最新 GlassFish v3 での JSR 299 と 330 の状況

Code snippet

先月お伝えしたように、 JavaEE 6 は JSR330 と JSR299 を含みます。 Roger Kitain は既に、GlassFish での JCDI (JSR 299, ex-WebBeans) を利用について、シンプルかつ詳細なブログ記事を書いてくれています。ブログでは JSF 2.0 と JSR 299/JSR 330 コードを紹介していて、@Inject, @Qualifier, @SessionScoped, @ApplicationScoped などが登場します。

もしそのサンプルを試すくらいに興味がある場合には、 NetBeans 6.8 M1 を使うことをお薦めします。 - 最新の GlassFish v3 ビルド (例えば promoted build web 62) を登録、Java EE 6 をプラットフォームレベルとして Web アプリケーションを作成し、いろいろコピペして下さい。それ以上の設定は不要です。

全般的にみて、Cay による前回の投稿から進展しています。この件に関する他の記事は "jsr299" "jsr330" タグがついています。 あと、この件については Roger のブログも要チェックです。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 9月 2015
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日