IBMとOracleがOpenJDKにおいてコラボレーション

本日、IBMとOracleがOpenJDKを活用したJavaプラットフォームの革新加速に向け、協力する意志を発表しました。

これは素晴らしいニュースです。 IBMは彼らがライセンシーになった(web.archive.org)1995年12月よりJava Ecosystemにおける柱です。 そして彼らの約束はJSRへの参画および統率、JCP ECへの参画、コミュニティの活動およびプロジェクト、さらにJavaプラットフォーム上で開発された多数の製品、ツールへの出資を含んでいます。 この新しい協定はJavaプラットフォームの発展をまさに加速するものです。

今日の声明は主に以下の項目を含みます。

• IBMとOracleは共同でOpenJDKをオープンソースJava SE開発のための主たるフォーラムにする。

• IBMとOracleはJavaプラットフォームの進化の加速に尽力し、JavaOneにて提案され、昨日MarkHenrikにより入念に練られたJava SE 7とJava SE 8のスケジュールを共同でサポートする。

• IBMとOracleは、Javaの仕様に対する第一の標準化団体であり続ける、JCPの強化を共同で続ける。

興奮の時が今、目の前にあります。 私はこれから数日を通して今回の発表に多くの反応があることを期待しています。 これらの反応は今回の記事へと追記していく予定です。

主要リンク

反応

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 7月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  
       
今日