GlassFish 3.1に向けて - スライスパン発明以来、最高の

GlassFish Server Open Source Edition 3.1に数多くの進展があります。 もし全てが計画に沿って事が運べば、年末までに我々は3.0および2.1.1の全ての利点を持つリリースを公開することになります。 3.0からはモジュラー、組込み可能性、JavaEE 6ならびにOSGiのサポートが引き継がれ、2.1からはクラスタリングおよびHAが追加されます。 オープンソースに変わりはなく、オラクルミドルウェアのキーコンポーネントとの相互運用も実現します。

3.1の開発は我々のGlassFish Wikiにてドキュメント化されています。 主要なリンクとして、3.1の計画機能一覧開発予定表機能仕様一覧があります。 Chris Kassoは週1回のエンジニアリングミーティングを開始しました。

主要な機能についてはこれを記述した概要ページがあります。今後数週間にわたり、私はこれらの機能にスポットライトを当てた連載を始める予定です。 これはきっとスライスパン発明以来で最高になるでしょう :)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日