Jerseyの改良 - トレースとGoogle AppEngineサポート

JerseyはJAX-RSのリファレンス実装ですが、同時にGlassFish v3の完全な実運用品質コンポーネントでもあり、利便性を拡張する多くの機能(Jersey@TA)を含んでいます。 Paulは二つの最新機能を報告したばかりです。

トレース機能 - Staplerのコンセプトを取り入れ、Jerseyは今、リクエストが照合され、発送される理由の理解を助けるシステムプロパティを通したメッセージトレースを可能にしています。
• 実装に対する適応のため、コンテナ内の制約に依らず、JerseyはGoogleのAppEngine上での使用が可能です。

JAX-RSは最初に承認されたJavaEE 6 JSRであり、1.0の承認は2008年9月まで遡ります(JCP投票集計結果参照)。 JavaEE 6に含まれるバージョンは最新のメンテナンスリリース(JAX-RS 1.1)であり、Jerseyは今回のバーンインタイム全体から恩恵を受けてきています。楽しみましょう!

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日