企業環境での GlassFish プロビジョニング

N1 SPS schema

どれだけチームが努力して GlassFish v2 配備の管理を簡単にしても、ユーザ (サービスプロバイダ、もしくは巨大な配備を行っている方々) にとって助けを必要とする場面は常にあります。そんな際、 N1 Service Provisioning System が助けになります。考え方としては、ソフトウェアをプロビジョニング (一度定義し、何度でも配備する) し、複数の地域に分散した何百ものホストの管理を助ける、というものです。 (demo を参照下さい。) バイナリのインストール、製品の設定 (リソースの作成)、そしてアプリケーションの配備、全てが N1 SPS によって行われます。この製品はあなたのアーキテクチャが必要とする他のどの様なもの (データベース、ウェブサーバ、など) でもプロビジョンできます。

Prasanth は、このプロビジョニングソフトウェアから Sun Java System Application Server (GlassFish v2) のサポートに関して 2 つのブログを書いています。 最初のもの は計画、コンポーネント、変数セット、プラグインが何なのか定義し、Sun Application Server 9.1 plugin について詳細に説明しています。. 2 つめのもの はプロビジョニングの中でスクリプト可能な (N1SPS CLI) 分野をカバーしています。

この N1 SPS plugin は SJS Application Server 9.1 だけでなく、SJSAS 8.2 (Java Enterprise System 5 に含まれる) and SJSAS 8.1 (Java Enterprise System 4 に含まれる) もサポートします。プラグイン Version 6.0 は10/04/07 リリースの予定です。

更新: Sreeni は ブログ に同じトピックに関して書いています。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日