GlassFish 3.1とNetBeans 6.10

NetBeansの次のバージョンは6.10です(リリースロードマップ)。 NB 6.10はGlassFish 3.1をサポートし、二つのスケジュール(NB 6.10, GF 3.1)は連携を取っているのですが、これは我々のチームが特に忙しいことを意味します。 Vinceは彼のブログでの投稿シリーズを通して新機能を文書化していました。

投稿において用いられたビルドはNB 6.10 M1 - 8月末にリリースされました - あるいはnightly buildです。

以下が最新のリストです - Vinceの記事の追加と同じようにリストを更新してみたいと思います。

Initial Support for GlassFish Server 3.1
   シリーズのキックオフです。NetBeans 6.10への統合プランがNetBeans Wikiのページに記述されています。
Restart a remote instance of GlassFish Server
   restart-domainコマンドへのサポートがリモートドメインに対し働いています。
New Enable and Disable actions for deployed apps
   GlassFish Serverのインスタンス上に配備されたアプリケーションへの二つのアクション、EnableとDisableが追加されています。
Restart a remote server in debug mode
   UIは今、単一のコマンドによりデバッグモードでサーバを再起動する新しいサポートを利用しています。
View Server Log for remote instance
   ユーザはリモートのGlassFish Server 3.1インスタンスに対しログを見ることができます。
Supporting glassfish-resources.xml
   新しい名前、そして新しい内容のGlassFish Server 3.1 builds integrated into NetBeans dev buildsです。 タイトルが言う通り - 今、統合されました!
Create domains that use the default ports
   新機能? それとも不具合修正
Web Service Nodes of a GlassFish Server 3.1 instance
   NBに配備されたサービスのWSDLへのURLを取得する迅速な方法
IDE Feature, now available from the command-line
   新しいApplication Scoped Resources(仕様, スクリーンキャスト)のサポート

ご覧の通り、進捗は順調です!

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日