1 20, 2010

GlassFish Keystoreで証明書失効

RIP

2010年1月7日、Glassfish TrustStoreにおいて認証局による証明書の一つが失効しました。 これはスタートアップ時、(冗長かつ少々恐ろしげな)エラーメッセージを発生させます。 このメッセージは無視でき、パッチを待つことで対処可能です - 失効した証明書はJava SE 6 update 18では削除済みであり、GlassFish Serverの今後のパッチでも削除の予定です - あるいは...

KeyStoreから失効した証明書を削除することで、今すぐエラーメッセージを消すこともできます。 Kalpanaはこの簡潔な方法を示しており、一方でRonはより詳細な説明をしています。 オリジナルのスレッドはこちら、バグレポートは6852796です。

この記事は@glassfishから展開されました。

月曜日 12 14, 2009

GlassFish v3始動 - バーチャル・カンファレンス

それは厳しい夜でした...(It's been a Hard Day's Night...)、いいや、むしろ『年』でした!GlassFish v3の開発も、いまやお祝いの時なのです。私たちは様々なイベントを考えています。そのうちの1つは、この間発表したバーチャル・カンファレンス(2009,12/15開催) であり、このなかでJava EE 6やGlass Fish v3にも触れていきます。

このイベントは8:00~17:00まで(この時刻は太平洋標準時ですが、何回か繰り返されます)開催されます。 この議題のなかで重要なGlassFishの特徴であるOSGiや動的言語、ツール、グリズリー、モニタリング、管理などや核となるJava EE 6仕様のすべてを網羅します。

登録のリンクは こちらになります。項目入力後メールでの招待が届きます。少し前までなら、あなたが『最初』の登録者になれたかもしれません。(というのも、登録フォームを設置後しばらく管理人が登録完了できていなかったからです。いまではもうしているでしょうが...)

最後に、もしあなたがサンタクララ、バーリントン、バンガロールの近くに住んでいるなら、16日のアフタヌーンパーティも予約して下さい...

About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日